英語のジョークで今日も楽しい一日を!

YAHOO! JAPAN に「英語のジョーク」で推薦登録!
Kaz's BOOK STOREが《 YAHOO! JAPAN 》 に推薦登録されました。

 

英語のジョーク:Kaz's BOOK STORE 英語のジョークサイト:英語のジョーク 英語のジョークサイト:世界の街角から 英語のジョークサイト:ワイン&ダイン 英語のジョークサイト:管理人日記 英語のジョークサイト:リンク

当サイトは『立ち読み専門』の本屋で書籍は販売しておりません…読みたい本をクリックして下さい。

管理人へのお便りはこちらから→E-mail to Kaz


2017/05/28 必勝三法則

天皇陛下の心臓バイパス手術を執刀した順天堂医院院長の天野篤氏(下写真)は、毎週「週間新潮」にコラムを書いていますが、「私の必勝三法則」(2017年3月23日号)と題した文章は、外科医プロフェッショナルとしての矜持がうかがわれ、さすがだと思いました。コラムの一部をそのまま引用します。

手術は勝負事ではありませんが、患者さんの命がかかっていますから、負けるわけにはいきません。外科医には「絶対に勝つ」という強い気持ちが不可欠なのです。ではその必勝法とは何か。私は三つの法則があると思っています。第一は決め技、得意技を持つこと。私の場合は心臓を動かしたまま頸動脈バイパス手術を行う「オフポンプ手術」と正確な縫合がそれに当たります。(・・中略・・)第二はどのように戦うかというプレースタイルを持つこと。私なら「早い・うまい・安い」です。無駄を省いて手術時間を出来るだけ短く進めることで合併症が減り、入院期間も短縮され、医療費も安くあがるというわけです。(・・中略・・)そして第三が諦めないこと。トラブルが起こった時、冷静にリカバリーショットを打てるかどうかです。予期せぬ出来事に気が動転して手が震えたり、パニックを起こしたりして、リカバリーどころか、逆に事態を悪化させてしまう外科医もいます。「諦めない」という精神論だけではダメで、たとえていうなら幅10cmの平均台を地上から50メートルの高さに持っていっても、地上と同じ様に渡れる胆力と肉体と技術力を身につけるおくこと、これが出来て初めて諦めない心が起死回生のリカバリーショットへとつながります。

この「地上50メートルの高さの平均台を、地上と同じで渡れる胆力が必要」というのは凄い喩えです。ここまでの高レベルの技術を持つという裏付けと自信がなければ、トラブルを乗り切れず、あたふたして失敗して諦めてしまうのです。「諦めない」ためには、日々の訓練・研究の積み重ねで、常に高いレベルを維持する必要があるということですね。


英語のジョークサイト:情報

1. 荒川七丁目駅で降りると、三河島水再生センターが建っています。 (レトロな都電の線路に沿って)

2. なぜあなたは彼が被害者の耳を食いちぎったと、証言したのですか?(英語のジョーク3838)

3. 歯医者が患者に「大声で悲鳴を上げてもらうと助かるんですけど」と言った。(英語のジョーク3839)

あなたはこのホームページの

番目のお客様です


ホームページ制作・ダックウィングス
歯科医:歯医者/山梨県甲斐市