Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)


Jokes:4141-4150

141. Collateral

An old Native American wanted a loan for $500. He approached his local banker. The banker pulled out the loan application, asking, "What are you going to do with the money?" "Take jewelry to city and sell it," said the old man. "What have you got for collateral?" queried the banker, going strictly by the book. "Don't know of collateral." "Well that's something of value that would cover the cost of the loan. Have you got any vehicles?" "Yes, I have a 1949 Chevy pickup." The banker shook his head, "How about livestock?" "Yes, I have a horse." "How old is it?" "I don't know; it has no teeth." Finally the banker decided to make the $500 loan. Several weeks later the old man was back in the bank. He pulled out a roll of bills, "Here's the money to pay loan," he said, handing the entire amount including interest. "What are you going to do with the rest of that money?" "Put it in my pocket." "Why don't you deposit it in my bank?" he asked. "I don't know of deposit." "Well, you put the money in our bank and we take care of it for you. When you want to use it you can withdraw it." The old Indian leaned across the desk, looking suspiciously at the banker, and asked, "What you got for collateral?"

4141. 担保物件

年老いたインディアンが500ドルの借金が必要となって、彼が住んでいる地域の銀行に出向いた。銀行家はローンの申込用紙を渡すと、「当行が貸し出したこのお金で何をなさるつもりですか?」とインディアンに訊ねた。「宝石を手に入れて町で売りさばこうと考えてるんだ」と彼は答えた。「ローンの担保物件はお持ちですか?」と銀行家が、帳簿に記録しながら聞いた。「担保物件って何のことだね?」とインディアンが聞き返すと、「貸し出した金額を保証するようなあなたの財産のことです。あなた、自動車は持っていますか?」と銀行家が言うので、「あぁ、1949年型のシェビーのトラックを持っているよ」とインディアンは答えた。銀行家はダメダメと言うように首をふりながら、「家畜は持っているでしょ?」と聞いた。「馬を一匹持っているよ」とインディアンが答えると、「その馬の年齢は?」と銀行家が聞き返した。「さぁ、何歳になるかなぁ?とにかく歯は無くなっているけど」とインディアンが言った。紆余曲折の結果銀行家はこのインディアンに500ドルを貸すことにした。数週間後この年老いたインディアンが銀行にやって来て丸まった紙幣の束を取り出すと、「これが借りていたお金の分だ」と、利息も含めた全額分を銀行家に手渡した。「その残りのお金はどうされるつもりですか?」と銀行家が聞くと、インディアンは「ポケットにしまっておくけど」と答えたので、「そのお金は当行に預金されたらいかがでしょう」と銀行家は勧めた。「預金って何のことだね?」とインディアンが聞くので、「あなた様がお金を当銀行にお預け頂ければ、当行が責任を持って管理します。それを銀行預金というのです。あなた様が必要な時はいつでも引き出して使えますよ」、と銀行家は説明した。年老いたインディアンは机に覆い被さりながら疑わしそうな目付きで銀行家を見つめて、こう言った。「その場合、あんたは『担保物件』として何を出してくれるんだね?」


4142. Same service

A husband visited a marriage counselor and said, "When we were first married, I would come home from the office, my wife would bring my slippers and our cute little dog would run around barking. Now after ten years it's all different. I come home, the dog brings the slippers and my wife runs around barking." "Why do you complain?" said the counselor, "You're still getting the same service !"

4142. 同じサービス

結婚生活についてカウンセラーに相談に行った夫が、「結婚したばかりのころは、私が仕事から帰ると、妻がスリッパを持って来て、その横で可愛い小犬がキャンキャン鳴いて出迎えてくれた。結婚後10年経った現在、事態は全く変わってしまった。犬がスリッパを持って来て、その横で妻がギャーギャーわめく」と、説明した。するとカウンセラーは「何がご不満ですか?あなたが受けるサービス実態は、変わっていないじゃないですか」と言った。


4143. Adam’s underwear

A little boy opened the big family bible. He was fascinated as he fingered through the old pages. Suddenly, something fell out of the Bible. He picked up the object and looked at it. What he saw was an old leaf that had been pressed in between the pages. "Mama, look what I found," the boy called out. "What have you got there, dear?" With astonishment in the young boy's voice, he answered, "I think it's Adam's underwear."

