Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)


Jokes:4091-4100


4091.Rosh Hashanah

Just before Rosh Hashanah, a team of Arab terrorists invades a synagoguel and takes the rabbi, the cantor and the synagogue president hostage. Hours later, the governor stands tough, he won't give them a million dollars, nor a getaway car or a Jumbo Jet. The terrorists gather the three hostages in a corner and inform them that things look bad and they're going to have to shoot them. Nevertheless, to show that they're not really a bad bunch, they'll Grant each hostage one wish. "Please," says the rabbi, "for the last two months I've been working on my Rosh Hashanah Sermon. What a waste to die now without having carried it before an audience. I'll go happily if you let me recite my sermon. It's ninety minutes long." They promise to grant him the wish. "Please," says the cantor, "after 50 years I've finally gotten the 'Hinneni' prayer just right. What a waste to die and not sing it to an audience. It's only about 45 minutes long - then I'll go happily." The terrorists promise to grant the cantor his wish too and they turn to the synagogue president. "Please," says the president with tears in his eyes, "Shoot me first!"

4091. ロッシュハシャーナ(ユダヤ歴の新年祭り)

ロッシュハシャーナの少し前、アラブ人のテロリストの一団がユダヤ教の礼拝堂を襲い、ラビと博物館館長と、礼拝堂僧正を人質にして立て籠もった。何時間もの交渉で政府はテロリストの要求に屈せず、何百万ドルという身代金は払わず、逃走のための車も飛行機も提供しようとしなかった。テロリスト達は三人の人質を部屋の隅に押しやって、交渉がうまく行かないのでお前達を射殺すると告げた。ただ自分達はそれほど無慈悲な集団ではないということを見せるために、テロリスト達は三人にひとつだけ願いを叶えてやろうと言った。「どうかお願いだから」とラビが最初に口を開いた。「私はロッシュハシャーナのためにここ二ヶ月ずっと、説教の文句を考え続けてきた。人々の前でこの説教をせずに死んでしまうなんて何と残念なことか!私に90分の説教をさせてもらえれば、私は幸福のまま死んで行ける」と言ったので、テロリスト達は彼の願いを聞き入れた。続いて博物館館長が「私は50年間探し続けてきた『ヒネニ』の祈祷文を、ようやく解読することが出来た。人々の前でこの素晴らしい祈りの歌を歌わずに死ぬなんて、何て残念なことだろう。どうか私に45分与えてくれたまえ。私はこの歌を歌えれば幸福な気持ちで死んで行ける」と言った。テロリスト達はこの願いも聞き入れた。そして礼拝堂僧正の方に向きを変えて彼の願いを尋ねた。目に涙を浮かべた僧正は叫んだ。「お願いだから、私を一番最初に殺してくれ!」

●ロッシュハシャーナはユダヤ歴の新年祭りで、西暦では9月〜10月の新月の日から10日間行われ、新年最初の10日間は1年の罪を悔い改める期間となり、その最終日にヨムキプール(大贖罪日)があり、当日は一切の労働、食事が禁じられる安息日とされます。このジョークのオチは、ラビのお説教も博物館館長の詠歌もウンザリする程長くて聞きたくないので、礼拝堂の僧正は自分を最初に殺してくれと頼んでいる点です。(写真はユダヤ教の厄除護りメズーザーです)


4092. My name is Chuck

There was a farmer who had four daughters. He was in a habit of worrying about his daughter and always answered the door with a shotgun. One night he hears a knock at the door and finds a young man standing there. The young man says: "My name is Freddy. I've come to pick up Betty. We're going out for spaghetti. I hope she's ready." The farmer thought that was cute so he let them go out. Pretty soon another knock on the door and another young man was there. He said: "My name is Vance. I've come for Nance. We're going to a dance. Is she ready by chance?" Again the farmer thought it was cute and let them go. Soon another knock on the door with yet another young man standing there. He said: "My name is Moe. I'm here to get Flo. We're going to a show. Is she ready to go?" Once again the farmer thought it was cute and he let them go. Again there was a knock on the door and a young man was standing there. He said: "My name is Chuck, I’m here to get Patty. We’re going to …" The farmer shot him.

