Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)


Jokes:4321-4330

4321.You may be a bad driver

1.You have a reserved parking space with your name on it -- at traffic court.
2.You spend much amount of time scraping hair and bone out of your front grille.
3.You get more unwanted traffic tickets than your friends and relatives have so far had.
4.You see more middle fingers than a manicurist.
5.The highway patrol cops in your state have memorized your date of birth, social security number, home address, license plate number.
6.Every time your cell phone rings while you're putting on makeup, you spill your tea, drop your Game Boy and rear-end the car in front of you on the freeway.

4321. あなたの車の運転は乱暴なんでしょうね

1.あなたは交通裁判所の駐車場に、自分の名前が入った専用駐車スペースを持っている。
●年がら年中交通裁判所に出頭しなければならないからですね。

2.あなたは自分の車のフロントガラスについた髪の毛と骨を、削ぎ落とすのにかなりの時間を使っている。
●一体車で何人はねているんでしょうか・・・

3.あなたの友人や親戚が今までに切られた交通違反切符より、あなた一人が切られた交通違反切符の方が多い。
●かなりの枚数の、交通違反切符を切られていることがわかります。

4.あなたはマニキュア美容師よりも、もっと多くの中指を見ている。
●中指を立てる仕草は "Fuck You!"(こん畜生!)の意味ですから、あなたの運転には皆、迷惑をしているのです。

5.州の高速道路交通取締警官達は、あなたの生年月日、社会保険証番号、現住所、免許証番号を記憶している。 ●常習違反者なので、警官はあなたの資料をそらんじているのです。

6.(車を運転しながら)化粧の最中に携帯電話が鳴る度に、あなたはお茶をこぼし、手にしたゲームボーイを落とし、あなたの車を前方を走っている車の後部に突っ込ませる。
●化粧をして、お茶を飲んで、ゲームボーイで遊びながら、ハンドルを握って車を運転することが出来るんでしょうか?


4322. Eating whales

An American criticized a Japanese for the Japanese dietary habit of eating whales. "We should never allow you to eat whales, because they are highly intellectual and sensitive. On top of that, they are cute and charming. You shouldn't eat that kind of mammal." The Japanese nods and replies to him. "I see. Then we should eat Americans instead."

4322. 鯨肉を食べる

アメリカ人が鯨肉を食する日本人の食生活を批判した。「鯨肉は食べるべきではない。鯨は高度な知性と感性を持っており、第一可愛い生き物じゃないか。こういう哺乳類を食べるなんてもってのほかだ!」日本人が頷きながら言った。「わかった、そういうことなら代わりにアメリカ人を食べることにしよう」

●そこまで言うのなら、知性と感性がなく可愛くない哺乳類であるアメリカ人を、鯨の代わりに食べてやるぞ、という日本人の皮肉です。


4323. Intelligence

A little boy went up to his father and asked, "Dad, where did my intelligence come from?" The father replied, "'Well, son, you must have got it from your mother, because I still have mine."

4323. 知性

少年が父親に尋ねた。「パパ、僕の知性はどこからもらったの?」父親が答える。「息子や、それはお前の母親からに違いない。なぜなら私は今でも知性を持っているからな」

●母親は産んだ息子に自分の知性を取られてしまったのだ、と言っています。


4324. I’ll never stand in line again

"Well," snarled the tough old sergeant to the bewildered private. "I suppose after you get discharged from the Army, you'll just be waiting for me to die so you can come and spit on my grave." "Not me, Serge!" the private replied. "Once I get out of the Army, I'll never stand in line again!"

4324. 列に並ぶことなどしません

古参で頑固な鬼軍曹が、当惑顔の新兵に吠えるような声で叫んだ。「いいか、お前は除隊したら、俺が戦死したという知らせをいずれ聞くことになるだろう。その時は俺の墓に唾をかけたって構わんぞ!」「軍曹、私はそんなことしません」と、その新兵は答えた。「私は軍隊を離れたら、列に並ぶことなどしませんよ」

●この鬼軍曹は、それほど新兵達に嫌われているということです。


4325. Haunting for 300 years

A man bought a big old house and in the middle of the night, he met a ghost. The ghost said, "I have been haunting these corridors for 300 years." The man said, "In that case, can you tell me the way to the toilet?"