4143. アダムの下着

小さな男の子が聖書を読んでいた。彼はページを次々とめくりながら聖書の物語にすっかり虜になっていた。突然何かが聖書のページの間から落ちてきた。男の子はそれを拾い上げるとすかして眺めた。それはページの間で押し葉状になった古い木の葉だった。「ママ、僕が見つけたもの見てよ!」と男の子は叫んだ。「何を見つけたの?」と母親が聞くと、驚きを隠せない様子で男の子が答えた。「僕、アダムの下着を見つけたんだ」

●旧約聖書創世記に、アダムとイブは初めは生まれたままの姿で暮らしていたが、禁断のリンゴを食べて知恵がつくと恥ずかしくなって、いちじくの葉で陰部を覆ったという逸話を踏まえています。


4144. Ghoulstones (Gallstones?)

Why did the vampire go to hospital? He wanted his ghoulstones removed.

4144. 胆石(食人鬼石?)

なぜ吸血コウモリは病院に行ったのですか?胆石(食人鬼石?)を取り除いてもらうためです。

Gallstone(胆石)の発音に似たGhoul stone (食人鬼石?)という造語を作りました。これと同じ発想なのが Which ghost ruled France? Charles de Ghoul. (De Gaulle):フランスを支配した幽霊は誰?シャルル・ド・グールですというジョークです。


4145. Tennis ball

A guy was standing at the country club bar with a tennis ball stuffed into the pocket of his shorts. A woman next to him tapped him on the arm and pointed to the bulge and asked, "What's that?" "Tennis ball." he replied. "Ohhh, ouch!" the woman responded grimacing. "I know how that must hurt. I've had tennis elbow before."

4145. テニスボール

カントリークラブ(=テニスやゴルフなどスポーツを楽しむクラブ施設)のバーで、ショートパンツのポケットにテニスボールを入れた一人の男が酒を飲んでいた。彼の隣りにいた女性が彼の腕を軽く叩いてポケットの膨らみを指差しながら尋ねた。「その膨らみどうしたの?」「テニスボールですよ」と男が答える。「うわぁ、痛っそう!」女性は顔をしかめながら言葉を続けた。「どういう痛さだかわかるわ。だって私、以前テニスエルボーになったことがあるから」

●テニスエルボー(テニス肘)はテニスのし過ぎで肘が痛くなる症状です。Ballには球という意味と(2)睾丸という意味があるので、男性は単純に「テニスで使う球がポケットに入っているので膨らんでいるですよ」、と言っているのに、この女性は「テニスのし過ぎで睾丸が痛くなった」(=そんな病気はないと思うんですけど。。)と勘違いして「あぁ、テニスエルボーみたいに痛む訳ね、わかる、それは痛いわよね」と言っているのです。


4146. Hammer thrower

In the Olympics, a Soviet hammer thrower set a new world record. "How did you manage to hurl that hammer so far?" reporters asked him. "If it were together with a sickle, I could throw it twice as far."

4146. ハンマー投げ選手

オリンピック大会でソビエトのハンマー投げ選手が、世界記録を更新した。「どうしてハンマーを、そんなに遠くまで飛ばせるのですか?」と新聞記者が彼に質問すると、「ハンマーと鎌を同時に投げれば、この二倍位の距離を飛ばすことが出来るよ」と、ソビエトの選手は答えた。

●ソビエトの国旗は「鎌とハンマー」です。鎌とハンマーだったらもっと遠くに飛ばせるというのは、こんな国家は捨ててしまいたい、ということです。


4147. Racial discrimination

The first-grade class teacher asks Sarah, "What did you do at recess?" after recess. Sarah says, "I played in the sandpit." The teacher says, "That's good. Go to the blackboard, and if you can write 'sand' correctly, I'll give you a fresh baked cookie." She does and gets a cookie. The teacher asks Morris what he did at recess. He says, "I played with Sarah in the sandpit." The teacher says, "Good. If you write 'pit' correctly on the blackboard, I'll give you a fresh baked cookie." Morris does, and gets a cookie. Teacher then asks Mustaffa Abdul what he did at recess. He says, "I tried to play with Sarah and Morris, but they threw rocks at me." The teacher says, "They threw rocks at you? That sounds like blatant racial discrimination. If you can go the blackboard and write 'blatant racial discrimination' I'll give you a cookie."

