Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)


Jokes:3821-3830


3821.Cover your crotch

A young couple went out on a date in the guy’s new car. A few miles down the road, he turned to her and said, “Darling, if I do 100 mph, will you take your clothes off?” She said it sounded like fun and so he stepped on the gas pedal. When the speedo touched 100, she began to strip off. Distracted by her state of undress, he took his eyes off the road for a second and crashed into a hedge. The girl was miraculously thrown out of the car without a scratch, but all her clothes were trapped in the car along with her boyfriend. “Go and get help,” he screamed. “I can’t! I’m stark naked!” she said. Seeing one of his shoes had also been thrown out, he pointed to it and said, “Cover your crotch with my shoe and go and get help, please.” So she picked up the shoe and covered herself with it and ran half a mile to the nearest gas station. “Help! Help!” she yelled to the elderly attendant. “My boyfriend is stuck!” The attendant glanced down at the shoe covering her crotch and said, “I’m sorry, miss. He has been too far in….”

3821. 陰部を隠して

若い男女の恋人が男の新車に乗ってドライブに出かけた。数マイル走った後に男が女に向かって、「ダーリン、もし僕が100マイル(約160km)のスピードで運転したら、君は洋服を脱いで素っ裸になってくれる?」と聞いた。彼女が「面白そうね」と言ったので、男はアクセルを踏んでぐんぐん加速した。速度計が100マイルを示した時、彼女は抱腹を脱ぎだした。隣のストリップショーに気を奪われた男が一瞬道路から視線を外した瞬間、車は道路脇の障壁に激突した。女は車から放り出されたが、奇跡的に傷ひとつ負わなかった。けれど彼女の洋服は、ボーイフレンド同様すべて車の中に残ったまま閉じこめられてしまった。「急いで助けを呼んできてくれ!」と車の中から、男が叫んだ。「でも、私素っ裸なのよ!」と女が叫び返す。男は彼女と同様に自分の靴も、片足分だけ車の外に飛び出ていることに気付き、それを指差しながら「僕の靴で君の陰部を隠して、助けを呼びに言ってくれ、お願いだ」と叫んだ。彼女は言われた通り素っ裸で陰部だけを靴で隠して、事故現場から一番近い約反マイル先のガソリンスタンドまで、走って助けを求めに行った。「助けて!お願い!」と、ガソリンスタンドで年配の店員に彼女は助けを求めた。「私のボーイフレンドが閉じこめられているの!」と彼女に言われた店員は、片方の靴で隠された彼女の陰部をじっと見つめながら、「お嬢さん、あんたの彼氏は相当深く閉じこめられているみたいなので、助けてやれそうもないなぁ・・・」


3822. Chewing gum

Before going on his first plane journey, a man was told that chewing gum would stop his ear popping during the flight. As the plane landed, the man turned to his friend next to his seat and said, “The chewing gum works fine, but how do I get it out of my ears?”

3822. チューインガム

初めて飛行機で旅行する男が、チューインガムを噛めば飛行中、気圧差で耳が痛くならない、と言われた。初搭乗の飛行機が着地した時、この男は隣の席に座っていた彼の友人に顔を向けると口を開いた。「チューインガムは確かに効くね。でも、どうやったらこの耳に詰めてしまったガムを取り出すことが出来るのかい?」


38233. I wish I were a book

“John, for heaven's sake, why can't you just talk to me once in awhile?" whined Mary. "Huh?" John responded. "Look around you!" she yells as she points around the room. "All these books. Your head is always buried in books. You don't even know I'm alive!" "Oh. I'm sorry." "You know, sometimes I wish I were a book. Then you'd at least look at me." "Hmmm," John mumbled in deep thought, "that's not a bad idea. Then I could take you to the library every few days and change you for something more interesting."

3823. 私は本になりたい

「ジョン、お願いだから、たまには私に話しかけてよ」と、マリーが泣きそうな声で訴える。「エ、何だって?」とジョンが反応する。「あなたの周りを見て!」と大声を出して、マリーはぐるっと部屋を指差した。「この部屋は本だらけ!あなたはいつもその中に頭を埋めっぱなし!あなたは私が生きていようが、死んでいようが気にならないみたいね!」「あ、ゴメン、ゴメン」とジョンが反応する。「いっそ、私は本に成りたいと思う時すらあるの。そうすれば少なくともあなたは、私のことを見てくれるでしょ?」「ウーン、そうだねぇ」とジョンは口ごもりながら考えて、「それは悪くない考えだね。君が本になれば、僕は数日おきに君を抱えて図書館に行って、もっと面白い本と交換することも出来るしね・・・」


3824. Grandmother

I love being a grandmother. It is great to be greeted by someone who is bald, drooling and wearing a diaper is not my date.