4092. 僕の名前はチャックです

四人の娘がいる農夫がいた。彼は娘達のことが常に心配で、家のドアを開ける時はいつも散弾銃を片手に持って用心深く開ける週間だった。ある晩農夫はドアをノックする音を聞き、ドアを開けると若い男が玄関で立っていた。「僕の名前はフレディです。スパゲッティを食べに行こうと、ベティを誘いに来ました。彼女は準備出来ていますか?」とこの男が言ったので、農夫は「なかなか良さそうな男じゃないか」と思って二人が外出するのを許してやった。直ぐにまたドアをノックする音を聞き、ドアを開けると若い男が玄関で立っていた。「僕の名前はヴァンスです。一緒にダンスをしようと思ってナンスを誘いに来ました。ところで彼女は、もう支度が出来ていますか?」再び農夫は「なかなか良さそうな男じゃないか」と思い、二人が外出するのを許した。引き続いてドアをノックする音が聞こえ、また別の若い男が玄関で立っていた。「僕の名前はモーです。フローと一緒に出かけるために来ました。ショーを見に行くつもりですが、彼女は準備出来ていますか?」三たび農夫は「なかなか良さそうな男じゃないか」と思って、二人が外出するのを許した。またもやノックの音が聞こえ、別の若い男が玄関の前に立っていた。「僕の名前はチャックです。パティといっしょに、これから・・・」農夫は散弾銃をブッ放した。

●同じことを繰り返しているのに、なぜチャックだけ許されなかったのか?それは男の名前とデートの内容との関連です。(1)フレディ/ベティ/スパゲティ、(2)ヴァンス/ナンス/ダンス、(3)モ−/フロー/ショーと、言葉の後ろの韻がそろっています。これに対して(4)チャック/パティと韻が揃わず、しかもチャックから想像される行為はFuck、パティから想像される行為はpat(軽くたたき合う)ですから、よからぬことを連想させてしまいます。


4093. Ghoulie

Who keeps the goal of a ghost's football team ? A: The ghoulie !

4093. 人食い鬼

幽霊のサッカーチームでゴールを守るのは誰か? 人食い鬼キーパー(Ghoulie)。

●Goalie(サッカーのゴールキーパー)と、Ghoul(人食い鬼)を掛けています。


4094. Short-wave radio

An African chieftain flew to Washington D.C. to visit the President. When he arrived at the airport, a host of newsmen and cameramen met him and one of the reporters asked the chief if he had a comfortable flight. The chief made a series of weird noises. "Screech, scratch, honk, buzz, whistle, z-z-z-z-" and then added in perfect English, "Yes, I had a very nice flight." Another reporter asked, "Chief, do you plan to visit the Capitol Building while you're in the area?" The chief made the same noises. "Screech, scratch, honk, buzz, whistle, z-z-z-z" and then said, "Yes, and I plan to visit the Capitol Building after I meet the President at the White House." "Where did you learn to speak such flawless English?" asked the next reporter. The chief replied, "Screech, scratch, honk, buzz, whistle, z-z-z-z ... from the short-wave radio."

4094. 短波放送

アフリカの部族酋長がアメリカ大統領と会見するために、ワシントン特別行政地区を訪れた。彼が飛行場に到着すると、沢山の新聞記者やカメラマンが押しかけ酋長に飛行機での旅は快適だったかと尋ねた。酋長は奇妙な音を発した。「キリキリ、ガリガリ、ガー、ブー、ピー、ズズズズ・・・」そして完璧な英語でこう付け加えた。「はい、快適な空の旅でした」別のレポーターが「酋長、こちらに滞在中国会議事堂を訪れる予定ですか?」酋長はまたしても同じ不可解な音を発した。「キリキリ、ガリガリ、ガー、ブー、ピー、ズズズズ・・・」そして「はい、ホワイトハウスで大統領に会った後で、国会議事堂を訪れるつもりです」と言った。「いったい、あなたはどうやって完璧な英語を学んだのですか?」という別のレポーターの質問に、酋長は答えた。「キリキリ、ガリガリ、ガー、ブー、ピー、ズズズズ・・・短波放送によってです」

●「キリキリ、ガリガリ、ガー、ブー、ピー、ズズズズ・・・」というのは、短波放送のチューナーを合わようとした時に生じたノイズなのですが、この酋長はこの音も英語だと思っているわけです。


4095. Magna Carta

One afternoon, a young British tour guide took noisy American tourists to Runnymede, England. They gathered around the tour guide who started to explain the history of that location, "This is the spot where the aristocrats forced King John to sign the Magna Carta!" A man pushed his way to the front of the crowd and asked, "When did that happen?" "1215," answered the guide. The man looked at his watch and said, "Shit! I just missed it by a half hour!"

