英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz


2019/03/23 居酒屋 シンスケ

湯島天満宮のすぐ近くにある「シンスケ」は、創業大正13年(1924年)と94年も続いている居酒屋です。
元々は江戸時代から続く酒屋で、店で角打ち(酒屋の中で立ち飲み)をやっていたそうですが、「関東大震災(1923年)で店や商品が灰燼に帰したので、居酒屋で再出発した」、とカウンターでぬる燗の「両関」を勧めた店主(70代後半?80代?)が語ってくれました。「で、シンスケというのは創業者の名前ですか?」と、取り敢えずイカの塩辛とホタルイカのヌタを注文した私が尋ねると、「商売の復興を助けてくれたのが、当時の酒問屋のご主人の鈴木新助さんという人だったので、その人の恩を忘れないようと、その名を屋号にして居酒屋として再出発したらしいね」と、立ち姿が絵になる老店主が教えてくれました。

ビールはサッポロの瓶ビール赤星、お酒はこの秋田の酒一種類だけ、という頑固な居酒屋で、「両関」樽酒を常温、ぬる燗、熱燗と試してみましたが、樽の香りを嗅ぎながら、口中にゆったり広がる米の旨味を感じるには、やはり店主が勧めたぬる燗が一番適しているようです。店主は「江戸時代酒屋は坂の下にあるのが普通だったんだね。うちは湯島中坂の下だけどさ、そこには人足が屯(たむろ)して、重い荷を積んだ荷車がやって来ると、坂の上まで押して助けてやって、一文、二文という駄賃をもらったんだ。で、一日の仕事が終わるとその人足達が一日分の駄賃でうちの角打ちを飲んだわけさ」と、面白い史実を聞かせてくれました。

そんな所に待ち合わせたKさんがやって来ました。彼女には以前湯島の「クチーナ イタリアーナ ハル」も紹介してもらいましたが【注1】、「美味しいもの大好き」でフットワークが軽い女性です。刺身盛り合わせ、たたみいわし、車海老しんじょを追加し、「初めてだけど、いい雰囲気の店だねぇ。親爺さんも味がある、昔からの本物の居酒屋って感じだね」と言うと、Kさんは「土曜日は開店前から行列で、1Fカウンターはすぐ一杯になるそうですよ」と話してくれました。予約可能な2Fは大勢様用のテーブル席、1Fはカウンター+少人数テーブルで、予約は原則受け付けず、早い者順だそうです。

シンスケ入口の杉玉

1Fカウンター席

まだまだアテ(料理)も行けそうだと思って、メンチカツを注文しました。カリッと揚がって、挽肉でなく小さくチョップした豚肉と玉ネギが甘くて、トンカツソースとキャベツで食べると、「うーん、これが日本の味!」という感じ。またお酒が進みます。最後にお品書きで気になっていた「きつねラクレット」を頼みました。ラクレットはチーズを直火で溶かしてそこに何かをつけて食べるスイス料理なので、「え、日本酒で?」と思ったからです。ところがこの居酒屋のラクレットは、チーズの代わりに油揚げ、つまり焼いた「きつね」の中に細かく刻んだ玉ネギやジャガイモ、とろけるチーズ、などが詰められ、上に醤油味のネギを置いてそれをなんと金柑の味噌に付けて食べるのです。これには本当に驚きました。初めて食べました!

お品書き

きつねラクレット

[シンスケ]  東京都文京区湯島3-31-5 TEL 03-3832-0469  平日17:00 -20:30/日曜・祝日定休

【注1】管理人日記(2019/01/25)「 クチーナ イタリアーナ ハル」参照。


英語のジョークサイト:情報

1. 東京都府中市ある大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)は、大化の改新(AD645年)より昔の創建といわれています。(Kaz散歩)

2. 「一線を越えた文在寅(2019/01/05) 」に、「常軌を逸したヒステリー」を追加しました。(管理人日記)

3. 「いら立ちirritation、腹立ち aggravation、欲求不満 frustration」の違い(英語のジョーク4387)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です


ホームページ制作・ダックウィングス
歯科医:歯医者/山梨県甲斐市