Jokes:追加用 3911-

 

@Libraryに10話登録、A跳ね板


3951. Trap door 

Madonna and Hugh Hefner died and went to heaven, but St. Peter was wary about admitting them. He turned to Hefner and said,“You have corrupted people with your pornography and thus you must pass a test if you wish to remain in heaven. You must walk along a 100-foot tunnel without thinking any unclean thoughts. If you should have an unclean thought while in the tunnel, a trap door will open and you will fall down to hell.” Hefner was confident and started walking. Halfway along, St. Peter leaned towards him and whispered, “Tits.” The trap door suddenly opened and Hefner plunged down to hell. Then St. Peter turned to Madonna and said, “You have corrupted people with your provocative clothes and videos. So you must walk along a 100-foot tunnel without thinking any unclean thoughts. If you should have an unclean thought while in the tunnel, a trap door will open and you will fall down to hell.” Madonna agreed to take the test. Halfway along the tunnel, when St. Peter was about to lean towards her, the trap door opened and St. Peter plunged down to hell.”

3951. 跳ね板

(歌手で女優の)マドンナと、(雑誌プレーボーイ出版者の)ヒュー・へフナーが死んで天国へ昇ったが、天国の門の番人であるセントピーターは二人の入国に対して慎重な態度を取った。へフナーに向かってセントピーターは言った。「お前はポルノ雑誌を出版して人々を堕落させた。それゆえ天国に残りたいと願うなら、テストに合格せねばならない。淫らな考えを一切持たずに100フィートのトンネルを歩かねばならない。万一淫らなことを考えると、足下の跳ね板が開いて、一瞬のうちに地獄まで墜落することになるぞ」へフナーは自信たっぷりに歩み出したが、ほぼ中間の地点でセントピーターが彼の方へ身体を寄せて、「乳房」とささやいた。途端に跳ね板が開き、へフナーは地獄へ真っ逆さまに落ちて行った。次にセントピーターはマドンナに向かって言った。「お前はひどく欲情を誘う衣装でビデオに登場し人々を堕落させた。それゆえ天国に残りたいと願うなら、テストに合格せねばならない。淫らな考えを一切持たずに100フィートのトンネルを歩かねばならない。万一淫らなことを考えると、足下の跳ね板が開いて、一瞬のうちに地獄まで墜落することになるぞ」マドンナはテストを受けることに同意し、トンネルの途中まで歩いた時、セントピーターが彼女の方へ身体を寄せようとしたその一瞬、跳ね板が開き、セントピーターは地獄へ真っ逆さまに落ちて行った。

●淫らなことを考えたのはマドンナではなく、セントピーター自身だったのですね。


3952.Get out first

Two prisoners were taken to their cell. “How long are you in for?” asked one. “15 years. What about you?” “22 years. So you’re getting out first, you’d better have the bed by the door.”

3952. 先に出所する

二人の囚人が監獄に収監された。一人の囚人がもう一人に向かって「君は何年の刑をくらったのか?」と尋ねた。「15年さ。君は?」「22年だ。ということは君の方が先に出所するようだから、君のベッドを入り口の横に置いたほうがいいな」


3953. 20 pints of Guinness

One Friday evening, a young stockbroker was unwinding in a bar after a hard week’s work. He was in the mood for a bit of fun and he announced, “If anyone can drink 20 pints of Guinness, I’ll give him $200.” The bartender lined up 20 pints on the bar, but there were no immediate takers. Saying “Wait a minute”, one man said and got off his stool and popped out. He came back a few minutes later and declared that he could drink all the 20. To everyone’s amazement, he did! The stockbroker handed over the money and asked the man where he had nipped out to. “Well,” he said, “first I had to go to the bar next door to make sure if I could do it.”

3953. 20パイントのギネスビール

金曜日の夜、一週間の激務を終えた若い証券マンがバーで緊張を解きほぐしていた。彼は気分良く楽しみたい気分になっていたので、「ここに居る誰かが、20パイントのギネスビールを一気に飲み干すことが出来たら、僕が200ドル払うぞ!」と叫んだ。バーテンが20パイント分のビールをズラっと並べたが、すぐにこの提案に飛びつく人はいなかった。一人の男が「少し待ってくれるかい?」と言いながら、自分の席から立ち上がって、バーの入り口から外へ出た。数分後にバーに戻ってきたこの男は「よし、じゃ20パイントを一気に飲んでみせよう」と言って、驚いたことに本当に飲んでしまった。証券マンはこの男に約束の金を渡しながら「何故すぐに挑戦しないで、一旦表に出て行ったのか?」と尋ねた。「実はね」、と男は言葉を継いだ。「最初隣のバーに行って、本当に一気に飲めるかどうか試してみて、それから戻って来たからさ」

●ということは、この男合計40パイントのビールを飲んだということです。


3954. Gossip 

A gossip is a person who never tells a lie if the truth will do more damage.

3954. ゴシップ好き

ゴシップ好きな人は、真実を言った方が大きなダメージを与える時は、あえて嘘をつかない。


3955. Praise the Lord

A bishop gave a mule to a priest and told him that the animal was trained to obey two commands: “Praise the Lord” to go and “Amen” to stop. The priest climbed on board the mule and said, “Praise the Lord.” The mule set off and it began faster and faster and the priest got worried. He wanted to stop the animal, but he couldn’t remember the key word to stop. He kept saying, “Jesus,” “Hail Mary,” or “Lo and behold”, but it had no effect. Finally he remembered the word “Amen” and the mule stopped immediately. The priest looked down and saw that the mule had come to a halt right on the edge of a huge cliff with a 500-foot drop. Wiping his brow in relief, the priest sighed, “Praise the Lord.”

