英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz


2019/05/17 消費税導入秘話<ソウル・鮎・辻立ち>

故竹下登首相が日本で最初に消費税を導入した時の秘話を、当時取材していたジャーナリストの後藤謙次氏が明かしてくれました。【文藝春秋2019年4月号:平成31年を作った31人】要約してお伝えしましょう。

消費税導入は過去二度失敗していました。1979年大平総理【右写真】は「一般消費税導入」を提唱していましたが、同年10月に行われた総選挙に勝つため導入を断念しました。大蔵大臣だった竹下氏は将来の導入のため綿密な工程表を作り始めました。二度目のチャレンジは中曽根内閣が1987年に「売上税」法案を提出しましたが、大反発を受け廃案に追い込まれます。当時自民党幹事長だった竹下氏は廃案の時、「大型間接税に関する両院協議会を作る」という一文を残し、首の皮一枚つなげました。

1988年竹下氏が首相となった時、私は竹下氏から重要な示唆を受けました。「塚本さん(=塚本三郎民社党委員長)が6月にソウルに行く。そこで減税先行を言ったら、税制改革ゴーだわな。」竹下氏が予告した通り塚本氏はソウルで同行日本人記者団に消費税の話をしました。同時期に竹下邸に、塚本氏を民社党委員長に指名した民主党重鎮の春日一孝氏から、同氏の選挙区岐阜の長良川で穫れた鮎が届きました。二人に何らかの接触があったのかと思いましたが、それ以上深くは考えませんでした。その後、竹下氏【右写真】は7月招集の臨時国会で消費税法案を提出、国民に消費税の必要性を訴えるため、全国で辻立ちを行いました。第一回目の辻立ちは長良川に沿った岐阜グランドホテル。私は「あ、そうだったのか」と思ったのを覚えています。竹下氏が相当早い段階から春日氏経由で民主党を説得していたのです。竹下→春日(鮎)→塚本(ソウル)と、点と点が線でつながりました。辻立ち第一回目が岐阜の長良川ということは、「春日さん、感謝します!」というメッセージが込められていたのです。

しかし問題は山積みでした。国会で消費税法案が審議真っ最中昭和天皇が吐血され、またリクルート疑惑が発覚し、自民党は国会で野党に追及され宮沢喜一大蔵大臣が引責辞任するに至り、竹下氏は総理と大蔵大臣を兼ねる緊急事態になりました。そして遂に消費税法案(3%)は衆議院そして参議院本会議で12月24日クリスマスイブの日に可決成立しました。竹下氏は感慨深げに私にこう漏らしました。「天皇陛下がご病気と闘い続けて下さったお陰だ。感謝の言葉もない」

年が空けた1989年1月7日昭和天皇が崩御し、同日小渕官房長官によるあの有名な「平成」発表が行われました。【右写真】 後に竹下氏の親族から聞いた話ですが「竹下は本音では自分で発表したかったが、改元について熱心に取り組んでいた小渕さんに手柄を譲ろう。俺は後世に名前が残るが小渕は顔が残る」と言っていたそうです。「汗は自分でかいて、手柄は他人に譲る」をモットーとしていた竹下氏らしい話です。竹下氏は昨今のような「オレが、オレが」の目立つ政治家とはほど遠い、「村の世話役」のような政治家だったのです。


英語のジョークサイト:情報

1. 管理人日記「OMEDETO! 野茂」 (2005/06/17) に、「お前、ビビってんちゃうか」を追記しました。

2. 靖国神社は明治維新戦争以来、西南の役、日清、日露、太平洋戦争で戦死された方々246万6千余柱が祀られています。 (Kaz散歩)

3. お早う。今日は何を食べようかな。牛乳?それとも牛肉にしようかな?(英語のジョーク #4432)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です


ホームページ制作・ダックウィングス
歯科医:歯医者/山梨県甲斐市