Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)


Jokes:4271-4280

4271. Canine agent

One day Max sees a sign in front of a house, "Talking Dog for Sale." He’s curious so he rings the bell. The owner tells Max the dog’s name is Cindy. He takes Max into the back garden where a cocker spaniel is just sitting there. "Do you really talk?" Max asks Cindy. "Yes, of course I do," Cindy replies. "So can you tell me about yourself?" Cindy looks up at Max and says, "I discovered this special gift of speech when I was young and as I’ve always wanted to help my country, I told MI5 about it. They had sent me to all over the world, sitting in rooms not only with royalties and world leaders but also with spies. No one figured a dog could be eavesdropping, so I was their most valuable spy. But jetting around really tired me out. I wasn't getting any younger and I wanted to settle down. So I resigned and signed up for a job at Heathrow airport to do some undercover security work, mostly wandering near suspicious people and listening in to their conversations. As a result, I uncovered some incredible plots and deals and received seven doggie awards. I had a husband and many puppies. Now, I'm retired." Max is amazed and asks the owner how much he wants for Cindy. The owner says, "$20." Max says, "This dog is amazing. Why on earth are you selling this dog so cheap?" The owner replies, "Because Cindy is a liar - she didn't do any of the things she told you."

4271. 犬の諜報部員

ある日マックスが、「人間の言葉を喋る犬をお売りします」という看板が掛かった家の前を通りかかり、興味を覚えたのでその家のドアベルを押した。出てきた家の主人がその犬の名前はシンディというのだとマックスに教え、彼を裏庭に案内した。そこには一匹のコッカスパニエルが座っていた。「君は本当に喋れるの?」とマックスが聞くと、「もちろん喋れますよ」とシンディが答えた。「じゃ、君自身について話してくれないか?」と言われたシンディはマックスを見つめてから語り出した。「私は若い頃、スパニエル犬としての特別な才能に気付きました。私は国家の役に立ちたいと常に思っていましたから、英国諜報部(MI6)にその旨を伝えました。MI6は私を世界各国に派遣し、皇族や指導者達の部屋や、時にはスパイが居る部屋の中に、ちょこんと私を座らせました。まさか犬が盗み聞きするなんて誰も思いませんからね。だから私は、最も有能なスパイとして活躍したのです。しかしジェット機で世界各国を飛び回る毎日に疲れた私は、少し落ち着きたいと思いMI6を辞めて、ヒースロー空港の秘密警備安全員として働くことにしました。そこでは不審人物の横を歩き、彼等の会話を盗み聞き、その結果信じられないような犯罪や、怪しい取引を暴き、その結果優秀警備犬として、7回も表彰されました。私には夫と沢山の子供がいますが、現在は仕事を引退しました」マックスは、この話を聞いてびっくりして、持ち主にシンディをいくらで売るつもりか、と尋ねた。「20ドルだね」と持ち主が答えたので、「この犬は信じられない能力を持っているのに、なぜそんな安い値段で売りに出すのだね?」とマックスは聞いた。「なぜって、シンディはひどい嘘つきだからだよ。こいつがあんたに喋ったことなんて、ひとつもやったことがないんだぜ」と持ち主は答えた。


4272. Cape Town

A travel agent got a call from a female Kansas Congressman's who wanted to go to Cape Town. When he started to explain the length of the flight and the passport information, she interrupted him with, ''I'm not trying to make you look stupid, but Cape Town is in Massachusetts.'' Without trying to make her look stupid, he calmly explained, ''Cape Cod is in Massachusetts, but Cape Town is in Africa.'' The congressman’s response -- click.

4272. ケープタウン

旅行業者が、カンサス州の女性下院議員からケープタウンに行きたいという電話を受け取った。彼が飛行時間の長さやパスポートについて説明を始めると、下院議員は彼の話を遮って「あなたのことを無知とは思わないけど、ケープタウンってマサチューセッツ州にあるのよ」と言った。彼女に恥を欠かせないため、旅行業者は「マサチューセッツ州にあるのはケープコッドで、ケープタウンがあるのはアフリカです」と静かに言うと、彼女は突然電話をガチャリと切った。


4273. Off-the-shelf gifts

Walking along the beach, John tripped over a half-buried lantern and he rubbed its side. Sure enough, a Genie appeared. "Sorry, but due to my poor ability, I can't grant your wishes," explained the Genie. "But I'll give you three off-the-shelf gifts for releasing me instead. They are a potion to cure ill health, a very large diamond, and a dinner date with a famous movie star. By tomorrow afternoon, you will have received all these gifts." When John returned home from work the next evening, he excitedly asked his mother if anything had been delivered. "Yes," she replied. "It's been an unusual day. At 2 pm, a 55 gallon drum of chicken soup arrived. About a half-hour later, a telegram came, saying that a long-lost relative had left you a minor-league baseball stadium. Ten minutes ago, MGM called, inviting you to dinner with Lassie tonight."

