英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz


2017/07/21 神楽坂食べ歩き(13)  中華料理エンジン(Engine)

神楽坂にある中華料理店「Engine」を初めて訪れ増した。毘沙門天近くから5丁目の裏通りに入り、地図を頼りにウロウロ探しのですが見つからず、結局最後は近くの飲食店の店員さんにお願いして、連れてきてもらいました。しかもお店が入居している「ROJI神楽坂」というビルには、フレンチ、焼き鳥、居酒屋など様々なお店が入っているので、入り口で店名の看板を眺めながら、また迷ってしまいました。 まさしく路地という言葉がピッタリのわかりにくい場所でした。

しかしそんな苦労を忘れるような斬新な中華料理の店で、雰囲気もお洒落で気に入りました。オーナーシェフ松下和昌さん【写真右上】に話を伺ったら、「和の食材を中華に変える」をコンセプトに、季節野菜を豊富に取り入れ、素材本来の味わいを引き立てる」ことにこだわるそうです。店名のEngineの由来は「エンジンをかけて突っ走ること。ここから新しい中華を発信する」ことだとか。また「猿人」とも掛けてあり、それまで四つ足で動いていた猿から「猿人」が直立して二本足で歩くようになったことから、従来の中華の枠にこだわらない、という 意味もあるそうです。毎日少しずつ変わるメニューは、黒板に手書きで示されていますが、この日の春巻きの中味はなんと、フグとフキノトウと、アオリイカのげそとイカスミ。白子の春雨は四川風の辛いソースをかけたもの、スミイカは紹興酒漬けのアボガドと一緒に出されましたが、いずれも初めての体験でワクワクしました。

お店の一番人気は黒酢酢豚だそうで、まろやかな酸味と柔らかい肉、そして野菜の組み合わせに納得の一品です。締めの麺と炒飯も頼めばハーフサイズで作ってくれるのが嬉しいですね。この日炒飯は鯛とセリが具でした。なるほど、シェフの閃きを活かす、ヌーベルシノワ(新しい中華料理)の店です。

フグの春巻き 黒酢酢豚 鯛とセリの炒飯

Engine 東京都新宿区神楽坂5-43-2 ROJI神楽坂 1F TEL: 03-6265-0336


英語のジョークサイト:情報

1. 四谷怪談に登場するお岩の墓がある巣鴨妙行寺を訪れました。(Kaz散歩)

2. 鯉に囲まれた財布を見るなんて、初めてだ!(英語のジョーク3876)

3. 答えがわかっている生徒は右手を、わからない生徒は左手を上げるんです(英語のジョーク3877)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です


ホームページ制作・ダックウィングス
歯科医:歯医者/山梨県甲斐市