4325. 300年間彷徨っている

ある男が古い大きな家を買った。ある日の真夜中彼は幽霊と出会った。幽霊が「私はこの廊下を300年間彷徨っている」と言ったので、彼は「それなら、トイレがどこにあるか案内してくれないか?」と聞いたそうです。


4326. Medicare coverage

The phone rings and the lady of the house answers, "Hello, Mrs. Sanders, please." "Speaking." "Mrs. Sanders, this is Doctor Jones at Saint Agnes Laboratory. When your husband's doctor sent his biopsy to our lab last week, a biopsy from another Mr. Sanders arrived as well. We are now uncertain which one belongs to your husband. Frankly, either way the results are not too good." "What do you mean?" Mrs. Sanders asks nervously. "Well, one of the specimens tested positive for Alzheimer's and the other one tested positive for HIV. We can't tell which is which."  "That's dreadful! Can you do the test again?" questioned Mrs. Sanders.  "Normally we can, but Medicare will only pay for these expensive tests one  time." "Well, what am I supposed to do now?"' "The folks at Medicare recommend that you drop your husband off somewhere in the middle of town. If he finds his way home, don't sleep with him."

4326. 医療保険で支払われる範囲

家に鳴り響いた電話を取ると「サンダース夫人をお願いします」という声が聞こえたので、「私ですが」と、その家の主婦は答えた。「サンダース夫人、私は聖アグニー研究所のジョーンズ医師です。先週あなたのご主人が検査のために生体検査用の組織を、当研究所に送られたのですが、同じ日に別のサンダース氏からも同様な生体検査用の組織が届いたのです。その結果どちらの検査見本が、どっちのサンダース氏のものか、わからなくなってしまったのです。正直申し上げて、どちらの組織標本も検査結果はあまり好ましくないものでした」と、ジョーンズ医師が語った。「どういう意味なのでしょうか?」とサンダース夫人は不安な気持ちで尋ねた。「一つの標本からは、アルツハイマー病の兆候が発見されました。そしてもう一つの標本からはエイズ感染が発見されました。問題はどちらがあなたのご主人のものであるか、わからない点です」と言われて、サンダース夫人は「それはひどい話じゃないですか。もう一度生体検査をやり直せないのですか?」と質問した。「当然それは可能ですが、この高額検査が医療保険で支払われるのは一回限りなのです」と医師は答えた。「では、どうすれば良いと仰るんですか?」と夫人が尋ねると、「医療保険担当者が勧める方法とは、あなたがご主人をどこか町の真ん中までへ車で運び、そこでご主人を下車させるというものです」と、医者が説明を続ける。「そうしてご主人がちゃんと家に戻れたなら、あなたは以降ご主人とベッドを共にしないことですね」

●家まで一人で戻れるということはアルツハイマー病ではないので、残った可能性としては、彼女の夫はエイズ感染者であることになります。


4327. Twin children

How can a Polish father tell his twin children apart? The boy is taller than the girl.

4327. 双子

ポーランド人の父親はどうやって双子の子供を区別しますか?男の子の方が女の子より背が高いので区別出来ます。

●男女ならば、別に背の高さを比べなくても区別できますよね。(笑)


4328. The newspaper under the front tire of the car

A parents had just given their teenage daughter family-car privileges. On Saturday night she went to a party and returned home early next morning. On Sunday morning her father went out to the driveway to get the newspaper and came back into the house frowning. After 11:30, the girl sleepily walked into the kitchen, and her father asked her, "Sweetheart, what time did you get in last night?" "Not too late, Dad." she replied nervously. Dead-panned, her father said, "Then I'll have to talk with the paperboy why he put the newspaper under the front tire of the car."

