英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz



2021/11/26/ COP26 

2021年11月英国グラスゴーで「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議」(COP26= The 26th Conference of Parties)が開かれました。この会議は地球温暖化対策を協議するため1995年から毎年各国持ち回りで開かれているもので、1997年の京都協定書(=温室効果ガスを5%減らす)、2015年のパリ協定書(=平均気温上昇を1.5℃に抑える努力をする)目標が有名です。196国が参加した今回のグラスゴー協定では石炭使用を控えるという名指しの具体的提案がなされましたが、中国・インドなどが反対し「・・のように努力する」という、お題目(pledge)になってしまいました。

地球温暖化を抑えるためには、次の7つを並行させて進めて行くことが必要であるとBBC(英国放送協会)は強調しています。【注1】
1.地球温暖化の原因である二酸化炭素(CO2)排出を少なくするため、石油、石炭などの化石燃料を出来る限り地上で燃焼させない。
2.天然ガス精製時や、ごみ置き場で自然発生するメタンガスの量を減らす。
3.太陽、風、水素などクリーンで再生可能なエネルギーを増やしていく。
4.自動車の燃料として、ガソリンやディーゼルを使うことを止める。
5.大規模な植林を世界各地で進め、植物によるCO2吸収効果を高める。
6.化石燃料発電所でのCO2発生時に地下に逃すなり、フィルターで科学的に除去するなどの新技術開発に力を注ぐ。
7.エネルギーを化石燃料に頼らざるを得ない貧困国に、発展国が財政負担することによりクリーンエネルギーへの移行を援助する。

化石燃料使用逓減 クリーンエネルギー導入
ガソリン・ディーゼル車を廃止

植林による森林拡大

【注1】BBC SCIENCE (Nov.12, 2021)


英語のジョークサイト:情報

1.若年 24歳で亡くなった明治時代女流作家樋口一葉の記念館は台東区竜泉寺にあります。(Kaz散歩)

2. 初めてウサギをみた少女が、「わかりました、これは金正恩最高指導者ですね!」と言った。(英語のジョーク5163)

3. 誰にでも喜ばれる政治家とは花に囲まれ、真っ平らに横たわっている政治家のことである。(英語のジョーク5164)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です