Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)


Jokes:4121-4130

4121. The obsession

Jacob and his best friend Sidney are having a quiet chat about the advantages and disadvantages of marrying young. "I met my Naomi over 50 years ago," says Jacob, "When we were both 16 and almost immediately we started making love in my bedroom whilst my parents were out. It didn't take me long to propose to her." "Wow!" says Sidney. "So you obviously believe in marrying young." "Yes, you could say that," replies Jacob, "but there can also be problems if you marry before you really know your partner well. In my case, the disadvantage in marrying Naomi before I really knew her still affects me today." "Tell me, Jacob,” says Sidney. "I was a very messy teenager and right from the start, every time we went up to my bedroom to make love, Naomi looked around and said, 'Oy, what a messy room! I'm not making love in here until it's been cleaned up.' And she meant it. She refused point blank to do so until she had thoroughly, and I mean thoroughly, cleaned and tidied up my room. I didn't know then that Naomi had and still has a major obsession with cleanliness." "OK, but that was 50 years ago," says Sidney. "Why does her obsession affect you today?" "Because every time I hear Naomi turns on the vacuum cleaner," replies Jacob, "I get an instant erection."

4121. 強迫観念

ジェイコブが親友のシドニーと、早婚に関して有利な点と不利な点について、穏やかに話し合っていた。「ナオミと知り合ったのは今から50年前、お互いに16歳の時だった。知り合って直ぐに、両親が留守の時に僕のベッドにナオミを連れ込んでセックスを始めた」と、ジェイコブは語った。「やるじゃないか!ということは、君は明らかに早婚は有利である、と考えているんだ」とシドニーは話を進める。「まぁ、そうだけど」と言いながらジェイコブは続ける。「でも相手の性質を知る前に結婚すると、色々と問題は出てくるものさ。僕の場合ナオミのことをよく知る前に結婚したことが、今日まで影響してきているからね」シドニーが尋ねる。「ジェイコブ、それはどういうことだ?教えてくれ」「僕は十代の頃、とてもだらしなくて、最初にセックスをするためにナオミを連れ込んだ時、僕の部屋を見るなり彼女はこう叫んだんだ。『あら、なんて汚らしい部屋なの!きちんと片づけなければ私、あなたと一緒に寝ないわよ』そして実際、彼女はその言葉通りだったんだよ。自分で納得するまで部屋をきれいにするまで、彼女は僕に指一本触れさせなかったんだ。その時まで、そして現在に至るまでそうなんだけど、僕はナオミがきちんと掃除された部屋でなければその気分になれない、ということを理解していなかったんだね」と、ジェイコブは説明した。「わかった、でもそれは50年前の話だろ?」とシドニーが言葉を継いだ。「なぜ彼女のそういった強迫観念が、君の今の生活に影響していると言えるんだ?」「それはね、今でもナオミが掃除機をかける音を聞く度に、僕は直ぐに勃起してしまうからなんだよ」とジェイコブは答えた。

●セックスをする前には掃除機をかけて部屋をきれいにする、という夫婦の習慣がこびりついて、今では掃除機をかける音を聞くだけで、その気になってしまうということです。


4122. If wives were caught cheating by their husbands?

French wife: "Jean, why don’t you come over here? The more the merrier."
American wife: "Oh, John? I suppose you’ll now start spreading your stupid suspicions?"
Russian wife: "OK, Ivan. You can hit me, but not in the face please."
Jewish wife: "Abraham, is that you? So who is here with me then?"

4122. 妻が不倫の真っ最中を夫に見つけられた時

フランス人の妻:ジャン、こっちに来てよ。人数が多い方がもっと楽しめるわ。
アメリカ人の妻:あら、ジョン?あなた、まさか馬鹿げた噂を撒き散らすつもりじゃないでしょうね?
ロシア人の妻:わかったわ、イワン。殴って結構よ。でも顔はぶたないでね。
ユダヤ人の妻:アブラハム、あなたよね?すると、ここに居る男性は誰なのかしら?


