英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz


2019/09/22 調布の鰻割烹「竹之家」

先月多摩川に沿って調布市多摩川5丁目近辺を歩いていた時、「鰻割烹竹之屋」【注1】の広告が目に入りました。ちょうどお昼時だったので、調布市内に向けて向きを変えると、「え、こんな所に本格的割烹店が?」と思うような立派な構えの日本家屋が、目に入りました。

          竹之屋玄関              鰻重特上

中に入ると、和服の仲居さんが一人の飛び込み客の私を、床の間を背負う8畳間個室に案内しました。おいおい、昼から料亭ムードで料金は大丈夫か?とメニューを見たら、ほっと安心ローカル価格。肝焼き一本460円、鰻重特上で4,660円という感じなので、安心してビールと神奈川の純米吟醸酒「菊勇」を頼みました。途中トイレに行った時、そこに貼られた石原裕次郎のカレンダーを見てビックリ!

え?裕ちゃんが?しかもちゃんと2019年版なので、わざわざ昨年末作ったものだとわかりました。あぁ、そうか、ここは日活撮影所【注2】のすぐ近くなんだ、と合点が行きました。仲居さんの話だと創業昭和16年の店だそうですから、日本映画華やかなりしころ(昭和30年代)、日活は石原裕次郎や吉永小百合を中心に毎月一本位の割合で邦画をリリース(封切り)していましたから、日活のスター達もきっとこの店を頻繁に利用したのでしょうね。

【注1】竹之屋(東京都調布市多摩川5-31-1)のホームページ  【注2】日活調布撮影所


英語のジョークサイト:情報

1. 銀行の窓口で順番待ちしていた一人の女性が、大騒ぎしだした。(英語のジョーク4538)

2. 医者と弁護士と不動産屋が、妻と愛人のどちらが良いかという議論になった。 (英語のジョーク4539)

3. その手には乗らない振込詐欺、お懐かしやジャッキ−チェン、など。(Kaz散歩)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です


ホームページ制作・ダックウィングス
歯科医:歯医者/山梨県甲斐市