4095. マグナカルタ(英国大憲章)

ある日若い英国人の旅行ガイドが、騒々しいアメリカ人の観光客をイギリスのルニミードへ案内した。アメリカ人観光客達はこの場所の歴史的背景を説明しようとしている、英国人ガイドの周りに集まった。「ここは、貴族達がジョン王にマグナカルタ(大憲章)に署名するように強要した場所として名高い場所です」と言うと、一人の男性観光客が人をかきわけて前に出てくるなり、「で、そのことが起こったのはいつのことかね?」とガイドに質問した。「1215年のことです(1215)」とガイドが答えると、その観光客は腕時計を見て「なんてこった!30分前に来ればそれが見物出来たのに!」と悔しがった。

●「1215」と答えたガイドは西暦1215年という意味だったのですが、歴史に無知なこのアメリカ人男性観光客は、「1215」を12時15分と勘違いしたのです。


4096. Three kinds of Information

There are only three kinds of information in North Korea, an extremely exclusive and despotic nation. These are true, maybe true, and not true. The first category is time signal. The second one is weather forecast, and all the rest is in the third category.

4096. 3種類の情報

極端な専制国家で鎖国状態の北朝鮮には3種類の情報しかない。一つ目は正しい、二つ目は多分正しい、そして三つ目は正しくない、の3種類である。一つ目の情報は時報で、二つ目の情報は天気予報で、残り全ては三つ目の情報である。

●北朝鮮では時報と天気予報以外はすべてデタラメということです。


4097. Escape a burning building

A Brunette, a Redhead and a Blonde escape a burning building by climbing to the roof. Firemen are on the street below, holding a blanket for them to jump in. The firemen yell to the Brunette, "Jump! Jump! It's your only chance to survive!" The Brunette jumps and SWISH! The firemen yank the blanket away. The Brunette slams into the sidewalk like a tomato. "C'mon! Jump! You gotta jump!" say the firemen to the Redhead. "Oh no! You're gonna pull the blanket away!" says the Redhead. "No! It's Brunettes we can't stand! We're OK with Redheads!" "OK," says the Redhead, and she jumps. SWISH! The firemen yank the blanket away, and the lady is flattened on the pavement like a pancake. Finally, the Blonde steps to the edge of the roof. Again, the firemen yell, "Jump! You have to jump!" "No way! You're just gonna pull the blanket away!" yelled the Blonde. "No! Really! You have to jump! We won't pull the blanket away!" "Look," the Blonde says. "Nothing you say is gonna convince me that you're not gonna pull the blanket away! So what I want you to do is put the blanket down, and back away from it..."

4097. 燃えさかるビルからの脱出

ブルーネットと、赤髪と、ブロンドが舵で燃えさかるビルの屋上によじ登って、助けを求めていた。駆けつけた消防士ははるか下の道路に毛布を広げて、彼女達にそこに飛び降りるように指示した。消防士がブルーネットに「ここに飛び降りろ!それが助かる唯一の方法だ!」と叫んだ。ブルーネットが屋上から飛び降りると、シュッ!と消防士達は構えた毛布を最初の位置からずらしたので、ブルーネットはそのまま歩道の上にグシャっと身体を打ち付け、潰れたトマトみたいになってしまった。「早く!飛び降りろ!」と消防士達は赤髪の女性に向かって叫んだ。「いやよ、あなた達、毛布をサッとずらすんでしょ?」と赤髪の女性は訴えた。「ブルーネットは嫌いだからそうしたけど、赤い髪の女性にはそんなことしないから、大丈夫だってば」と消防士は怒鳴った。「わかった」と言って赤髪の女性が下に飛び降りた。シュッ!と消防士達は構えた毛布をまたずらしたので、赤髪の女性はそのまま路上にパンケーキのように、平らになってつぶれてしまった。最後にブロンド女性が屋上の端に足をかけた。消防士達は同じように「飛び降りろ!それっきゃないぞ!」とブロンドに叫んだ。「いやよ、あなた達、下でまた毛布をずらすに決まっているもの!」とブロンドは叫び返した。「そんなことはしないってば、本当だよ!早く飛び降りて!僕達は毛布を動かさないから!」「毛布を動かさないなんて言うあんた達の言葉なんて信用出来ないわ!そこに毛布を置いて、あなた達は手を離して下がりなさい!そうしたらそこに飛び降りるから」