3824. 祖母

祖母になることは嬉しいことね。だって髪の毛がなく、涎を垂らし、オシメをしている人から歓迎されて、しかもその人は私のデートの相手ではないのだから。

●孫のことを言っているのです。


3825. A late-night snack

At two o’clock in the morning, two bats were hanging upside down in their cave. The first bat turned to the other and said, “How about getting some nice tasty blood for a late-night snack?” “Where are we going to find blood at this time of night?” asked the other “All right,” said the first, “I’ll go off myself.” Half an hour later, the first bat returned with blood dripping from his mouth and covering his body. “Wow!” said the second. “Where did you get all that blood?” “See that tree over there?” “Yeah?” “Well, I didn’t…”

3825. 夜食

午前2時。二匹のコウモリが洞窟の中で逆さにぶる下がりっていた。一匹のコウモリが「夜食に美味い血を吸いたいなぁ」と言うと、もう一匹のコウモリは「こんな真夜中に、どこで餌の血を見つけることが出来るというんだ?」と答えた。「わかった、僕が自分で見つけてこよう」と最初のコウモリが言った。30分後に最初のコウモリは口から血をポタポタ流して、身体中を血だらけにして戻ってきたので、二番目のコウモリが「お、凄いな!どこで餌の血を見つけた?」と尋ねると、「あそこにある木が見えるか?」と最初のコウモリが聞き返した。「あぁ、見えるけど」と二番目のコウモリが言うと、最初のコウモリは「僕は見えなかったんだ・・・」と答えた。

●最初のコウモリは木に衝突して、自分の血で血だらけになってしまったのです。


3826. I am George

A man was pushing a baby carriage containing a screaming baby along the street. The man kept repeating quietly ? “Keep calm, George,” “Don’t scream, George,” “It’ll be okay, George.” A woman heard this and said to the man pushing a baby carriage. “You are really doing your best to soothe your son George.” The man looked at her and replied stonily, “I am George.”

3826. 私がジョージです

一人の男が、泣きわめく赤ん坊を乗せたベビーカーを歩道に沿って押していた。男は「落ち着くんだぞ、ジョージ。わめくんじゃないぞ、ジョージ。大丈夫だぞ、ジョージ」と、抑えた口調で繰り返していた。これを聞いた一人の女性が、ベビーカーを押している男性に話しかけた。「あなたのお子さんのジョージのなだめ方は、申し分ありませんね」男は彼女を見つめると、憮然として言った。「私がジョージです」


3827.Janitor

A man came home with some hot gossip. “Do you know what they’re talking?” he said to his wife. “They are saying our janitor has slept with every woman in this apartment block except for one.” The wife said, “That must be that mean woman living in number 36. Nobody likes her.”

3827. アパート管理人

夫が最新の噂を持ち帰った。「近所の皆が何と言っているか知ってるか?このアパートの管理人は、アパートの住民女性のすべてと肉体関係を結んでいるんだとさ。一人だけ例外がいるそうだけど」と夫が言うと、妻が答えた。「あ、それは36号室に住んでいるさもしい女のことでしょ?彼女のことを好きな人なんて誰もいないわよ」

●ということは、この妻もアパート管理人とは肉体関係があるのですね。


3828.Birthday present for a mother-in-law

A husband and his wife were out shopping. “Darling,” said the wife, “it’s my mother’s birthday tomorrow. What can we buy her? She’d like something electric.” “How about a chair?” suggested the husband.

3828. 義理の母への誕生日プレゼント

夫婦で買い物に出かけた時、妻が「ねぇ、あなた明日は私の母の誕生日だから、何かプレゼントを買ってあげない?彼女電化製品が好きなんだけど」と言うと、夫は「それなら電気椅子はどう?」と答えた。


3829.Nixon’s Disease

Hillary Clinton visited a doctor in Washington DC for a through examination. To his alarm, he discovered that she had got crabs. He thought to himself, “How can I tell the First lady that she’s got crabs?” He decided to tell the news to her euphemistically. “It appears that you’re suffering from Nixon’s Disease.” “Nixon’s Disease? What’s that? Give it to me straight, Doc,” demanded Hillary. “Well, in simple terms, you have got bugs in your oval office,” the doctor said.

3829. ニクソン病

ヒラリー・クリントンがワシントン特別行政区の医者を訪れ、全身健康診断を行った。驚いたことに彼女はケジラミ(crabs)伝染による性病に罹っていた。「ファーストレディに『あなたは性病感染しています』と言っていいものかどうか?」と医者は自問自答し、婉曲的な言い方で告げるしかないと決心した。「あなたはニクソン病に感染しているようです」と医者がヒラリーに告げると、「ニクソン病?それはどういう病気ですか、先生、もっとわかりやすく説明して下さい」と彼女は端的に質問した。「簡単にいえばですね、あなたの楕円形の部屋(Oval office)には虫(bugs)が居るということですよ」と医者は説明した。

●Bug(盗聴器)を使って「ウオーターゲート事件」を起こしたニクソン元大統領に因み、あなたはbug(虫)が起こする病気に罹っていますよ、と医者はファーストレディに遠回しに説明しているのです。Oval Officeはホワイトハウス大統領執務室のことですが、ヒラリーの場合は「身体の円形の部屋」、すなわち子宮を意味しています。


3830. Video recorder

A keen soccer fan was about to be a father for the first time. His friend asked, “What if your wife is having the baby on the same day as the match?” “No problem. I’ve just bought a video recorder. So I can watch the birth after the game.”

3830. ビデオ録画機

サッカーファンの男が、第一子の父親になろうとしていた。彼の友人が「もし君の奥さんが出産する日が、サッカーの試合がある日だったらどうするんだね?」と尋ねると、男は「問題ないさ」、と答えた。「僕はビデオ録画機を買ったんだ。だからサッカーの試合の後で、出産風景をビデオで見ることが出来るからね」


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)