Library
2015年7月〜12月
2016年1月〜6月
2016年7月〜12月
2017年1月〜6月
2017年7月〜12月
2018年1月〜6月

2017/07/04 ポンデザール(Pont des Arts)ワイン

フランスのパリ、セーヌ川に架かる橋のひとつにポンデザール(Pont des Arts:芸術橋)があります。恋人同士が南京錠に二人の名前を書いて欄干の金網に取り付け鍵をかけ、その鍵をセーヌ川に投げ込む“愛の南京錠”が流行し、その重みで2014年6月には欄干の金網の一部が崩れて橋が閉鎖されたため、パリ市当局は南京錠が取り付けられないよう金網を撤去し、ガラス板に換えたという、曰く付きの橋です。【右写真】

ティボー/アーサー

この「ポンデザール」を会社名にしたワインを飲む会が、ヒルトン東京のレストラン「王朝」で開かれました。 当日ワインの説明をしてくれたティボー・ポンタリエ(Thibault Pontellier)氏は、シャトー・マルゴーオーナーの息子で、彼と友人のアーサードゥ・ヴィレパン(Arthur de Villepin)が、“ワインと芸術の架け橋”を目指して、ボルドー、ブルゴーニュなど、フランス各地のワインメーカーから選んだものを、「ポンデザール」ワインとして販売しているようです。またラベルはワインのイメージに合わせ、新進アーティストに描かせています。

この日はボルドーのソービニオンブラン、ブルゴーニュのムルソー、と全く異なる白ワインを出して、その後もブルゴーニュのジュヴレシャンベルタン、ボルドーのポムロールワインと、豪華な顔ぶれで中華料理と合わせていました。この会社の本社はパリと香港で、北京、上海や東南アジアに支店を持ち、ラベルのアーティストに中国人芸術家を多く採用していることなどから、中国資本のような印象を受けました。

ポンデザ^−ルワイン 鮑の煮込み燕の巣 ジュブレシャンベルタンのラベル

 


2017/07/11 手打ち蕎麦「汐見」

新宿区鶴巻町早大通りにある「汐見」は、毎朝石臼で自家製粉する香り高き十割蕎麦とともに、季節感溢れる日本料理をお手頃な値段(コース3,500円、5,500円、7,500円)で供してくれます。もちろん出汁巻き卵焼き、鴨ハツ塩焼き、湯葉刺身などのつまみや、蕎麦の単品注文OK、平日昼はお得なランチメニューもあります。 ご主人の汐見健さんは、もともとこの場所にあった和食割烹の世界では高名で指導者としても知られる師匠松下利市さんの店「日本料理 松下」で料理修業をし【注1】、2015年に「汐見」をオープンしてからは、蕎麦と一緒に楽しむ趣向を凝らした旬の素材料理を毎日工夫して出してくれています。日本酒利き酒師資格を持つ汐見さんが、各地の酒蔵を訪れて選んだ日本酒も豊富で、一杯一杯グラス(=半合)で出してきます。例えば高知の「酔鯨」という酒も、わざわざ純米大吟醸で酵母は「高育54号」にこだわっています。

入口 そばがき椀 せいろ蕎麦

この日のコースメニューは、まず温かいサヤエンドウのすり流しで胃を温め、前菜の盛り合わせ、京都の筍と駿河の生桜エビ、鰹のスモーク、そばがき椀と続きます。うるいに似て甘みを感じる「あまどころ」という珍しい山菜に、こごみ、フキノトウ、海老、水槽で泳いでいた鮎の稚魚を天ぷらで食べ、蕎麦は冷たいせいろか、温かいもりのどちらかを選べます。蕎麦は美味しいけれど、汁(つゆ)がしょっぱすぎたり、逆に甘すぎたりする店がありますが、「汐見」は十割蕎麦喉越しの食感が心地よく、汁は甘さとしょっぱさが絶妙なバランスです。そして南部鉄瓶で熱々で出されるそば湯が濃いので、最後の汁を割って飲むと「いい蕎麦屋だなぁ」という実感が湧きます。最後はそば茶と和菓子で締めます。

