英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz


2018/05/20 「歴代最悪」はあなたでしょうが

菅直人元首相のブログを敢えて読んでみたいとは思わない私ですが、産経抄(2018/05/19)に「菅直人氏が自身のブログで、『歴代自民党総理で安部総理が最悪です』、とこきおろした」、と書かれていたのが気になって、訪れてみました。

聞くに堪えない安倍総理の答弁菅直人オフィシャルブログ「今日の一言」2018-05-14
今日の予算委員会での安倍総理の答弁は、ごまかし、すり替え、居直りのオンパレードで、聞くに堪えないものでした。閣僚や官僚も安倍総理のごまかし答弁に歩調を合わせるように、忖度一色の答弁です。このような、聞くに堪えない国会答弁を平気で続けている安倍総理の狙いはどこにあるのでしょうか。国民が国会審議に嫌気がさし、関心を失い、森加計問題に耳を傾けなくなるのを待っているように思えます。私も多くの自民党出身の総理と国会で議論しましたが、まともな答弁をせず、逆襲することで議論をはぐらかす総理は、私の知る限り歴代自民党総理で安倍総理が最悪です。

ちょ、ちょっと待ってください。「モリカケ問題」は安倍政権打倒を図ったマスコミ野党の国政混乱運動であり、都合の悪い部分を黒くぼかすという事実隠蔽までして印象操作を仕掛けた張本人は、「安倍叩きを社是とする」朝日新聞で、そのことを指摘した小川榮太カ氏に朝日新聞は紙面で反論せず、いきなり小川氏と出版社を名誉毀損で訴訟した(2017年12月25日)【注1】事実を、菅氏は全く無視しています。そして具体的証拠を挙げずに、「ごまかし、すり替え、居直りのオンパレードです。閣僚も官僚も忖度一色の答弁です」、と一方的な主観的表現で煽っています。

菅氏は首相在任中、2010年尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりした時、超法規的措置で犯罪者である中国人船長を釈放したこと【注2】や、2011年東日本大震災発生時に「原子力に詳しい」と吹聴していたくせに有識者に「臨界ってなんだ?」と尋ね、初歩的なことも理解していないことが暴露され【注3】、「震災処理の不手際」や「復興計画の立案と実行の遅れ」を高校歴史教科書にまでも指摘され【注4】、戦後歴代首相31人中「能力」「資質」「手腕」など5項目にわたり比較した時、最低の計24点【注5】だった人なのに、現職総理大臣を「歴代最悪」と言うのは笑止千万です。

同氏の短いブログをもう一度読み返すと、安倍首相について「歴代総理大臣で最悪」ではなく「歴代自民党総理で最悪」と書いているのが意味深長です。「歴代総理大臣で最悪」と書いたら「それはお前のことだろ!」と言われるのがわかっているので、菅氏は「歴代自民党総理」と書いて自分を安全圏内に置いているのです。「いや、私は歴代総理大臣とは言っていません。歴代自民党総理と書いたのですから、立憲民主党最高顧問の私と比較するのはいかがなものでしょうか」と、反論できますからね。いやぁ、何とも姑息です。

そういえば2011年3月の東日本大震災発生時、菅首相(当時)は記者会見を拒否し続け、「いろんな現象があるので全体を見て対応している」、「最大限の努力をしている」、「この危機を乗り越えることが、私達日本人一人一人に問われている」といった、未曾有の災害国難に対して国の最高責任者であるにもかかわらず、他人事のようなコメントを述べていたのことに、私はひどく腹を立てたことを思い出しました。あの時は「直ちに健康に影響を及ぼす数値ではない」と言いつつ、「念のため半径20km以内の方は自主的に退避していただきたい」といった意味不明で、人心不安を与えるような政府方針発表を、官房長官記者会見で丸投げ発言させて、責任逃れをしています。

福島第一原発3号機水蒸気爆発写真(AP)
自称”原子力に強い"首相による無意味な上空視察(毎日新聞)

そして福島第一原発3号機水蒸気爆発一ヶ月後、ようやく開いた記者会見では、「地域の要望を尊重し、全国民の英知を結集し、未来志向の復興を目指す」と力説したものの、具体案に関しては「津波被害を受けないよう高台に住む」、「自然に優しいエコの街」、「弱い人に優しい社会を目指す」と、訳のわからない情緒的な発言をしただけでした。これでは何も言っていないに等しい、と私はホームページ「管理人日記」に怒りのコメントを載せました。【注6】 「俺は歴史に名を残したいんだ」と菅元首相は在任中、口癖のように語っていたそうですが、反面教師として間違いなく歴史に名を残されたわけですから、もう余計なことを言わない方がよろしいのでは?「物言えば唇寒し」ですよ。

【注1】「徹底検証森友・加計事件」2018/03/09
【注2】尖閣諸島中国漁船衝突事件
【注3】「あ〜あ〜菅無知ぶり全開」
「原子力に詳しい」と吹聴していた菅直人首相(64)が、「役所や東電とは違うセカンドオピニオンがほしい」として呼び寄せた有識者に対し「臨界ってなんだ?」と尋ねていたことが日本経済新聞(2011/03/26)に報道された。「臨界」は、原子力を少しでもかじったことのある人なら誰もが知る言葉だけに、呆れることを通り越して不安をかき立てられるようなエピソードだ。こんな人に原発対策や震災後の復興を任せていいのか?
【注4】山川の歴史教科書が菅直人政権の「不手際」を認定
【注5】「戦後総理の査定ファイル」(朝倉秀雄著:彩図社)書評
【注6】福島原発問題と政府の対応(2011/04/04)


英語のジョークサイト:情報

1. エリツィン露大統領はクリントン米大統領を、自国の軍事パレードに招待した。 (英語のジョーク4127)

2. 地元のお巡りさんも知らなかった、吉原遊廓”高尾太夫”の神社(日本橋箱崎町)。(Kaz散歩)

3. 爪先立ちで舞台をピョンピョン跳び回るバレーダンサー達を見て、少女は驚いた。 (英語のジョーク4128)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です


ホームページ制作・ダックウィングス
歯科医:歯医者/山梨県甲斐市