4123. Nobody behind the steering wheel

A guy was on the side of the road hitch hiking on a very dark night and in the middle of a storm. The storm was so strong that he could hardly see a few feet ahead of him. Suddenly he saw a car slowly coming towards him and stop. Without thinking about it, the guy got in the car and closed the door, but he realized there's nobody behind the steering wheel(!) The car started slowly. The guy looked at the road and saw a curve approaching. Scared, he started to pray, begging for his life. Then, just before he hit the curve, a hand appeared through the window and turned the wheel. The guy was paralyzed with terror and watched how the hand appeared every time they came to a curve. Gathering strength, he jumped out of the car and ran to the nearest township. Wet and in shock, he went into a tavern and asked for two shots of tequila. He then started telling everybody about the horrible experience he went through. A silence spread when they realized the guy was crying and he wasn't drunk. About half an hour later two guys walked into the same tavern, wet and out of breath. Looking around and seeing the guy who hitched a lift, the one said to the other, "Look, Jim, there's the idiot that got in our car while we were pushing it."

4123. 運転席には誰もいなかった

ひどい嵐の夜、真っ暗闇のなかで一人の男が道路で通りかかる車をみつけてヒッチハイクしようとしていた。雨風がひどくほんの数フィート先すらハッキリ見分けることが出来ない状態だったが、彼は突然一台の車がゆっくり進んで来て、彼の近くで停車してくれたことに気付いた。彼は何も考えずにその車の扉を開けて、車の中に身体を入れた。急いで扉を閉めて、その車の運転席には誰も乗っていないことに気が付いた。しかし車はゆっくりと動き始め、カーブに向かって真っ直ぐ進んでいることがわかり、男は真っ青になり、「神様、命だけはお助け下さい」と必死に祈り始めた。するとカーブに届く直前に車の窓の外から手が差し伸べられ、ハンドルが切られて車はカーブを曲がって走行した。カーブになる度に手が差し伸べられ、ハンドルが切られ、無事に走行するので、男は恐怖の余り凍り付いてしまった。あるだけの勇気を振り絞り、彼は車から飛び降りて近くの町へ走り込んだ。びしょ濡れになってショックに震えながら、彼は町の酒場に飛び込み、急いで二杯のテキーラを飲み干し、彼が体験した恐ろしい事実を酒場の誰これ構わず話した。この男が酔っぱらっておらず恐怖に鳴き声を立てるのを聞いて、酒場の客はシーンとなった。約30分後に二人の男が、この酒場に歩いて入って来た。二人はびしょ濡れで息を切らしていた。酒場の中を見回し、先ほどヒッチハイクをした男が居るのを見つけた二人の男の一人がもう一人の相棒に言った。「おい、ジム、さっきエンストして、俺たちが風雨の中を後ろから押している車に乗り込んだ馬鹿野郎が、ここに居るぞ」


4124. Silver tray

Renee and Isaac have been invited to Sarah’s wedding and are discussing what present they should give her. "We’ve known Sarah for many years but I can’t say she’s one of my very best friends. In that case, I don’t think we should give her anything too expensive," says Isaac. "I agree, darling," says Renee, "so I have a suggestion to make. Do you know that ugly silver tray we were given on our wedding? We have never used it and it’s still in its original box. I know it has our initials engraved on it, but I’m sure a good silversmith can remove them and put some new initials on it. Sarah won’t be able to tell it’s not a new tray and we can save some money." "That’s a great idea," says Isaac. “Why not take it in to Roken, the silversmith, tomorrow?" So the following day, Renee takes the tray to Mr. Roken and tells him how she would like the tray altered. Mr. Roken uses an eye glass to look closely at the existing initials, then looks up at Renee and says, "Sorry lady, it can’t be done - one can only make such changes three times."