4273. 在庫品の贈り物

海辺を歩いていたジョンは、半分砂に埋まったランプに蹴つまずき、それを拾い上げて擦ると思った通りランプの精が現れた。「申し訳ないが、私はそれ程能力があるランプの精ではないので、あなたの望むことを叶えることは出来ない」と語り、「しかし、閉じこめられたランプの中から救ってくれたお礼として、替わりに三点セットになった在庫品の贈り物を差し上げよう。その三点とは病気を治す滋養物と、非常に大きなダイアモンド、そして有名な映画スターとデートして食事をすることだ。明日の午後にこれらの贈り物全てが届くことになろう」と、ランプの精は告げた。翌日の晩ジョンは仕事から家に戻ると、母親に何か自分宛に物が届いていないかと尋ねた。「えぇ、今日はおかしな日だったわ。午後2時頃55ガロンのドラム缶に入った鶏スープが届いたの。それから一時間半後には『長い間行き来がなかった親戚の一人が、ジョン宛に野球のマイナーリーグチーム球場を遺贈した』という電報が来たわ。10分程前に映画会社のMGMから、あなたを名犬ラッシーと一緒の食事会に招待するという電話が有ったのよ」

●病気を治す滋養物とは鶏のスープ、大きなダイアモンドとは野球場の内野ベース(ダイアモンド)、そしてデートして食事をする有名な映画スターとは女優ではなく、犬だったのです。


4274. Retirees

Q: How many retirees does it to change a light bulb?
A: Only one, but it might take all day.

4274. 退職者

Q:一個の電球を替えるのに、何人の退職者が必要か?
A:一人で充分だが、取り替えるのに一日かかるだろう。


4275. Mad cow disease

A female reporter was conducting an interview with a farmer about Mad Cow Disease. "Mr. Brown, do you have any idea what might be the cause of the disease?" "Sure. Do you know the bulls only screw the cows once a year?" "Umm, sir, that is a new piece of information, but what's the relationship between this and Mad Cow?" "And did you know we milk the cows twice a day?" Mr. Brown, that's interesting, but, what's the point?" "Lady, the point is this: if I'm playing with your tits twice a day, but only screwing you once a year, wouldn't you go mad, too?"

4275. 狂牛病

女性のレポーターが狂牛病に関して、酪農家にインタビューをしていた。「ブラウンさん、狂牛病の原因について何かお考えがありますか?」「もちろんさ。あんたは雄牛が雌牛と年に一度しか交配出来ないということを、知っているかね?」と言われたレポーターは、「えぇっと、それは初めて知りましたがそれが、何かこの狂牛病と関連が有るのでしょうか?」と聞き返した。「それから、雌牛達は一日に二度搾乳される、ということを知っているかね?」とブラウン氏が言ったので、「ブラウンさん、それは興味深いことですが、話の要点はどういうことですか?」と、女性レポーターは聴いた。「お嬢さん、要点とはね、もしあんたが毎日二回ずつオッパイを私にいじられるのに、一年に一回しかセックスをさせてもらえないとしたら、あんた気がおかしくならないかい、ということさ」


4276. Psalm

Abe is in New York on business. On his 3rd night, he goes back to his hotel room feeling quite miserable. Although his business goes well, he’s feeling very lonely - he’s missing his wife. He casually picks up the Bible from his bedside table and opens it. On the first page, he finds hand-written notes. "If you’re sick, read Psalm 18. If you’re troubled, read Psalm 45. If you’re lonely, read Psalm 92." That’s it! He stops there, immediately turns to Psalm 92 and starts to read. When he gets to the end of the Psalm, he finds someone has written: "If you’re still lonely, why don’t you call Fifi on 202-333-1234."

4276. 賛美歌

商用でニューヨークに来ていたエイブは、三日目に宿泊しているホテルに戻ると惨めな気持ちになった。仕事はうまく行っているが、妻と会えない寂しさでたまらなくなったエイブは、ベッド脇のテーブルに置かれた聖書を手にとって、一頁目をめくった。そこには手書きで次の一節が書かれていた。「病気になったら賛美歌18番を読みなさい。揉め事に巻き込まれたのなら賛美歌45番を、寂しくなったら賛美歌92番を読みなさい」これだ!と閃いたエイブは直ぐに賛美歌92番のページをめくり、92番の歌詞を読み始めた。歌詞の終わりには、誰かが次のメモを書き込んでいた。「これでもまだ寂しいようだったら、202-333-1234のフィフィまで、お電話ちょうだいね!」


4277. Three wishes

A man was strolling along the beaches area in East Toronto when he spotted a bottle floating in Lake Ontario. The bottle drifted ashore. He picked up the bottle and opened it. You guessed it, out popped a Genie. "Master, you have released me from my 1,000 year bondage in this bottle, ask any three wishes and I will grant them to you." The man thought for a moment and said, "I would like the following three things to happen this year. The Toronto Maple Leafs win the NHL finals and the Toronto Blue Jays win the World Series and The Toronto Raptors win the NBA title.” The Genie thought about this for a moment and said, "What's another thousand years?" and jumped back in the bottle. "

4277. 三つの願い

東トロントの砂浜地域を歩いていた男が、オンタリオ湖の中に瓶がぷかぷか浮いているのを見つけた。男は岸に打ち上げられた瓶を拾い上げ、蓋を開けた。ご想像通りランプの精が現れて、「ご主人様、この瓶に1,000年閉じこめられた私を救い出して下さったお礼に、望むことを三つ叶えて差し上げましょう」と言った。男は少し考えてから答えた。「次の三つのことを全て今年中に実現してほしい。ひとつはトロントメイプルリーフスが、NHL(アイスホッケーリーグ)で優勝すること、トロントブルージェイズが野球のワールドシリーズで優勝すること、そしてトロントラプターズがNBA(バスケットボールリーグ)で優勝することだ」ランプの精は暫く考えてから「もう1,000年待ちましょうか」と言うなり、自分から瓶の中に入っていってしまった。

●この男の要求したトロントのチーム三つ(アイスホッケー、野球、バスケットボール)が、それぞれの分野で優勝することは不可能ということです。


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)