4147. 人種差別

休み時間後小学校一年生のクラスで、担任の先生がサラに「休み時間は何をしたの?」と聞いた。サラが「砂場で遊びました」と答えたので、先生は「それは良かったわね。じゃ黒板に『砂(sand)』って書いてみて。正しく書けたら焼きたてのクッキーをご褒美にあげましょう」と言った。サラは正しく綴れたのでクッキーをもらえた。次に先生はモーリスに休み時間に何をしたかと尋ねた。モーリスは「僕はサラと一緒に砂場で遊びました」と答えたので、先生は「それは良かったわね。じゃ黒板に『囲い場(pit)』って書いてみて。正しく書けたら焼きたてのクッキーをご褒美にあげましょう」と言った。モーリスは正しく綴れたのでクッキーをもらえた。先生は次にムスタファ・アブドゥルを指名して、休み時間に何をしたかと尋ねた。ムスタファは「サラやモーリスと一緒に砂場で遊ぼうとしましたが、二人は僕に石を投げつけて仲間に入れてくれませんでした」と答えた。先生は「あなたに石を投げつけたんですか?それは随分ひどい人種差別ですね。黒板に『ひどい人種差別(blatant racial discrimination』て書いてみて。正しく書けたら焼きたてのクッキーをご褒美にあげますよ」

●こんな難しい綴りを小学一年生に押しつけるなんて、先生こそ人種差別を実施していませんか?


4148. The most beautiful girl in the world

Emily said to her friend, "My Jimmy keeps telling everyone he's going to marry the most beautiful girl in the world." And the friend said, "What? That's too bad. I thought he was going to marry you!"

4148. 世界一美しい女性

エミリーは自分の友人に「私のジミーは世界一美しい女性と結婚するんだ、と誰彼構わず自慢してしゃべっているのよ」と言った。彼女の友人は「え、何ですって?それはお気の毒に・・・私、彼はあなたと結婚するんだとばかり思っていたのに。(世界一美しい女性って、あなた以外の人でしょ?)」

●エミリーは世界一美しい女性とは、自分のことだと自惚れて自慢したのです。


4149. Alligator shoes

An Army Ranger was on vacation in the depths of Louisiana and he wanted a pair of genuine alligator shoes, but was very reluctant to pay the high prices the local vendors were asking. After becoming very frustrated with the "no haggle" attitude of one of the shopkeepers, the Ranger shouted, "Maybe I'll just go out and get my own alligator so I can get a pair of shoes made at a reasonable price!" The vendor said, "By all means, be my guest. Maybe you will run into a couple of Marines who were in here earlier saying the same thing." So the Ranger headed into the bayou that same day and a few hours later came upon two men standing waist deep in the water. He thought, "Those must be the two Marines the guy in town was talking about." Just then, the Ranger saw a tremendously long alligator swimming rapidly underwater towards one of the Marines. Just as the alligator was about to attack, the Marine grabbed its neck with both hands and strangled it to death with very little effort. Then both Marines dragged it on shore and flipped it on its back. Laying nearby were several more of the creatures. One of the Marines then exclaimed, "Darn, this one doesn't have any shoes either!"

4149. ワニ革の靴

陸軍突撃隊員がルイジアナの奥地で休暇を過ごしていたが、本物のワニ革の靴が欲しくなった。しかし地元の靴商店主は目玉が飛び出るような価格を要求するので、とても買う気にはなれず、いくら交渉してもまけそうもない商店主の態度にイライラした突撃隊員は、「それなら自分でワニを捕まえ、その皮を使えばもっとまともな金額でワニ革の靴を作れるだろうよ」と、商店主に言った。「どうぞ、お好きなように。あんたは、ほんの少し前にここで同じことを言った海兵隊の連中二人と出会えるかも知れないね」と商店主は応えた。そこで陸軍突撃隊員は、即、湿地帯の入り江へ向かった。彼は数時間後、腰まで水に浸かっている二人の男の姿を見つけたので、「彼等は先程商店主が言っていた海兵隊員に違いない」と思った。ちょうどその時とてつもなく大きなワニが水面下で、二人の男のうちの一人に急スピードで接近していることに気づいた。そのワニが海兵隊員に襲いかかる寸前、海兵隊員は両手でワニの首を掴に首を絞め、大した苦労もせずにワニを殺してしまった。仕留めたワニを海兵隊員が二人がかりで岸辺まで引きずり上げ、背中を地面に着けて仰向け転がした。その脇には同じ様に仰向けになったワニの死体がいくつも並んでいたが、海兵隊員の一人が忌々しそうに叫んだ。「畜生、こいつも靴を履いていないな!」

●ワニ革の靴を、ワニが履いていると思っているのですから、海兵隊員は腕っ節は強いけれど、オツムの方が少々足りませんね。


4150. Night mare

What kind of horse does a witch ride? A night mare.

4150. 悪夢

魔女が乗る馬はどんな種類の馬ですか? 悪夢(夜の雌馬)

●Nightmare(悪夢)を二つに分解するとNight(夜) Mare(雌馬)で、魔女が乗るにふさわしい馬と言えます。


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)