4328. 自動車の前輪の下に置かれた朝刊

十代の娘に両親は家族の自家用車を使ってもよい、という特権を与えた。土曜日夜娘はパーティに出かけて、翌朝早く家に戻った。日曜日の朝早く、娘の父ガレージに通じている家の中の道を歩き、朝刊を取って家に戻るとその眉間にはしわがよっていた。日曜日の朝11時30分になると娘は寝ぼけ眼で起きてくると、台所にやってきた。そこに居た父親が「娘や、昨晩何時に帰宅したのかね?」と彼女に尋ねたので、「そんなに遅くはなかったわよ、パパ」と娘は少し神経質そうな表情で答えた。すると表情を変えずに父親は言った。「それなら、私が新聞配達少年に、なぜ今朝の朝刊は自家用車の前輪の下に置かれていたか聞かねばならんな」

●朝早く家の中の道に放り込まれた朝刊の上に、朝帰りした娘が自家用車を駐車したから、朝刊は前輪の下に挟まれていたのです。つまり娘が帰宅したのは朝刊が配達された後の時間帯だった、ということです。


4329. The Smiling Jew

A well-known Anti-Semite walks into a bar and is about to order a drink when he sees a guy wearing a traditional Jewish cap and a prayer shawl.
"Drinks for everyone in here, bartender, but not for that Jew over there!" he shouts over to the bartender loudly so that everyone can hear. Soon after the drinks have been handed out, he notices that the Jewish guy is smiling and waving to him and says "Thank You" in an equally loud voice so that everyone can hear. This infuriates the Anti-Semite and in a loud voice, he once again orders drinks for everyone except the Jew. But this does not seem to worry the Jewish guy who continues to smile at him, and says, "Thank you, again." So the guy asks the bartender, "What's the hell is the matter with that Jew? I've ordered two rounds of drinks for everyone in the bar except for him, but all that silly bugger does is to smile and thank me in such a loud voice. Is he crazy?" "Nope," replies the bartender, "He owns this place."

4329. 微笑むユダヤ人

ユダヤ人嫌いで有名な男が、バーに歩いて入って来た。飲物を注文しようとしたら、彼のそばに伝統的なユダヤ帽と、ユダヤ教の祈りにつかうショールを着けた男が居ることに気付いた。ユダヤ人嫌いな男は「バーテンダー、ここにいる全員に俺のおごりで飲ませてやってくれ。だがあそこに居るユダヤ人だけは別だぞ」、と誰でも聞こえるような大声でバーテンダーに叫んだ。酒がユダヤ人を除いた客全員に配られると、そのユダヤ人はこの男に向かって笑顔で「どうも有難う!」と、これまた誰でも聞こえるような大声で男に叫んだ。このひと言で頭に血が上ったユダヤ人嫌いな男は、もう一度ユダヤ人以外の客全員にもう一杯酒をおごるようにと、再び大声でバーテンダーに命じた。しかしそれでもユダヤ人は気にせず、微笑みをこの男に向けつつ「重ねてどうも有難う!」と大声で叫んだ。男はバーテンダーに、「一体全体、あのユダヤ人は何を考えているんだ?俺は店の客全員に無料で二杯酒をおごったけど、あいつにはやらなかったんだぜ?それなのにあの馬鹿野郎はニコニコ笑いながら、俺に『どうも有難う』って言うんだ。あいつは気違いか?」と行った。「違いますよ」とバーテンダーが答えた。「あの人はこの店のオーナーなんですよ」


 4330. Phantomweight

Which weight class does a ghost boxer belong to? A phantomweight.

4330. ファントム級

幽霊のボクサーはどの重量クラスで出場するか? ファントム級。

●ボクシングのバンタム(bantam)級を、亡霊(phantom)級と言い換えているのです。


Kaz's BOOK STOREへ 英語のジョーク表紙へ
Mail Kaz for Other Jokes Archives(旧作一覧)