Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)


Jokes:3871-3880

3871. Fish-eating competition

One day some fisherman caught tons of fish called tench. The fisherman couldn't eat them all so they gave them to the Mayor of the town. The Mayor wasn’t sure what to do with them. Then he had an idea; he would have a fish-eating competition. When they had the competition, there were two finalists: a man from a place called Fife, whose name was Mr. Hicks and a man that was from Sweden, whose name is Sven. So they had the final; the Mayor fired the starting pistol and they started eating the tench.
No sooner had Mr. Hicks bitten the fish than one of his teeth fell out. He couldn’t eat because of this so he stopped, but the Mayor refused to stop the competition. So Sven kept on eating and ended up eating nine of these tench fish. The next day the headlines read: ONE TOOTH FREE FOR FIFE HICKS, SVEN ATE NINE TENCH!

3871. 魚大食い競争

ある日漁師達がtench(テン)と呼ばれる魚を何トンも捕獲した。漁師達だけではとても食べ切れないので、この魚を市長に贈ることにした。市長はこの大量の魚をどう取り扱えばよいのか困ってしまったが、そうだ、この魚の大食い競争をしたら面白いのではというアイデアが閃いた。この魚の大食い競争の決勝ラウンドに残ったのはFife(ファイフ)という町からやって来たHicks(ヒックス)という男と、スエーデンからやって来たSven(スベン)という男だった。この二人で戦われた決勝戦では、市長自らピストルを撃ってスタートされた。ところがヒックス氏が魚にかじりつくと、彼の歯が一つ折れてしまい魚を食べ続けることが出来なくなった。しかし市長は大食い競争を続行させ、対戦相手のスベンは魚を9匹食べたところでギブアップした。このことを報道した翌日の新聞の見出しは次の通り。

ワン、ツース、フリー、フォー、フィフ、ヒックス、スベン、エイト、ナイン、テン (=フィフから来たヒックスの歯がひとつ外れて、スベンがテンを9匹 食べた)

●One, two, three……Ten!と言いたいために、もっともらしい名前の男に魚食い競争をさせた話を作ったのですね。


3872. Order all three

A lawyer cabled his client overseas: “Your mother ?in-law passed away in her sleep. Shall we order burial, embalming or cremation?” The reply came back to the lawyer: “Order all three. Take no chances.”

3872. 三通りの方法

弁護士が海外に住んでいる顧客に電報を打った。「あなたの義理の母親が永眠しました。彼女を土葬にするか、防腐処理をしてそのまま待つか、それとも火葬にするか、ご指示下さい」弁護士宛に返信が届いた。「蘇るチャンスを与えないように、三通りの方法すべて行ってほしい」


3873. I is what I is

An old black man was lying on his deathbed, holding a conversation with the Lord. He finally asked a question he had long wanted to know through his life. “Lord, is you black or is you white?” The Lord replied, “I am what I am.” “Please don’t jive me. I need to know. Is you black or white?” the old black man said. “My son,” the Lord said, “if I were black, I would have said, ‘I is what I is.’”

3873. 私は私

年取った黒人が死の床から、神と話をしていた。黒人は最後に今まで一生の間ずっと疑問に思っていたことを訊ねることにした。「神よ、あなたは黒人なのですか、白人なのですか?」神は答えた。「私は私である(I am what I am.)」「神よ、私をからかわないで下さい。私は本当に知りたいのです。あなたは黒人ですか、白人ですか?(Is you black or white?)」と年取った黒人は必死に訴えた。「わが子よ」と、神は言った。「もし私が黒人だったら先程の答は『わては、わてやさかい(I is what I is)』と言っていたであろうが」

●神は黒人に、もし自分が文法的に間違えた言い方(I is what I is)をしたのなら、それは黒人という証しだ。だが私は正しい言い方(I am what I am)をしたのだから、白人だということがわからんのか、と言っています。


3874. Political jokes

A Russian, a Frenchman and an American argued who was the bravest man. The American said, "For example, we take ten cars of which one has no brakes. We throw dice, each of us gets a car, we drive on a mountain road. Afterwards one of us is in a hospital, and the other nine visit him there." "That's nothing," the Frenchman said. "We choose ten girls and one of them has AIDS. We throw dice and each one of us gets a girl, and we make love to them throughout the night. Afterwards one of us is in a hospital, and the other nine visit him." The Russian said, "We gather in an apartment, even though we know that one of us must be an informer. We tell political jokes throughout the night, and then nine are in jail, and one visits the nine there."