4124. 銀の皿 

レネとアイザックはサラの結婚式に招待され、プレゼントに何を持って行くかを夫婦二人で相談していた。「サラとの付き合いは長いけれど、僕達の親友とまでいえる間柄じゃないよね。そんなに高いプレゼントをする必要はないと思うけど」と、アイザックが言った。「私もそう思うわ」、と妻のレネも同意した。「私、ちょっと考えたことがあるの。私達の結婚祝いにもらった、あか抜けない銀の皿を覚えている?気に入らないから一度も使ったことはないし、未だにプレゼントの箱に収めたままよね。皿には私達夫婦のイニシャルが刻まれているけれど、上手な銀職人に頼めばそのイニシャルを消して、新しいイニシャルを刻みこむくらい、わけないことだと思うの。サラはその銀の皿が新品かどうかなんて、わかりっこないし、この方法なら私達、あまりお金を使わないで済むんじゃない?」「素晴らしいアイデアだ!明日、銀職人のローケンの店にあの皿を持って行ってくれ」と、アイザックは言った。そこで翌日レネがくだんの銀の皿をローケンの店に持参し、こちらの希望を告げると、ローケンは眼鏡をかけて持ち込まれた銀の皿に現在刻まれているイニシャルをじっくりと観察した。レネの顔へ視線を移したローケンは「奥さん、申し訳ないがご希望に添うことは出来ませんな。イニシャルを刻み直すことは三回が限度ですよ」

●つまりこの銀の皿はレネとアイザックの結婚祝いに贈られる前に、三回はたらい回しされていたのです。


4125. Seat belt

Howard is a technology maven. One day, as he is driving down a road, he passes a sign saying that he is approaching the most advanced road-side camera in the world. So he slows down to the 30mph speed limit. But when he passes the camera, it flashes at him. "Not much of an advanced camera," he thinks. "I wonder what incorrect speed it has been set at?" So he turns around, drives back 300 yards, turns around and approaches the camera again, this time at 20mph. Again it flashes at him and he laughs out loud. Once again he turns around, drives back 300 yards, turns around again and approaches the camera again, this time at just 10mph. Once again, the camera flashes at him. He gives up on the faulty camera and drives home. One week later, three letters drop through his letterbox. Each one is a Traffic Fine for £100 for driving without a seat belt!

4125. シートベルト

ホワードはメカニズムには詳しい男だった。ある日彼が車を運転していると、道路脇に「注意:この先に世界一進んだ自動速度取締カメラ設置済み」という看板が掲げられていた。そこで彼は制限速度である時速30マイルにスピードを落とした。しかし彼が速度取締カメラの前を通過した時、パシャッとフラッシュが閃いたのに気付いた。「最新鋭のカメラだなんてよく言うよ」と彼は思った。「いったいあのカメラは、制限時速を何マイルに設定してあったんだ?」と、ホワードはわざわざ車をその場所へ引き返し、今度は時速20マイルでカメラの下を通過した。再びフラッシュが閃いたので、彼は大声で笑って、車のギアをバックにして300ヤードばかり戻り、もう一度取締カメラの前を通過した。今度は時速10マイルで・・・またしてもフラッシュの閃き!彼は呆れて、これ以上の試みを諦め、車を家に向けた。一週間後に彼の家の郵便箱に三通の手紙が届いた。それぞれ100ポンドの交通違反罰金支払命令書が入っていた。違反事実は「シートベルト未着用」だった。


4126. Myocardial infarct

One day I had to be the bearer of bad news when I told a wife that her husband had died of a massive myocardial infarct. Not more than five minutes later, I heard her reporting to the rest of the family that her husband had died of a 'massive internal fart.'

4126. 心筋梗塞

ある日私は、急性心筋梗塞(massive myocardial infarct)で突然死した男の妻に、その悲報を知らせる役目を負わされた。私の伝えを聞いて5分も経たないうちに、その男の妻が親戚一同に自分の夫は「大量のオナラが体内に溜まり死亡した」、と伝えていることがわかった。


4127. Military parade

The May Day parade in Moscow is the largest, most important military parade of the year. In 1992, Borris Yeltsin invited Bill Clinton to come watch it with them. The parade commenced with a battalion of tanks, followed by a division of infantry, followed by armored personnel carriers and mobile artillery. They had mobile ballistic missile launchers, electronic jamming vehicles, the most advanced interceptors, fighters, and long-range tactical and strategic bombers. Clinton was very impressed, but he noticed that, way back at the end of the parade, there was a disorganized, messy bunch of men in rumpled suits tagging along behind the last artillery pieces. “Who are they?” he asked. “Ah,” said Yeltsin, “those are our economists!” “But I thought this parade was military,” said Clinton, a bit confused. “Mr. Clinton,” winked Yeltsin, “Have you thought about the damage those men have given?”

