*  

シャトー ジンコ(Chateau Ginkgo)

2020/02/27


    ●生産地:フランス ボルドー コート・ド・カスティヨン
●ブドウ:赤 メルロー100%  白ソービニヨンブラン60%、
セミヨン40%
●日本での販売価格:3,300円〜15,000円

1.シャトージンコ

ボルドーには8,650ものワイナリー(ワイン醸造所)がありますが、その中で唯一の日本人女性オーナーが作っているのが、ボルドー右岸コート・ド・カスティヨン(Castillon))にある「シャトージンコ」(Chateau Ginkgo)です。オーナーの百合草梨紗さんは短大時代にワインに魅せられ渡仏し、ボルドー商工会議所が運営する専門学校でワインの醸造及びテイスティングを学び、150年の伝統あるネゴシアン(ワイン卸売り商人)一家のマチュ・クレスマンさんと【写真:梨紗さんとマチュさん】2009年に結婚し、二人でカイワイン(Kay wine)という会社を設立しました。2015年に二人はサンテミリオンのサンフィリップ・テグイ村に1.65haのブドウ畑を購入し、念願のワイナリー運営に乗り出し、2018年に初めてワインをリリースしました。【注1】 百合草さんは、そのサクセスストーリーから、「ワイン界の日本人シンデレラ」と呼ばれているそうです。

2.百合草梨紗さん

2020年2月にヒルトン東京では、日本に来た百合草梨紗さんを招き、ワイン会を開きました。以下の話●は、私がワインを味わいながら、直接百合草さんから聞いた話です。

●サンフィリップ・テグイはサンテミリオンにつながる石灰粘土層で、私達のシャトーは標高100mで風通しが良く、日照が得やすいゆるやかな斜面を持つので、旨味のあるブドウが採れます。私達は果実の旨味を何よりも大切にしたいと思い、全て手摘みで無農薬のオーガニック栽培です。

●まだ始めたばかりで出荷ワインも少ないのですが、大袈裟に言えば『命を賭けて造っています』という位、入れ込んでいます。澱引きをする時はバトナージュ(=樽熟成時に棒を使ってゆっくりかき混ぜ、澱の旨味をワインに含ませるようにする)しますし、ステンレスタンク熟成時にはルモンタージュ(=タンクの中に管を入れ、下から上に循環させることで混ぜ合わせる方法)します。

●「ジンコ(英語だとギンコ)はフランス語で銀杏(イチョウ)ですが、私達のブドウ畑に元々あったものに因んでシャトー名をつけましたが、原爆にも耐えた【注2】という素晴らしい生命力を持っている銀杏のようなワインになって欲しい、と願っています。【注:下真ん中写真は広島市の被爆銀杏N21a53-01です。】

●日本に戻ると、三人の娘達は静岡県沼津市の実家に預けて仕事をします。上は11歳と8歳なので、その時だけ日本の小学校に通わせます。一番下の娘はまだ7ヶ月です。

ニコニコと明るい笑顔で『命を賭けている』重労働を、サラっと語る百合草さんのワインは、日本人としてはぜひ応援したいと思ってしまいます。これからも頑張ってください。下右の写真はヒルトン東京で飲んだGinkgo Blancで、ボルドーの典型的な白ワインタイプながら、尖った感じがなく舌に心地よい味でした。バトナージュをするからなのでしょうか?

【注1】WINEWHAT
【注2】広島市役所: 広島の爆心地から2,160mにあった広島市東区牛田本町た安楽寺の銀杏は、原爆により幹を残して焼失してしまいましたが、翌年に新芽が芽吹き、周囲の人々の勇気の源となりました。(被爆銀杏N21a53-01)

百合草梨紗さん 被爆銀杏N21a53-01 Ginkgo Blanc