英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz


2018/07/21 リベラルの毒に侵された日米の憂鬱

「リベラルの毒に侵された日米の憂鬱」(ケント・ギルバート著:PHP新書)を読みました。 日本では共産党、社民党、立憲民主党など『左翼と呼ばれたくない人達』が、『社会主義・共産主義思想』の替わりに『リベラル』と称し、アメリカ占領軍(GHQ)に押し付けられた「日本は悪かった」という自虐史観と、「平和を愛する諸国民の信義を信頼していれば戦争に巻き込まれない」という幻想を信奉し、日本を弱体化させていることに、お人好しの日本人もそろそろ気付くべきだ、と問題提起しています。

その上で近年アメリカでは、『リベラル』が本来の「自由・開放的な・偏見のない」といった意味から大きく離れ、「現実を無視してキレイごとばかり並べ、身勝手で利己的で、傲慢・腹黒で胡散臭く、社会に毒を撒き散らす」存在となっていることを、筆者は指摘しています。結果としてマイノリティの優遇がかえって不平等な社会を作り、それに反対する人の意見を認めない重苦しい雰囲気がアメリカ社会に醸し出されている事実を、憂いています。「地獄への道は善意で舗装されている」という警句通り、日本も「リベラル=腹黒左翼」のきれい事に騙され、地獄への道を歩まないようにと心配しています。

中でもケント・ギルバート氏が声を大にしている点は、日本の上空を北朝鮮のミサイルが何度も飛び越し、中国の軍艦・航空機が堂々と日本の領海を侵犯している現実に、国家として毅然と対応することを禁じている憲法9条を即改正し、独立自尊の主権国家として自らの手で安全障体制を築きあげることが早急の課題だ、という点です。これは私と全く同意見ですので、大いに意を強くしました。

同氏は日本国憲法をアメリカがデザインし無理矢理押し付けた既製服に譬え、「この服の一番いけないことはXYZ(eXamine Your Zipper=注意!社会の窓が開いているよ)という綻びがあることだ」と、武力行使放棄という異常な日本の国防状態を、誰でもわかるように説明しています。そのまま引用しましょう。

ボンのジッパーを開いたままで世界各国と交渉しても、クスクス笑われて相手にされない。つまり勝負服にならない恥ずかしい既製服なのだ。それなのに「憲法9条はノーベル平和賞に値する」などと、恥ずかしげもなく言うのは、ジッパー開きっぱなしの服を着て、パリコレ会場を得意そうに歩いているようなものだ。何が恥ずかしいかって、北朝鮮拉致問題を世界各国に訴える場合を考えれてみればよくわかる。

日本:「先生、僕のズボンのジッパーが壊れて開いたままなので、隣のクラスの金君が僕の無防備な股間を銀玉鉄砲で撃ってきました。とても痛かったから金君を叱ってください」
世界各国:「君のジッパーを直してから、君が金君に『そんなことするなら、僕も君の股間を銀玉鉄砲で撃つぞ』と言い返せばいいじゃないか」

平和憲法を盲信する日本のリベラル・偽人権主義者に言いたい。あなた方は拉致被害者やそのご家族の「人権」を真剣に考えたことがあるのか? もしアメリカ国民が自国の領土から他国にさらわれたら、アメリカ政府は特殊部隊を投入してすぐ奪還しようとする。ところが日本は憲法9条に縛られて、自国民を助けに行くことすら出来ない。自分の子供が拉致されてもあなたは「憲法9条の精神を守って話し合いで解決しよう」と言い続けるのか?

憲法に『戦争を永久に放棄する』と書けば平和でいられると言うのなら、いっそ憲法に『地震を禁止する、台風を禁止する』と書けば、地震や台風に備えて国土を整備する必要もなくなるとでも思っているのだろうか?どうしてこんなナンセンスなことを、多くの日本人はなぜ恥ずかしげもなく真顔で言えるのだろうか?いくら「日本は戦争を放棄した」と言っても、「戦争は日本を放棄していない」。誰かが日本に攻めてきたら、否応なしにいつでも戦争は起こるわけだから。

そして同氏はもはや問題を先送りしている段階ではないので、日本人は次の5つのことを直ちに実行すべきだ、と具体的提案をしています。
1) 欺瞞に満ちたリベラリズムは国を滅ぼすと認識する。
2) 欺瞞を許すような政治家・官僚の言葉遊びを許さない。
3)大手メディアの言うことを丸呑みにせず、情報リテラシー(=情報を自己の目的に合わせて使用できる能力)を持つ。
4) 自助精神を心掛け、子供達を躾け、地域社会を大切にし、健全な愛国心と歴史観を身に付ける。
5) 自国を守るための精強な軍隊を持ち、情報インテリジェンス(=収集・分析能力)を研ぎ澄ます。


英語のジョークサイト:情報

1. 港区赤坂にある高橋是清公園は、2.26事件で暗殺された高橋是清自宅跡です。(Kaz散歩)

2. この三人は黒人じゃないんです。炭坑夫なんです。(英語のジョーク4181)

3. 104歳になって本当に良かったと、思うことは何ですか?(英語のジョーク4182)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です


ホームページ制作・ダックウィングス
歯科医:歯医者/山梨県甲斐市