英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz


2017/06/19 九十歳。何がめでたい

「九十歳。何がめでたい」(佐藤愛子著:小学館)を読みました。「怒りは私の元気の素だった」と言って憚らない92歳の女性作家が、歯に衣着せず「甘ったれるんじゃないよ」、「ふりかかった不幸災難は自分の力で振り払うしかないでしょ」、「強く生きるとは満身創痍になること」と、柔弱で依存心が強い現代の日本人に『喝!』を入れています。色々なエピソードがありましたが、痛快な例を三つほど引用してみます。【右写真:Copyright:オール読み物】

(1)来るか日本人総アホ時代
昔話のお婆さんは川で洗濯をしていた。次は井戸から釣瓶で一回ずつ水を汲み出し、そのうちポンプを付けて、ギーコギーコとポンプを押せばザアザアと水が出るしくみとなった。有り難いねぇと女達は喜んでいたが、やがて水道が設置されるようになると、蛇口をひねりさえすればいつでも水に不自由しなくなった。初めは二階で使えなかった水道が、まもなく二階、三階はおろか三十階でも平気で出るようになった。それが当たり前になると、何かの故障で水が出なくなると水道局には文句の電話が鳴り響く。「これじゃ生活出来ないじゃないの!命にかかわる問題でしょ!どうしてくれるの!」もっと便利に、もっと速く、もっときれいに、もっと、もっと、もっと・・・もう進歩はこの辺で充分。進歩が必要なのは、文明ではなく人間の精神力の方ではないか?

(2)ゲーム機二つ折り事件
息子が平日はテレビゲーム禁止という約束を破ったので、母親がニンテンドーの3DSを叩き割ったということをブログに書いたら、たちまちネット上で炎上した。「やり過ぎ」、「子供の気持ちがわからぬ母親はバカ」、「任天堂に謝れ」等々。子供の自主性を尊重しろ?子育ては日々戦闘だ。親の心得だなんて偉そうに他人から言われたくない。それぞれの親からそれぞれの子が育っている。他人の子なら「あんなことしている、しょうがないな」で済むけど、自分の分身である我が子だから怒るのだ。彼女がゲーム機を二つ折りにしても、私はバカボンのパパのように「これでいいのだ」と言うだけである。 近頃この国は、やたらとギスギスして小うるさく、棲みにくくなっている。いちいちうるせえ!

(3)老残の悪夢
ファクスの用紙入れ違いを直すだけや、リモコン操作違いを教えるだけで、出張費を8000円も取られた!なるほどよくわかったよ、これが文明社会というやつか。進歩に追いつく力を失った老いぼれは、取り残されて文句を言いながら、無駄銭ばかりを払わされるということか。わかった、もうお前さんの世話にはならいよ、私は私で生きるよ。イーだ。と顎付きだしても、さてそれからどうするのか?ロウソクと囲炉裏の生活?庭の木を切って薪造り?エイ、面倒臭い、手っ取り早いのは死んでしまうことだ。葬式も坊主もいらん、その辺の川にでも捨ててくれ。なに、そんなことをしたら警察問題になって、捨てた家族が罰金を取られるって?もう知らん、勝手にせえ。


英語のジョークサイト:情報

1. 紙に関する資料を収集・保存・展示している紙の博物館(王子)を訪れました。(Kaz散歩)

2. バーミューダ三角水域とテリーザ・メイ英国首相の違いは何か?(英語のジョーク3858)

3. 茶漉し器が見つからなかったので、蠅叩きの網を代わりに使ったわ(英語のジョーク3859)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です


ホームページ制作・ダックウィングス
歯科医:歯医者/山梨県甲斐市