3874. 政治ジョーク

ロシア人、フランス人、アメリカ人がそれぞれの勇敢さ自慢の話をしていた。アメリカ人が「例えば、我々が10人集まると、10台ある車のうち1台だけブレーキを外す。全員でサイコロを振って、その目に従ってそれぞれが乗る車を決める。そして山道を10台揃ってドライブするわけだが、10人のうちの一人は病院に運ばれることになる。その人間を残りの9人が見舞いに行く。これがアメリカ人だ」と自慢した。「そんなこと、大したことはないさ」、とフランス人が言った。「我々が10人集まると、10人の女性を選ぶ。その時一人だけエイズ持ちの女性を入れておく。全員でサイコロを振ってそれぞれのパートナーを決めて、一晩中セックスをする。誰か一人がエイズに感染さすることになり、残りの9人がその男を見舞いに行く。これがフランス人だ」ロシア人が続ける。「我々はアパートに10人で集まるが、その中の一人は政府の密偵であるらしいとわかっている。それでも我々は一晩中政治ジョークをしゃべりまくり、9人の人間が逮捕されて牢獄へ送られる。その9人を密告した1人が訪れる。これがロシア人だ」


 3875. Hillary's scandals

Donald Trump secretly meets Hillary Clinton at an exclusive bar to dissuade her from running the presidential race by intimidation.

Donald: The media is really tearing you apart for your frauds and scandals.
Hillary: You mean my lying about the Libya situation?
D: No, the other one.
H: You mean the massive voter fraud?
D: No, the other one.
H: Using my private server with classified national intelligence?
D: No, the other one.
H: Using the Clinton Foundation as a cover for a tax evasion?
D: No, the other one.
H: Threating all Bill's former mistresses to keep them quiet?
D: No, the other one.
H: Monitoring citizen's cell phones and e-mails by NSA?
D: No, the other one.
H: Give up! Oh, wait. I think I got it. I stole the White House furniture,
silverware and china when Bill left Office.
D:THAT'S IT! You better retreat from the presidential race.

3875. ヒラリーの不正

ドナルド・トランプがヒラリー・クリントンを秘かに人目につかないバーに誘い出し、大統領選挙戦を降りるように、脅しをかけた。
トランプ:マスコミはあんたの不正やスキャンダルを叩いて、ボロボロにするつもりだよ。
ヒラリー:私がリビア情勢について嘘をついたこと?
トランプ:それじゃない。
ヒラリー:選挙の時得票数を誤魔化したこと?
トランプ:それじゃない。
ヒラリー:私用のサーバーを使って国家機密諜報にアクセスしたこと?
トランプ:それじゃない。
ヒラリー:クリントン財団を脱税のための組織として利用したこと?
トランプ:それじゃない。
ヒラリー:夫のビルの愛人達に黙っていろと、脅かしたこと?
トランプ:それじゃない。
ヒラリー:市民の携帯電話やメールを国家諜報局(NAS)に監視させたこと?
トランプ:それじゃない
ヒラリー:降参!・・ちょっと待って、わかった。ビルが大統領を辞めた時、ホワイトハウスの家具や銀食器、陶器などを盗んだこと?
トランプ:それ、それ!それだよ。な、あんたは大統領選から身を引くべきだよ。

●ヒラリーは思いつくだけでも、こんなに悪いことしていたのですね。


3876. Carp-to-carp walleting

Two fishermen were out on the lake when one of them dropped his wallet. As they watched the wallet float down to the depths of the lake, a carp came along and snatched up the wallet. Soon came another carp who stole it away and then a third joined in. Remarked one of the fisherman, "That's the first time I've ever seen carp-to-carp walleting."

3876. 鯉に囲まれた財布

二人の釣り人が湖にボートを浮かべて釣りをしていた時、一人の男が自分の財布を湖に落としてしまった。二人はその財布が湖の底にゆっくり沈んで行くのを見つめていると、一匹の鯉がやって来てその財布をパクっと加えた。するとそこへもう一匹の鯉が近付き、財布をひったくり、さらに三匹目の鯉がその財布にくいついた。ボートの上でこれを見ていた男の一人が声をあげた。「鯉に囲まれた財布を見るなんて、初めてだ! 」

●Carp-to-carp walletingという造語は wall-to-wall carpeting (壁から壁までの絨毯=床一面に敷きつめた絨毯)という慣用語との言葉遊びです。


3877. Bright class

The principal of an elementary school inspected one class and admired the class teacher. “You have an extraordinary bright class. Whenever you asked a question, no matter how difficult, all the students raised their hands.” The teacher whispered. “Well, this is between you and me, Mr. Ferguson. Whenever we have a visitor, all my pupils raise their hands. Those who know the answer raise the right hand and those who don’t know the answer raise the left hands.”

3877. 賢い生徒ばかりの学級

小学校の校長が、ある学級の授業参観をして担任の先生を称賛した。「あなたの学級は飛び抜けて賢い生徒ばかりです。あなたのどんなに難しい質問でも、生徒全員が答えようと手を上げていましたからね」担任の先生がこっそりと打ち明けた。「ファーガソン校長先生、ここだけの話ですが、うちのクラスでは授業参観の時は生徒全員が手を上げることにしているんです。答えがわかっている生徒は右手を、わからない生徒は左手を上げるんです」


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)