Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)


Jokes:4291-4300

4291. A lone survivor

At the plane-crash site, one lone survivor sat with his back against a tree, chewing on a bone. As he tossed the bone onto a huge pile of the bones, he noticed a rescue team coming up to the site. "Thank God! I am saved," cried the survivor. Seeing the pile of human bones beside this lone survivor, the rescue team did not move in shock. Obviously he had eaten his comrades. The survivor saw the horror in their faces and hung his own head in shame. "You can't judge me for this," he insisted. "I had to survive. Is it so wrong to want to live?" The leader of the rescue team stepped forward, shaking his head in disbelief. "I won't judge you for doing what was necessary to survive, but your plane only went down yesterday!"

4291. たった一人の生存者

飛行機墜落事故でたった一人生き残った男が、地面に座って背中を木にもたれかかりながら骨をむしゃぶりついていた。その骨をポイと積み上げられた骨の山に投げ捨てた時、彼は救助隊がこちらに向かって来るのが目に止まった。「神様有難う!僕は助かった!」と男は大声で叫んだ。たった一人の生存者の横に山積みされた人骨を見た救助隊員は、ショックで動くことが出来なかった。明らかにこの男は人肉を食べていたのだ。生き残った男は救助隊員の顔に表れた恐怖の表情を見て、恥かしそうに頭をうなだれた。「こういう結果になったことで、僕を責めないでほしい。生き延びるためには仕方なかったんだ。生き延びようと努力することは間違ったことかい?」と男が主張すると、救助隊のリーダーが一歩前に進み出ると、信じられないといった素振りで首を振りながら言った。「生き延びるために必要なことをすることを責めるつもりはない。しかしこの飛行機が墜落したのは昨日の出来事だったじゃないか!」

●墜落事故からたった一日しか経っていないのに、人骨の山が出来るほど犠牲者の人肉を食べるなんて許せないということです。


4292. Pee-not more

You know that Pinot Noir is one of the oldest grape varieties to be cultivated for the purpose of making wine. It is recognized worldwide as a great wine grape and is grown in many countries in the world. Now the Recently English have developed new wine especially for elderly drinkers based on a new hybrid anti-diuretic wine grape. They are calling this wine ‘Pee-not More.’

4292. ピーノットモア

ピノワール(Pinot Noir)は、ワイン醸造用として栽培されたブドウ品種として最古のものとしてよく知られており、世界各国で栽培されている偉大な品種である。最近英国では特に高齢のワイン愛好者用に、異種交配品種による新しいワインを開発した。この品種は利尿作用を抑えるブドウ品種で作られており、彼等はこのワインをピーノットモア(Pee-not More:オシッコはもう結構)と呼んでいる。


4293. A Question that I can’t answer

Rabbi Bloom gets on a train on his way to Glasgow. As soon as he sits on the seat, a priest in the compartment talks to the rabbi, "Good morning rabbi. I have a question to ask you. Why is it that everybody thinks Jews are smarter than Gentiles?" Rabbi Bloom, who is not up for an argument, says, "I’m sorry, but I am just a simple rabbi and I’m not really able to participate in such a discussion." But the priest insists. "Look, no harm is meant rabbi, but I have a theory and I need to test it out in the form of a bet. I’ll pay you £100 if you can ask me a question that I can't answer. But if I can ask you a question that you can't answer, you must pay me £100." Rabbi Bloom replies, "But I’m a poor rabbi - I only have £10 on me." The priest hesitates but he is adamant and says, "OK, rabbi, it’s my £100 against your £10." Rabbi Bloom realizes he can't get out of this so he agrees, but on condition that he asks the first question. The priest agrees. "OK," says Rabbi Bloom, "what animal has scaly skin, the body of a cat, the face of a squirrel, the ears of a mouse, webbed toes and swims under water?" Surprised, the priest admits that he doesn't know and asks the rabbi for a few more minutes to think about it. The rabbi agrees. Four minutes later, the priest takes £100 from his wallet and gives it to the rabbi. The priest then asks the rabbi, "So what animal was it?" Rabbi Bloom replies, "How should I know?" and gives the priest £10.

