英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz


2018/11/15 論語と算盤

「論語と算盤」(渋澤栄一著:現代語訳守屋淳/ちくま新書)を読みました。「日本近代資本主義の父」と言われる渋澤栄一は、江戸末期に埼玉県深谷の豪農の息子として生まれ、明治・大正・昭和時代に第一国立銀行、東京証券取引所、東京瓦斯、東京海上火災保険、王子製紙、帝国ホテル、キリンビール、大日本製糖、日本赤十字社、共同通信など、多種多様の企業・団体の設立に関わり、その数は500以上といわれています。

渋澤が三井、三菱、住友、安田、大倉などといった他の財界人と大きく異なる点は、「渋澤財閥」を作らなかったことです。「私利を追わず公益を図る」との考えを、生涯に亘って実践した希有な日本人といえましょう。

渋澤のモットーは「士魂商才」(=武士の気高い精神と、武士は喰わねど高楊枝にならないための商才)がなければ国は発展しないというもので、『富は誰でも求めるし、貧乏は誰でも嫌だ。まっとうな生き方で冨が得られるならば、どんな賤しい仕事についても金儲けせよ。逆にまっとうでない手段で冨を得るくらいなら、むしろ貧賤でいたほうがよい』という信念を貫きました。渋澤のモラルの基となったのが「論語」で、それゆえ「論語と算盤」、即ち「気高い精神を持ち、事業のためには利益を追求する算盤勘定が必要」という彼の信念が、この本のタイトルになったものです。渋澤語録をいくつか紹介します。

●競争・対立は向上心を養う上で必要である。国は敵国があるから負けないように軍備経済力をつけ、会社の仕事は同僚に負けないようにして出世する。正しい道をあくまで進んで行こうとすれば、争いを避けることは出来ない。何があっても争いを避けようとする姿勢では、「善が悪に負けてしまう」ことも起こる。あくまでも「これだけは譲れない」というものを持つべきだ。

●何百万円の銀行でも一銭単位の計算が違うと、その帳尻が合わなくなってしまう。「千里の道も一歩から」という。まずは与えられた仕事を満足にこなすことだ。木下藤吉郎が豊臣秀吉になれたのも、織田信長の草履取りから始めたからで、関白という御馳走を食べるためには、見ているだけでは食べられない。自分で箸を取らなければ食べられない。

●「常識」とは「智・情・意」がそれぞれバランスを保っていることで、極端には走らず、善悪を見分け、プラス面とマイナス面を理解し、言葉や行動が中庸にかなうもののことである。「智」とは人間の知恵であり、「情」とは他人に対する思いやりである。しかし「情」は感情(喜び、哀しみ、楽しみ、愛しさ、怒り、憎しみ、欲望:七つの要素)なので、流されやすい。この感情をコントロールするのが「意」(強い意思)である。

●人間の弱さで利益が欲しいという思いが勝り、下手をすると冨を先にして道義を後にしたり、金銭が万能だと考えてしまい、モノの奴隷になってしまいやすい。お金は社会の力を表す大切な道具であるから、よく集める一方でよく使っていくべきなのだ。医者が患者を救うために使うメスも狂人に与えれば、人を傷つけるドスになる。 【渋澤の写真 左:江戸時代、右:明治時代】


 

英語のジョークサイト:情報

1. 亀戸駅前のはね亀像、銀座三越屋上の出世地蔵などの紹介です。(Kaz散歩)

2. 寂しくなったら賛美歌92番を読みなさい。(英語のジョーク4276)

3. 「望むことを三つ叶えて差し上げます」とランプの精は言った。(英語のジョーク4277)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です


ホームページ制作・ダックウィングス
歯科医:歯医者/山梨県甲斐市