4098. Rookie police officer 

Jannie, a rookie police, officer was out for his first ride in an official police van with an experienced partner. A call came in, telling them to disperse some people who were loitering. They drove to the street and observed a small crowd standing on a corner. Jannie rolled down his window and said, "Please, get off there." A few glanced at him, but no one moved, so he barked again, "People, please get off that corner. NOW!" Intimidated, the group of people began to leave, casting puzzled stares at Jannie. He was proud of his first official act as a young policeman and turned to his partner asking "Well, so how did I do?" "Pretty good," chuckled his partner, especially since this is a bus stop."

4098. 新米警察官

新米警察官のジャニーが、経験豊かな警察官と一緒になってパトロールカーによる巡回任務に就いた。すると電話連絡が入り、路上で暴動・略奪を行っている連中を鎮めるようにと命じられた。二人を乗せたパトロールカーが指示された道路に到着すると、少人数の人間が道路の隅にかたまって立っていた。ジャニーはパトロールカーの窓ガラスを下げて、「解散しなさい!」とその連中に忠告した。彼等のうちの何人かはチラっとジャニーを見つめたが、誰もその場を離れようとしなかった。ジャニーは声を荒げて怒鳴った。「君達、そこの場所から今すぐ離れなさい!」警官に脅かされたため、その場所にいた数人の人々はジャニーに「訳がわからんなぁ〜」といった視線を向けて移動し始めた。ジャニーは新人警察官の初勤務の出来映えを誇らしく思って、隣に座っているベテラン警官に向かって「どうですか、僕の仕事ぶりは?」と尋ねた。先輩警官はクスクス笑いながら「よくやったよ。だけど、ここはバス停なんだけど、わかっていた?」と、答えた。


4099. Adoption

Stan and his wife Becky were delighted when they finally got a long-waited call from the baby adoption center. The man of the adoption center told them they had a wonderful French baby boy. Stan and Becky took him without hesitation. On the way home from the adoption center, they stopped by the local college so that they could enroll in night courses. After they filled out the form, the registration clerk inquired, "Excuse me but, what ever possessed you to study French?" Stan and Becky looked at each other and proudly said, "We just adopted a French baby and in a year or so he’ll start to talk. We just want to be able to understand him."

4099. 養子

ずっと養子をほしがっていたスタンと妻のベッキーは、養子縁組センターからようやく、ふさわしい子が見つかったという電話連絡を受けて大喜びした。センターの職員が今回世話するのは可愛らしいフランス人の男の子だと告げると、二人は何の迷いもなくその子供を引き取った。新しく家族になった男の子を養子縁組センターから連れて家に戻る途中で、スタンとベッキーは大学の前で止まって、夜間クラスの授業を申し込んだ。二人が申込書に必要事項を書いて提出すると、大学の職員が「失礼ですが、なぜフランス語を学ぼうとお考えになったのですか?」と質問した。スタンとベッキーはお互いの顔を見合わせ、誇り高い口調で事務員に答えた。「私達はフランス人の男の赤ん坊を養子にしたの。あと一、二年で子供はおしゃべりをするようになるでしょう?私達は彼の言っていることを理解する必要になるでしょ?」

●何もしゃべれないフランス人の赤ん坊と暮らすのですから、最初から両親がポーランド語でしゃべればそれが共通の言語になりますよね。


4100. Conference

A conference is simply an admission that you want somebody else to join you in your troubles.

4100. 会議

端的に言えば、会議とはあなたの抱えている問題に他人を引き込むための導入手続きに他ならない。


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)