3955. 神を讃えよ

司教が神父に一匹のラバを与え、このラバは二つの命令しか理解出来ないと教えた。即ち「神を讃えよ」と言うと進み出し、「アーメン」と言うと止まるのである。神父はラバにまたがり「神を讃えよ」と叫ぶと、ラバは歩み始めた。やがてラバの進む速度がどんどん速くなるので神父は心配になり、ラバを止めようとしたがその命令の言葉を思い出せず、「キリスト」、「聖母マリアに栄光あれ」、「目を開いて見よ!」などと叫んでみたが何の効果もなかった。ようやく「アーメン」という言葉を思い出して言ってみると、ラバはピタリと止まった。神父はラバが止まった場所を見つめると、そこは大きな崖の最先端で足下500フィートの谷の上だった。額の汗を拭いながら神父はホっとして思わずつぶやいた。「神を讃えよ」

●この言葉はラバにとって「進め」の合図でしたよね・・・


3956.Only one redeeming feature

Once in his life, a real estate agent decided to be honest with a prospective house-buyer. “This property is bordered on the north by gasworks, on the south by a rubber factory, on the east by a chemical plant and on the west by a glue factory.” “My goodness!” exclaimed the buyer. “It sounds absolutely appalling. Doesn’t it have any redeeming features?” “There is one,” said the agent. “You can always tell which way the wind is blowing.”

3956. 欠点を補う唯一の利点

ある不動産業者が、家の購入希望者に対して一生に一度位は正直な取引をしようと決心した。「この土地の北にはガス工場があります。南はゴム製造工場、東は化学プラント工場、そして西は接着剤の工場になっています」「なんてこった!」と顧客は叫んだ。「ぞっとするような場所じゃないか!何かこの土地には周囲の欠点を補う利点はないのかね?」と聞かれて不動産業者は答えた。「ひとつございます。ここに住めば、いつでも風向きがどちらかということが、すぐわかります」


3957. NYET

Donald Trump was being questioned about collusion with Russia. A reporter asked him point-blank: "Have you or any members of your inner circle ever knowingly communicated with Russian intelligence agents?" Trump's face flushed crimson with rage. It took him nearly a minute to regain enough composure to speak. Then he screamed: "Read my lips ... NYET!"

3957. ニエット(=ロシア語でNOの意味)

ドナルド・トランプはロシアと談合したのではないかという疑いで、質問の矢を浴びていた。一人のレポーターが単刀直入に「あなたか、あなたが親しい内部関係者の誰かが、したり顔でとぼけて、ロシアの諜報機関と連絡を取っていたのではないですか?」と聞いた。トランプは怒りで顔を真っ赤にして、落ち着くまで一分間待ってから、口を開いて大声で叫んだ。「私の喋る言葉を聞け!その質問に対する答はニエット(NO)だ!」

●うっかりロシア語でNOと言ってしまったことで、ロシアと通じていたことがバレてしまいました。


3958. Hazard to traffic

A guy rushes into his office and shouts to his colleagues, “I tell you, women drivers are a hazard to traffic. Driving to work this morning on the motorway, I looked over to my left and there was this woman in a BMW doing at least 65 mph with her face up next to her rear view mirror putting on her mascara. I looked away for a couple seconds and then the next thing I knew was she was careering all over my lane. It scared me so badly that I dropped my electric shaver in my coffee, and it spilled all over my mobile phone.”

3958. 安全運転の妨げ

一人の男が会社に到着するなり、同僚に向かってまくしたてた。「全く女性ドライバーというのは、安全運転の妨げだよ!今朝車で出勤の途中、僕が走っていた車線の左側に、女性ドライバーが時速65マイル以上のスピードでBMWを走らせていた。彼女は車を運転しながらバックミラーに自分の顔を近づけ、目にマスカラを付けようとしているんだ。僕は数秒間この光景を見てから目線を元に戻したが、次に気づいたのは、ゆらゆら僕の車線に割り込んできた彼女の車だった。ぶつかる!と思った瞬間、慌てた僕は運転しながら髭を剃るために使っていた電気カミソリを手から落としてしまった。その電気カミソリが膝の上のコーヒーカップの中に飛び込み、溢れたコーヒーが座席に置いてあった携帯電話にしみ込んで、使い物にならなくなってしまったんだ!」

●運転中の女性ドライバーが化粧したことにさんざん文句を言っていますが、この男性も運転中にコーヒーを飲みながら髭を剃っていたわけですよね。


3959. Greyhound

A woman went to a psychiatrist and said, “Doc, you’ve got help me. My husband thinks he is a greyhound. He eats dog food, sleeps in a kennel and even chases hares.” “Well,” said the psychiatrist, “I can cure him, but it is going to be costly.” “Oh, money isn’t an issue,” said the woman, “He has already won four races.”

3959. グレイハウンド犬

一人の女性が精神分析医のところへやって来て、「先生、相談にのっていただけませんか?私の夫は自分がグレイハウンド犬だと思い込んでいるんです。夫はドッグフードを食べて、犬小屋で寝て、野兎を追いかけたりするんです」と言った。「それは、それは」と精神分析医は相槌を打って、「ご主人を直すことは出来ると思いますが、費用はかかりますよ」と言った。その女性は「お金は問題ありません。夫は既にドッグレースで何回か優勝していますから」


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)