Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)


Jokes:4241-4250

4241.Hoya! Hoya

It was election time and Barack Obama decided to go out to the local reservation to gather support from the Native Americans. They were all assembled in the Council Hall to hear the speech. Obama had worked up to his finale, and the crowd was getting more and more excited. "I promise better education opportunities for Native Americans!" The crowd went wild, shouting "Hoya! Hoya!" cried the crowd, stomping their feet. Obama was a bit puzzled by the native word, but was encouraged by their enthusiasm and added, "I promise more social reforms and job opportunities for Native Americans!" The crowd reached a frenzied pitch shouting "Hoya! Hoya! Hoya!" After the speech, Obama was touring the Reservation, and saw a tremendous herd of cattle. Wanting to show his interest, he asked the Chief if he could get closer to take a look at the cattle. "Sure," the Chief said, "but be careful not to step in the hoya."

4241. ホヤ!ホヤ!

選挙の時期が近づき、バラク・オバマはアメリカ先住民族(インディアン)の支持を得るために、各地にあるインディアン居留地へ遊説に出かけた。オバマの演説を聴くために市民ホールに集まったインディアン達に向けてオバマがスピーチを始めると、聴衆は次第に興奮してきたので、最後に「アメリカ先住民族のために、教育の機会を向上させることを約束する」と言うと、聴衆は地面を足で叩き鳴らし「ホヤ!ホヤ!」と絶叫した。オバマはこの「ホヤ!ホヤ!」というインディアンの言葉の意味がわからず少し当惑したが、聴衆の熱気に押されて、「そしてアメリカ先住民族のために、社会保障と雇用促進することを私は約束する」と、言葉を続けた。聴衆は狂おしいばかりに「ホヤ!ホヤ!ホヤ!」と叫んだ。演説後、オバマは沢山の牛馬が放牧されているインディアン居留地を見学し、興味を示している格好をするため、牛馬にもっと近づいても構わないかと、インディアンの酋長に聞いた。「もちろんですとも、でもホヤに足を突っ込まないように気をつけて下さいね」と酋長は言った。

●“Hoya”はインディアンの言葉で「糞!」という意味だったのですね。


4242. You should have ordered that instead

Getting married is very much like going to a restaurant with friends. You order what you want, but when you see what the other person has, you wish you should have ordered that instead.

4242. 別のものを頼めばよかった

結婚するということは、友人達とレストランに行くことと似ている。あなたは自分が望んだものを注文するが、他の人が注文するのを見てから、別のものを頼めばよかったと思うからだ。


4243.Plenty of dresses

A Norwegian businessman Ole comes home unexpectedly at 4:00 in the afternoon when he finds his wife Lena is laying naked on the bed. Ole says, “Lena, what are you lying there naked on the bed?" Lena replies, "Ole, I have nothing to wear." Ole says, "What do you mean by having nothing to wear? You have a plenty of dresses in your closet." Ole opens the closet door and counts her dresses. “"See, here's one dress, another dress, another dress, oh, hello Sven, another dress, and another dress. Aren’t they enough?"

4243. 沢山の洋服

ノルウエー人のビジネスマンであるオレが、ある日午後4時にふいに帰宅した。妻のレナがベッドに素っ裸で横たわっていたので、「レナ、何故素っ裸でベッドに横たわっているんだ?」と尋ねた。妻は「着る物がないからよ」と答えたので、オレは「着る物がないって、どういういうことだ?君は洋服箪笥に沢山の洋服をしまってあるじゃないか」と言って、洋服箪笥を開けて、彼女の洋服を数えだした。「ほら、この服、この服、この服、やぁ、スベン、それにこの服、そしてこの服。着る服は充分あるじゃないか」


4244. Earthquake

A major earthquake, measuring 9.1 on the Richter scale hit New Zealand. The country is devastated with 350,000 New Zealanders missing, and over 400,000 injured. The country is totally ruined and the government is so overwhelmed that it has issued a worldwide appeal for assistance. Sure enough, other nations have been quick to respond to the disaster.
Britain is flying in rescue workers and sniffer dogs to help locate trapped victims. The U.S.A. is flying in food supplies and aid money. France is flying in doctors, nurses and first aid units. Japan is flying in high tech communications equipment. Germany is flying in special trained police squads to help restore order. Russia is flying in tents and warm clothing. Australia is flying in 350,000 replacement Kiwis.

