*  

ダリオッシュ(Darioush)

2015/03/30


 ダリウスII2008年ラベル  オーナーご夫妻

●生産地:アメリカ・カリフォルニア州 ナパバレー

●ブドウ:シグネイチュアビオニエ(ビオニエ100%)
シグネイチュアピノノワール(ピノノワール100%)
シグネイチュアカベルネソービニオン(カベルネソービニオン100%)
ダリウスII(カベルネソービニオン100%)
シグネイチュアシャルドネ(シャルドネ100%)
シャーパーレイトハーベスト(セミヨン81%、ソービニオンブラン19% )

●日本での販売価格:\8,000〜\40,000
  Mr. Khaledi Darioush (Left) & Mrs. Shahpar Darioush (Right)


  1.ダリオッシュワイン

イランで生まれ育ったダリオッシュ氏は、シーア派指導者ホメイニによるパーレビ国王追放 (=イラン革命1979年)に前後して米国へ移住し、南カリフォルニアでスーパーマーケット事業を順調に拡大し、1997年に念願の夢だったワインビジネスに進出します。プレミアムワインを造るために、土壌・気候などを綿密に調査して取得した畑(95エーカー)にカベルネソービニオン、メルロー、シラーズ、ピノノワール(以上赤ブドウ)、シャルドネ、ビオニエ、ソービニオンブラン、セミヨンと(以上白ブドウ)、メジャーな品種はほぼ栽培して自社畑から採れたブドウのみを使って、丁寧にワインを造っています。2004年に完成したペルシャ宮殿のようなワイナリー・ゲストルームでは、連日訪れた客にワインをテイスティングサービスしているそうです。ペルシャ絨毯やアラビアンナイトを連想させるようなワインラベルも独特です。ダリウス氏はクラッシック音楽に対する造詣も深く、スポンサーとして今回(2015年3月)日本公演するロサンジェルス・フィルハーモニックをサポートするため、ご夫妻で来日しました。

2.Wine & Dine

オーナー夫妻の来日を記念しダリオッシュワインの代表的銘柄を味わうため、インポーター(ダリオッシュワインの輸入業者)である、デプトプランニング社が限定40名の特別ディナーを、東京・京橋にある老舗フレンチレストラン「シェ・イノ(Chez Inno)」で開催しました。スタートは通常スパークリングワインですが、いきなりビオニエという変化球で来たのは驚きました。キンカンのようなさわやかな酸と甘い桃の香りがするフルーティなワインで、甘い栗ソースとトリフの香りとマッチしていました。続いて赤のピノノワールを出してから、白のシャルドネを出すという順番もかなり凝った演出で、シルキーで上品なピノノワールはフォアグラに、そして舌平目には樽香がしっかりついてミネラルが強いシャルドネがピッタリ合いました。この変則ワイン投法にもビクともしないで打ち返す料理の腕は、さすがシェ・イノの古賀シェフです。

シェ・イノ定番の「仔羊パイ包み焼き・マリアカラス風」には、当然カベルネソービニオンです。どちらも2011年物ですが、もちろんシグネイチュアでも充分美味しいのですが、やはりフラッグシップワインであるダリウスII(=ペルシャの伝説大王名)の飛び抜けてリッチなテクスチュアと、余韻の長さには圧倒されました。最後のボルドータイプの甘味ワインで締めるのも、憎い演出です。黙って出されればカリフォルニア産とは思えないほどとろりとした重量感で、ソーテルヌと言っても通じそうな味わいでした。

ダリオッシュワイン勢揃い ダリオッシュワイナリー(HPより) シェ・イノでの食事風景
トリュフ栗ソースのパスタ ホワイトアスパラとオマール海老 フォアグラのソテー蕪添え
Chez Inno 当日のメニュー

Wine

・2013ダリオッシュシグネイチュア・ビオニエ

・2012ダリオッシュシグネイチュア・ピノノワール

・2013ダリオッシュシグネイチュア・シャルドネ

・2011ダリオッシュシグネイチュア・カベルネ

・2011ダリウスII カベルネソービニオン

・2008ダリオッシュシャーパーレイトハーベスト

Dine

・(アミューズ)トリュフ栗ソースのパスタ

・ホワイトアスパラとオマール海老ラビゴットソース

・フォアグラのソテー蕪添え

・舌ヒラメのブレゼ アルベールソース

・仔羊のパイ包み焼き・マリアカラス風

・グランマニエルのアイスパルフェ