4293. 私が答えられないような質問

ラビ(ユダヤ教戒律師)のブルームがグラスゴー行きの列車に乗って、席に座るやいなや同じ客車内に居たキリスト教神父が、話しかけてきた。「ラビ、お早うございます。私はあなたに一つ質問したいことがあります。なぜユダヤ人は他の民族に比べて賢いと、誰もが考えていることについてです」と言われたラビ・ブルームは、議論をしたくなかったので「申し訳ないが、私はありきたりのラビで、そういった込み入った話が出来る程の能力はありません」と答えた。しかし神父は「別にあなたに難癖をつけるということではないのです、ラビ。でも私には私なりの理論がありますので、それを『賭け』という形式であなたと戦わせて、論証してみたいのですよ。もしあなたが私に答えられない質問をぶつけてきたら、私は100ポンド支払います。でも逆に私がぶつけた質問にあなたが答えられなかったら、あなたが私に100ポンド払う、そういうルールでいかがですか?」と、しつこく迫ってきた。ラビ・ブルームは「でも、私は貧しいラビなので、今持ち金は10ポンドしか持っていないのです。」神父は一瞬たじろいだが、依然として論争開始に対しては強硬で、「わかりました、ラビ。私の掛け金は100ポンド、あなたの掛け金は10ポンドで結構です」とまで言った。ラビ・ブルームはもはやこの論争を避けられないと覚悟して、彼が最初に質問することを条件にこの賭を受けた。この申し出も神父は了承した。「OK」とラビが言うと、質問を口にした。「鱗状の皮膚を持ち、猫の身体を持って、顔はリスと同じで、耳は鼠と同じ、水かきの付いた足を持っていて、水面下を泳ぐ動物とは何か?」この質問に度肝を抜かれた神父は即答出来ず、「ちょっと考えさせてほしい」とラビに時間の猶予を申し出た。4分間考えた末に答えが見つからなかった神父は財布から100ポンドを取り出し、ラビに渡して答えを急かせた。「で、その動物というのは、一体何なのかね?」ラビ・ブルームは、「そんなの私だって知らないよ」と言うと、神父に10ポンドを渡した。

●やはりユダヤ人の方が一枚上手ですね。


4294. Cut out Wednesdays

Arnold goes to see Doctor Myers and tells him that he is feeling constantly tired and exhausted, especially after making love. "So how often do you make love, Arnold?" asks Doctor Myers. "I make love every Monday, Wednesday and Friday, doctor," he answers. "Well," says Doctor Myers, "maybe you should cut out Wednesdays." "No, that’s not really a good idea," says Arnold, "that’s the only night I’m home with my wife Ethel."

4294. 水曜日を外したら

アーノルドがマイヤー医師に「最近いつも疲れを感じており、とくにセックスの後に顕著である」と訴えた。「アーノルドさん、あなたは週に何回セックスをするんですか?」と医師に聞かれて、「毎週月、水、金曜日ですね」とアーノルドは答えた。「そういうことなら、水曜日は、セックスする日から外したらどうですか?」と、マイヤー医師が提案した。「それはあまり良いアイデアではないです」、とアーノルドが答えた。「だって水曜日は妻のエセルとセックスをする唯一の日なんですからね」

●ということは、毎週月・金曜日は妻以外の女性とセックスしているということです。


4295. Hanging basket

A teenage granddaughter comes downstairs for her date with this see-through blouse on and no bra. Her grandmother tells her not to dare go out like that! The teenager tells her, “Loosen up Grams. These are modern times. You let your rose buds show!” and out she goes. The next day the teenager comes down stairs, and the grandmother is sitting there with no top on. The teenager wants to die. She explains to her grandmother that she has friends coming over and that it is just not appropriate. The grandmother says, “Loosen up, Sweetie. If you can show off your rose buds, then I can display my hanging baskets.”