4244. 地震

震度9.1の大震災がニュージーランドを襲い、35万人の行方不明者と40万人の負傷者を出したニュージーランドは廃墟となった。途方に暮れた政府は世界各国に救援依頼し、もちろん各国は直ぐに救助の手を差し伸べた。イギリスは瓦礫に取り残された生存者を救うための救助隊と救助犬を送り、アメリカは救援食糧と救援金を送った。フランスは医者と看護婦と救急医療品を送り、日本は最新鋭の通信設備を送った。ドイツは訓練された特別警察を派遣して現地での治安回復に協力し、ロシアはテントや暖かい衣類を送った。(隣国である)オーストラリアは、同国内に移住して住んでいた35万人のニュージーランド人を、行方不明者分の労働力として送り返した。


4245.Brain 

Left brain has nothing right in it and right brain has nothing left in it.

4245. 脳

左脳(left brain)はその中に何も正しい(right)物が入っておらず、右脳(right brain)には、何も残って(left)いない。


4246. Blue ping pong balls

One day, a teacher walks into her classroom and announces to the class that on each Friday, she will ask a question to the class and anyone who answers correctly doesn't have to go to school the following Monday. On the first Friday, the teacher asks, "How many grains of sand are on the beach?" Needless to say, no one could answer. The following Friday, the teacher asks the class, "How many stars are in the sky?" and again no one could answer. Frustrated, Little Johnny decides that the following Friday, he would somehow answer the question and get a three day weekend. So Thursday night, Johnny takes two ping-pong balls and paints them blue. The next day, he brings them to school in a paper bag. At the end of the day, just when the teacher says "Here's this week's question," Johnny empties the bag to the floor sending the ping-pong balls rolling to the front of the room. The teacher asks, "What's this?" Little Johnny stands up and says, "Two blue ping-pong balls, see you on Tuesday!"

4246. 青いピンポン球

ある日学校の先生が教室に入るなり、「これから毎週金曜日にクラス全員に、質問をします。その質問に正しく答えられた生徒は、ご褒美として翌日の月曜日もお休みにしましょう」と言った。最初の金曜日「海岸の砂浜にある砂の数はいくつですか?」と先生は質問した。当然のことながら誰も答えることは出来なかった。その次の金曜日、先生は「空にある星の数はいくつですか?」と聞いたが、もちらん誰も答えられなかった。イライラしたチビのジョニーは、次の金曜日は何とかして質問に答えて、三日連続で休めるようにしようと、心に誓った。そこで木曜日夜ジョニーは二つのピンポン球を青く塗り、翌日そのピンポン球を紙袋に入れて、学校に持ち込んだ。その日授業の最後に先生が「それでは今週の問題です」と言った瞬間を捉えて、ジョニーは紙袋の中味を外に出したので、ピンポン球はコロコロと教室の廊下を転がった。先生が「これは何ですか?」と言うやいなや、ジョニーは立ち上がって答えた。「二個の青いピンポン球です。それでは来週の火曜日にお会いしましょう」


4247. Birthday 

(1). What goes up and never comes down? Your age.
(2). What do George Washington, Abraham Lincoln, and Martin Luther King all have in common? They were all born on National holidays.
(3). What did the bald man say when he got a comb for his birthday? Thanks. I'll never part with it!

4247. 誕生日

(1).上がりっぱなしで、決して下がらないものは? あなたの年齢
(2).ジョージワシントン、アブラハムリンカーン、マーティンルーサーキングに共通することは?すべて国民の祝日に生まれている。
(3).禿頭の男が誕生日プレゼントに櫛をもらって、何と言ったでしょうか。「ありがとう、一生これを手放さないよ」

●(2)はこれらの人々の偉大な業績を記念して、彼等の誕生日がアメリカ国民の祝日になったわけです。また(3)のnever part with itは「手放さない」という意味ですが、もらった男は禿頭ですから、この櫛を使ってpart(髪の毛を分ける)ことは決してできないよ、という意味にも取れます。


