英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz


2017/08/04 駒形どぜう 

浅草にある泥鰌(どじょう)専門店「駒形どぜう」創業は、江戸時代の享和1年(1801年)。徳川11代将軍家斉の時代です。のれんの「どぜう」は元々の仮名遣い「どぢやう」四文字では縁起が悪いと、当時の有名な看板書きに頼んで奇数文字の「どぜう」と書いてもらったそうです。【注1】 江戸の庶民の味を、二百年以上もそのまま伝えている店は珍しいと思います。

まずはぬる燗の酒を飲みながら、今時少なくなった鯉のあらいでを酢味噌で食べます。メニューには「鯨の刺身」も載っているので、これも迷わず注文しました。名物の泥鰌鍋は、酒に漬けた丸のままの泥鰌を甘味噌仕立ての味噌汁で一度煮て、それを鍋に入れて濃い目の甘辛い割り下で煮込むのだそうです。【注2】笹掻きにしたゴボウを鍋に入れ、仲居さんに“たっぷり乗せてください”と言われた刻みネギも山盛りにし、食べる時は山椒か七味唐辛子をお好みで、少しかけると泥鰌の臭みを感じず、骨も柔らかく抵抗なく食べられます。

鯉のあらい 鯨刺身
泥鰌鍋 店内席(Copyright:駒形どぜう)

【注1】駒形どぜうホームページ:歴史 【注2】駒形どぜうホームページ:料理

駒形どぜう:東京都台東区駒形1-7-12 TEL: 03-3842-4001


英語のジョークサイト:情報

1. .世田谷区代沢の森厳寺には、樹齢400年を越すといわれる大銀杏の樹があります。(Kaz散歩)

2. お願いですから私の手を握ったままでいて欲しいんです(英語のジョーク3892)

3.年老いたリンボーダンサーは死なず、身を没するのみ。(英語のジョーク3893)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です


ホームページ制作・ダックウィングス
歯科医:歯医者/山梨県甲斐市