4127. 軍事パレード

モスクワの5月1日のメーデー行進の中で、最大でかつ最も重要なのはその年の最新鋭装備を誇示する軍事パレードである。1992年ソ連のボリス・エリツィン大統領はアメリカのビル・クリントン大統領を、この軍事パレードに招待した。軍事パレードは戦車団の登場に始まり、歩行大隊、装甲自動車部隊、大砲部隊が引き続き、ミサイル発射台、通信妨害設備、最新鋭の迎撃戦闘機、長距離爆撃機などが続々と披露された。クリントン大統領は感心しながら見とれていたが、兵器のパレードの後ろから好き勝手でバラバラに歩いてくるむさくるしい男達の集団を見つけ、「あの連中は何なんですか?」と尋ねた。エリツィン大統領は「あぁ、あれは経済学者達ですよ」と答えた。「でも、このパレードは軍事パレードですよね?」と、クリントンはいぶかしげに聞き返した。「クリントン大統領」、とエリツィンは片目をつぶって語りかけた。「あの連中が与えるダメージの大きさを、考えたことがありますか?」


4128. Ballet  

A mother took her six-year old daughter to the ballet. This was the first time the little girl had ever seen a ballet and she watched wide-eyed as the ballerinas pranced around the stage on their toes. When the ballet was over, the mother asked her daughter if she had any questions. "Yes, Mommy," the little girl replied, "Wouldn't it be easier if they just hired taller dancers?"

4128. バレー

母親が6歳の娘をバレー公演に連れていった。バレーを見るのは初めてだった少女は、爪先立ちで舞台をピョンピョン跳び回るバレーダンサー達を、目を皿の様に見開いて驚いた。公演が終了すると母親は娘に何か聞きたいことがあるか?と尋ねた。「えぇ、ママ」と少女は答えた。「もっと背が高いダンサー達を使えば、踊りだってあんなに苦労しないんじゃない?」


4129. Married Buddies 

Two married buddies are out drinking one night when one turns to the other and says, “You know, I don’t know what else to do. Whenever I go home after we’ve been out drinking I turn the headlights off before I get to the driveway. I shut off the engine and coast into the garage. I take my shoes off before I go into the house, I sneak up the stairs, I get undressed in the bathroom I ease into bed and my wife STILL wakes up and yells at me for staying out so late!” His buddy looks at him and says,” Well, you’re obviously taking the wrong approach. I screech into the driveway, slam the door, storm up the steps, throw my shoes into the closet, jump into bed, rub my hands on my wife’s butt and say, ‘How about a blow job?’ …. and she’s always sound asleep.

4129. 既婚者

ある晩二人の既婚男性が、一緒に飲みながらこんな話をしていた。「聞いてくれ、僕はどうしたら良いのかわからないんだ。外で飲んで家に戻る時、車のヘッドライトを消して敷地内に入り、車のエンジンを止めて車庫にそっと停める。家へ入る前に靴を脱いで、音を立てないようにそっと二階へ通じる階段を上がり、トイレで洋服を脱いで静かに寝室のベッドに入ると、奥方はしっかり目を開けて私のことを待っていて、『何でこんなに遅いの!』とわめくんだ」と言うと、もう一人の男性が「うーん、君のやり方がまずいと思うよ。僕はそういう場合、まずキキキィーと大きな音を立てて車を家の敷地に入れ、家のドアを開けバタンと大きな音を立てて閉める。ドスンドスンと二階に大きな靴音を立てて昇り、革靴を洋服ダンスにポンと脱ぎ捨て、妻が寝ているベッドにピョンと飛び込んで、彼女の尻を撫でながら、『ねぇ、いいことしてよ!』と言うんだ。そうすれば彼女は寝たふりをして、何も言わないからねぇ・・・」


4130. Money

Money isn't everything, but at least it encourages relatives to stay in touch.

4130. 金(かね)

「金(かね)が全てである」とは言わないが、少なくとも親族の間でやり取りを促す要因になっていることは間違いない。


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)