4248. Six-pack of beer

Steve, Bob, and Jeff were working on a very high scaffolding one day when suddenly, Steve fell off and is killed instantly. After the ambulance left with Steve's body, Bob and Jeff realized that one of them have to tell Steve's wife. Bob said he's good at this sort of sensitive stuff, so he volunteered to do the job. After two hours he returned, carrying a six-pack of beer. "So did you tell her?" asked Jeff. "Yes", replied Bob. "Say, where did you get the six-pack?" "She gave it to me!" "What?" exclaimed Jeff, "You just told her Steve had died and she gave you a six-pack?" "Yes, she did," Bob said. "Why?" asked Jeff. "Well," Bob continued, "when she answered the door, I asked her, 'are you Steve's widow?’ 'Widow?' she said, 'no, no, you're mistaken, I'm not a widow!' So I said, 'I’ll bet you a six-pack you ARE!'”

4248. 6本の缶ビールパック

スティーブ、ボブ、ジェフは建設現場の高い足場で一緒に働いていたが、ある日スティーブが足を踏み外して落下し、即死してしまった。救急車がスティーブの遺体を現場から運び去った時、ボブとジェフはどちらか一人が、スティーブの妻にこのことを告げねばならないことに気付いた。ボブは、自分はこういったやっかいな問題に対処するのは得意だから、まかせてくれと自ら志願して、スティーブの家に向かった。2時間後に彼は6本の缶ビールパックを手に抱えて戻ってきた。「奥さんに事故死のことを告げたか?」とジェフに聞かれたボブは、「もちろん」と答えた。「その6本の缶ビールパックは、どこで手に入れたんだ?」とジェフに聞かれて、ボブは「スティーブの奥さんにもらったんだ」と言った。「何だって?君がスティーブは死んだと奴の奥さんに告げたら、彼女は缶ビールをくれたというのかね?」とジェフは目を見開いた。「あぁ、そうさ」とボブが言うと、「何故だ?」とジェフは問いつめた。「実はね、彼女が玄関のドアを開けて出てきた時、僕は彼女に『スティーブの未亡人ですね?』と言ったんだ。『未亡人ですって?何か勘違いされていません?私は未亡人じゃありませんよ』と、奴の奥さんが言うので、僕は『あなたが未亡人かどうか、6本の缶ビールパックを賭けませんか?』と、僕は言ったんだ。そういうことなのさ」


4249. Three baby cows

One day, a mama cow and her three baby cows were out grazing in the field. The first baby cow comes up to the mama cow and says, "Mama, why is my name Daisy?" The mama cow says, "Well sweetie, when you were born, a daisy fell on your head." And the first baby cow walked off, satisfied. The second baby cow came up to the mama and said, "Mama, why is my name Tulip?" "Well, honey, when you were born a tulip fell on your head." The baby cow was happy with that answer and continued grazing. Then the third baby cow came up to the mama cow and said, "GLUPHABYPOGHHH!!!" And the mama cow said, "SHUT UP BRICK!!!"

4249. 三匹の子牛

ある日母牛が三匹の子牛を連れて、牧場で草をはんでいた。一匹目の子牛が母牛に「ママ、なぜ私の名前をデイジーと付けたの?」と聞くと、母牛は「それはね、あなたが生まれた時、ヒナゲシ(デイジー)が、あなたの頭の上に落ちてきたからよ」と答えた。一匹目の子牛は満足してその場から歩いて行った。二匹目の子牛が母牛に「ママ、なぜ私の名前をチューリップと付けたの?」と聞くと、母牛は「それはね、あなたが生まれた時、チューリップが、あなたの頭の上に落ちてきたからよ」と答えた。二匹目の子牛は嬉しそうにその場で草をはみ続けた。三匹目の子牛が母牛に"GLUPHABYPOGHHH!!!"と話しかけると、母牛は「うるさいね!お黙り、レンガ!」と言った。

●三匹目の子牛が生まれた時レンガが頭の上に落ちてきたため、この牛は言葉が喋れなくなってしまったのです。


4250. Sea

Girl: You remind me of the sea.
Boy: Because I'm wild, unpredictable and romantic?
Girl: No, because you make me sick.

4250. 海

女の子:あなたは私に海を思い出させるわ。
男の子:僕が野性的で、予想がつかない行動をして、ロマンチックだからだろう?
女の子:違うの、あなたと居ると船酔いみたいに気分が悪くなるの。


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)