Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)


Jokes:3981-3990

3981.Party Members’ Loyalty

Stalin decided to test Party members' loyalty. He summoned a Russian, a Ukrainian and a Jew and ordered them to jump from a tenth floor window. The Russian went to the window, looked down and begged: “Comrade Stalin, have mercy, I have a family, children.” Stalin flew into a rage: “Arrest him!” he ordered. The Ukrainian walked up to the window, looked down and fell on his knees: “Have mercy, Comrade Stalin, I'm the only breadwinner in the family.” “Arrest him!” ordered Stalin. The Jew took off his jacket, took off his trousers, took off his watch and handed them all to Stalin. Then he said, “Please, give these to my wife,” and jumped out of the window. But Stalin had only been joking and there were nets below so the Jew was not smashed to smithereens. In fact, he was brought back to Stalin. “Good fellow, Comrade Rabinovich,” said Stalin. “You have proved yourself a devoted Party member and for that you will receive a medal and I shall see that you get a better job. But, let me ask you, what gave you the courage?” Rabinovich replied; “I'll tell you frankly, Comrade Stalin. Even death is better than this kind of life in Russia.”

3981. 党員の忠誠度

スターリンが党員の忠誠度を試そうと思い、ロシア人、ウクライナ人、ユダヤ人の党員を呼んで、ビルの10階から飛び降りろと命じた。ロシア人は窓に近づき下を見て、懇願した。「同志スターリン、お許し下さい。私には家族があり子供もいます」スターリンは怒りを覚え、「こいつを逮捕しろ!」と怒鳴った。ウクライナ人は窓に歩み寄って視線を階下に降ろすなり、その場にヘナヘナと腰砕けになり、「同志スターリン、お情けを!唯一の稼ぎ手である私が死んだら、家族は路頭に迷ってしまいます」と訴えた。「こいつを逮捕しろ!」とスターリンは命じた。三人目のユダヤ人は上着とズボンを脱ぎ腕時計も外し、それをスターリンに渡し、「この遺品を妻に届けて下さい」と言って、窓の外へ身を投げた。けれどこのスターリンの「ここから飛び降りろ!」という命令は本気ではなく、地上までの間にネットが張ってあり、飛び降りたユダヤ人は地面に叩きつけられて潰れてしまうという事態には至らなかった。助け出されたユダヤ人はスターリンの前に連れていかれ、「同志ラビノビッチ、君は模範的党員だ!君は命を投げ出しても共産党のために尽くすということを、私の目の前で証明してくれた」とスターリンは絶賛した。「君には勲章を授け、地位も昇進させることを約束しよう。だがひとつ教えてくれたまえ、同志ラビノビッチ。何がそれほど君を勇気ある人物にしたのかね?」と聞かれて、ラビノビッチは答えた。「同志スターリン、本当のことを言うと、ロシアで暮らすより死んでしまった方が幸せだと思ったからですよ」


3982. Kleptmaniac

“Doctor, doctor, I keep stealing things. Can you give me something for it?” “It is called kleptomaniac. Try these pills. And if they don't work, bring me back a DVD player."

3982. 盗癖

「先生、僕は物を盗むことを止められないんです。何とか治療してくれませんか?」「それは盗癖と呼ばれている症状です。この薬を飲んでみて、効かないようだったら私にDVDプレーヤーを盗んで持ってきて下さい」


3983. I was referring to your lawyer

"Your honor," a defense attorney began, "I have a series of witnesses that can testify that Mr. Johnson was nowhere near the scene of the crime when it occurred." The judge looked at the defense table and said, "This is the third time you've been in this court room this week, and I'm getting sick of hearing your lies." Mr. Johnson, the defendant, stood up with a confused expression and said, "Your honor, you must be mistaken. I've never been here in my life." Waving his finger, the judge replied, "I was referring to your lawyer.""

3983. あなたの弁護士のことを言ったんですよ

「裁判長閣下」、と被告弁護人が弁論を始めた。「ジョンソン氏が犯行が起こった時、その現場の近くのどこにもいなかったということを証言する人達を、沢山集めています」と言うと、裁判長は被告人席を見て「今週になってこの法廷に立ったのは三回目じゃないか。君の嘘には辟易としているよ」と告げた。被告のジョンソンはびっくりした表情で立ち上がると、「裁判長閣下、何かの間違いではありませんか?私は今まで一度もこの法廷に来たことはありませんよ」と言った。違う、違うという表情で指を振りながら、裁判長は言葉を続けた。「私はあなたの弁護士のことを言ったんですよ」


3984.Toast

What do the guests do at a cannibal wedding? They toast the bride and groom.

3984. トースト

人食い人種同志の結婚式で、参列者は何をするか?新郎新婦をトーストする。

●Toastは通常(1)健康を祝して乾杯する、ですが、(2)パンを焼く(トースト)という意味もあるので。


3985.Necklace 

A white female tourist was admiring an American Indian's necklace. "What is it made of?" she asked. "Alligator's teeth," the Indian replied. "I suppose," she said patronizingly, "that they mean as much to you as pearls do to us." "Oh, no," he instantly objected. "Anybody can open an oyster."

3985. ネックレス

白人女性が、アメリカ・インディアンが首に付けているネックレスを称賛して「そのネックレスの材料は何ですの?」と質問した。「ワニの歯ですよ」とインディアンが答えたので彼女が物知り顔で「きっと、インディアンにとってワニの歯というのは、私達にとって真珠の粒のようなものでしょうね」と言った。「違いますよ」、とインディアンは即座に否定した。「真珠貝をこじ開けることは、誰だって出来るじゃないですか」


3986. Italian lawyers

An American attorney had just finished a guest lecture at a law school in Italy when an Italian lawyer approached him and asked, "Is it true that a person can fall down on a sidewalk in your county and then sue the landowners for lots of money?" Told that it was true, the Italian lawyer turned to his partner and started speaking rapidly in Italian. When they stopped, the American attorney asked if they wanted to go to America to practice law. "No, no," one replied. "We want to go to America and fall down on sidewalks."

3986. イタリア人弁護士

アメリカ人の弁護士がイタリアの法律学校での特別講義を終えると、一人のイタリア人弁護士が彼に近づいてきて尋ねた。「アメリカでは歩道で転んだ人が、その歩道の土地の持ち主を多額の慰謝料を要求して訴える、と言う話は本当ですか?」アメリカ人弁護士がその通りだと答えると、イタリア人弁護士はもう一人のイタリア人弁護士の方を向いて早口のイタリア語で何か話し始めた。二人の会話が途切れたところでアメリカ人弁護士が、「今の件で実際にどう法律で対処しているかを知るために、あなた方はアメリカに行って研究してみようじゃないか、と話し合っていたのですか?」と尋ねた。「いや、いや、そうじゃないんです、」とイタリア人弁護士が答える。「我々はアメリカに行って実際に歩道でころんでみようじゃないか(そしてしこたま慰謝料をせしめよう)と話し合っていたんです。」


3987.Get to the point

Patient: Doctor, doctor, I feel like a pencil.

Doctor: Will you get to the point, please?

3987. 要点を述べる

患者:先生、僕は自分が鉛筆じゃないかと思えてくるんです。

医者:お願いだから、ちゃんと要点を述べてくれませんかね?(=鉛筆の芯の先を示してくれますかね?)

●Get to the pointは「要点を述べる」というイディオムですが、この場合「鉛筆の芯の先」とも取れます。


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)