4295. 垂れ下がった花籠

十代の孫娘がデートに出かけるために、家の一階に降りて来た。彼女はシースルーのブラウスにノーブラという格好だったので、彼女の祖母はそんな格好でデートに出かけるんじゃないと注意した。十代の孫娘は「リラックスしてよ、お祖母ちゃん。今はお祖母ちゃんの時代と違うの。きれいなバラの蕾は見せびらかす価値があるのよ」と言って、外出した。翌日十代の孫娘が二階から階段を降りてくると、お祖母ちゃんが上半身丸裸で一階の部屋に座っていたので、孫娘は恥ずかしくて卒倒しそうだった。「お祖母ちゃん、私の友達がここにやって来るのよ。その格好はいただけないわ」と孫娘に言われた祖母は、「リラックスしなさいよ。あんたがきれいなバラの蕾は見せびらかせるんだから、私は垂れ下がったバラの花籠を見せてあげようと思っているんだよ」


4296. Cancel my recent order

Moshe’s clothing business was struggling and he was very dismayed to receive this letter from his supplier.
Dear Moshe,
We regret that we won’t be able to fill your recent order for 3,000 men’s dark brown suits until full payment has been received for your last order. Please advise.

Moshe wrote back.
Dear supplier,
Please cancel my recent order for 3,000 men’s dark brown suits. I cannot wait that long.

4296. 注文取消し

モーシェの衣料商売は売れ行きが伸びず苦戦していたので、商品納入業者から以下の手紙を受け取ったモーシェは大いにうろたえた。

モーシェ様
大変遺憾ながら、あなたが前回注文し当社が納品した商品代金を支払ってくれない限り、今回注文された濃茶色の男性用スーツ3,000着を、納品することは出来ません。この件に関してのあなた様よりご回答いただきたく存じます。

モーシェは早速返事を書いた。
納入業者様
今回の濃茶色男性用スーツ3,000着注文をキャンセルします。そんなに納品が先に延びるのでは当方も待っていられませんので。

●前回代金を払いさえすれば、すぐ濃茶色スーツは納品されるのですから、モーシェが「そんなに長く待てないのでキャンセルする」と返事をしたことは、前回代金を払うのはずっと先になる、或いは払えないということを示唆しています。


4297. Not counting the last 20 years

Ethel was divorcing her husband Morris. After two months of waiting, her case was finally being heard in Court. The judge asked Ethel, "So how old are you?" "I’m 40 years old, your Honor." The judge replied, "Please answer my question honestly. How old are you?" "I’m 40 years old, your Honor," answered Ethel again. "Well," said the judge, "you’re not being truthful. It’s written down here that you were born in August 1940 and that means you’re over 60." "But your Honor," replied Ethel, "I’m not counting the last 20 years with my husband." "Why not?" asked the judge. "You call that living?" replied Ethel.

4297. 最近の20年は勘定に入れていません

エセルは夫のモリスとの離婚を申し立て、二ヶ月後に最初の裁判が行われた。裁判長に「あなたの年齢はいくつですか?」と問われたエセルは、「40歳ですわ、裁判長閣下」と答えた。裁判長は「私の質問に正直に答えて下さい。あなたは何歳ですか?」と、同じ質問をした。、「40歳ですわ、裁判長閣下」とエセルが同じ答えをしたので、裁判長は「あなたは正直ではありませんね。手許の書類によればあなたは1940年生まれとなっていますから、あなたは現在60歳を過ぎているはずです」と言った。「でも裁判長閣下、私は最近の20年は、年に勘定していませんから」、とエセルは弁明した。「何故そのような計算をするのですか?」と裁判長に聞かれてエセルは答えた。「だって、この20年間は人生とは言えない時期だったんですもの」


4298. Herring seller

Daniel is walking downtown when he sees in the distance his old friend Victor sitting and selling herrings from a barrel outside Bank Leumi. As Daniel comes up to Victor, he is surprised to see that Victor appears to be doing good business. Daniel goes up to Victor and within seconds they are both hugging each other. Daniel asks, "So how are you getting on in London, Victor?" "I’m OK," replies Victor, "I’m making a living." "Well then," says Daniel, "maybe you could lend me £20. I’m not doing so well these days." "I’m sorry," replies Victor, "I just can’t do that. It’s not allowed." "What do you mean it’s not allowed?" asks Daniel. "Well, in order to get Bank Leumi to allow me this pitch outside their bank, I made a deal with them. They promised not to sell herring and I promised not to lend money."

4298. 鰊売り

ダニエルが下町を歩いていると、はるか前方のレウミ銀行の前で彼の旧友ビクトルが路上に座ってバケツに入れた鰊を売っている姿が目に入った。ダニエルがもっと近づくとビクトルの商売は結構繁盛しているようなので、おどろいた。ダニエルはビクトルに歩み寄り、数秒後に二人はお互いに抱き合って再会を喜んだ。ダニエルが「ビクトル、元気か?君はロンドンで何をしているんだ?」と尋ねると、「あぁ、元気さ。この商売で暮らしていけるしね」と、ビクトルが答えた。「そういうことなら、僕に20ポンドを貸すぐらいは何でもないだろ?実は僕は最近金回りが悪くてね」とダニエルが頼むと、「悪いが、それは出来ないな。そういうことは許されないんだよ」と、ビクトルが答えた。「許されない、ってどういう意味なんだ?」とダニエルに聞かれて、ビクトルはこう答えた。「実はレウミ銀行が、店舗の前で僕の露店営業を許可してもらう時に、お互いの商売の邪魔をしないという約束を取り交わしたんだ。銀行では鰊を売らないし、僕は人にお金を貸さないって」


4299. Break off the engagement

The time comes for Monty to break the news to his fiancee Leah. "Darling," he says, "I have some bad news. I’m breaking off our engagement." "Oh why?" she sobs. "Because, I’m going to marry another woman." "Why? Can she cook better than me?" sobs Leah. "No, not even on her best days," Monty replies. "And will she buy you expensive presents like I always do? Will she take you on holidays and pay for the trips as I do?" "No, she can’t - she's not rich like you, she’s very poor." "Well then," sobs Leah, "is it the sex? Has she done things to you better than I’ve done?" "Absolutely no," replies Monty, "nobody makes love better than you." "Then what on earth can she do that I can't?" Leah asks. "If I don’t marry her, she will definitely sue me for child support," replies Monty.

4299. 婚約解消

モンティが婚約者のレアへ、婚約破棄の知らせを伝える時が来た。「ダーリン、悪い知らせがある」と、彼は語り始めた。モンティから「僕達の婚約を解消したいと思う」と突然言われたレアは「なぜなの?」とすすり泣きだした。「実は僕は別の女性と結婚することになったんだ」と言われて、レアは「なぜ?彼女の方が私より料理が上手だから?」と泣きながら尋ねた。「違う。彼女が一番上手に作った料理でも、君の足下にも及ばないよ」とモンティが答えたので、「じゃ、彼女は私みたいに高価なプレゼントをあなたに買ってくれるから?」との質問へは、「いや、彼女はとても貧乏で君みたいに金持ちでないので、そんなプレゼントは買えない」とモンティは答えた。「それならなぜ?セックスが理由?彼女の方が私よりもセックスは相性がいいというの?」と、涙にくれたレアが詰問する。「それは全く違う。君みたいにセックスが上手な女性はいないよ」と答えるモンティへ、「もし僕が彼女と結婚しなかっったら、彼女は身籠もっている子供の認知と養育費用を求めて僕を訴える。そのことが君との違いさ」


4300. Clever answer

An experienced traffic policeman got out of his car and walked over to the youngster he had just stopped for speeding. He asked the youngster to wind down his window and said, "I've been waiting for you all day." The youngster replied, "Yes, I know, officer, I got here as fast as I could." When the policeman finally stopped laughing, he sent the youngster on his way without a ticket.

4300. 賢い答え

経験を積んだ交通警官がパトロールカーから出ると、スピード違反で停車させた若者の車に歩いて近づいた。警官は若者に車の窓を開けるように言って、「俺は君が来るのを一日中待っていたんだぜ」と言った。若者は「わかってますよ、お巡りさん。だから僕は少しでも早く到着するよう目一杯スピードを出して来たんですよ」と答えた。警官はこの答えに大笑いして、笑いが治まるとこの若者に「いいから行きな」と、交通違反切符を切らずに見逃してやった。


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)