鴨ハツ塩焼き 稚鮎の天ぷら

「汐見」東京都新宿区早稲田鶴巻町556 TEL03-3202-4404 定休日:水曜

【注1】家庭画報.com 食Editor’s Report 2015/11/30


2017/07/21 神楽坂食べ歩き(13)  中華料理エンジン(Engine)

神楽坂にある中華料理店「Engine」を初めて訪れ増した。毘沙門天近くから5丁目の裏通りに入り、地図を頼りにウロウロ探しのですが見つからず、結局最後は近くの飲食店の店員さんにお願いして、連れてきてもらいました。しかもお店が入居している「ROJI神楽坂」というビルには、フレンチ、焼き鳥、居酒屋など様々なお店が入っているので、入り口で店名の看板を眺めながら、また迷ってしまいました。 まさしく路地という言葉がピッタリのわかりにくい場所でした。

しかしそんな苦労を忘れるような斬新な中華料理の店で、雰囲気もお洒落で気に入りました。オーナーシェフ松下和昌さん【写真右上】に話を伺ったら、「和の食材を中華に変える」をコンセプトに、季節野菜を豊富に取り入れ、素材本来の味わいを引き立てる」ことにこだわるそうです。店名のEngineの由来は「エンジンをかけて突っ走ること。ここから新しい中華を発信する」ことだとか。また「猿人」とも掛けてあり、それまで四つ足で動いていた猿から「猿人」が直立して二本足で歩くようになったことから、従来の中華の枠にこだわらない、という 意味もあるそうです。毎日少しずつ変わるメニューは、黒板に手書きで示されていますが、この日の春巻きの中味はなんと、フグとフキノトウと、アオリイカのげそとイカスミ。白子の春雨は四川風の辛いソースをかけたもの、スミイカは紹興酒漬けのアボガドと一緒に出されましたが、いずれも初めての体験でワクワクしました。

お店の一番人気は黒酢酢豚だそうで、まろやかな酸味と柔らかい肉、そして野菜の組み合わせに納得の一品です。締めの麺と炒飯も頼めばハーフサイズで作ってくれるのが嬉しいですね。この日炒飯は鯛とセリが具でした。なるほど、シェフの閃きを活かす、ヌーベルシノワ(新しい中華料理)の店です。

フグの春巻き 黒酢酢豚 鯛とセリの炒飯

Engine 東京都新宿区神楽坂5-43-2 ROJI神楽坂 1F TEL: 03-6265-0336


2017/07/27 サラリーマン川柳

第一生命が1987年に始めた「サラリーマン川柳」コンクールは今年30回目を迎え、これまでの投稿句数は108万句にもなったそうです。会社での日々の出来事や、人間関係などをいかに簡潔に、ユーモアと風刺を効かせ五・七・五でまとめるかで「言葉の遊び」を楽しみます。

使われている固有名詞や流行語に時代の流れを感じます。なるほどなぁと私が選んだ川柳を幾つか並べてみましたが、自虐的なものが多いですね。(笑) 【画像Copyriwght:第一生命:みんなのサラ千

■世渡りの秘訣■ 自信 菓子折り コネ お世辞 (格言「地震・雷・火事・親父」)
■社内恋愛■ 連れ込むな 私は急には 泊まれない (交通標語「気をつけよう車は急には止まれない」)
■上司と部下■ “ちゃん”付けて 呼ばれた時は ヤな仕事
■ボーナス■ ボーナスに 履かせてみたい 厚底を
■マンネリ夫婦■ プロポーズ あの日にかえって 断りたい
■夫の地位低下■ 「パパお風呂」 入れじゃなくて 掃除しろ
■酒乱■ 忘年会 図に乗り過ぎて 送別会
■健康■たまったなぁ お金じゃなくて 体脂肪
■高齢化社会■ 定年後 田舎に帰れば 青年部
■マイホーム■ 一戸建て 手が出る土地は 熊も出る


2017/08/04 駒形どぜう 

浅草にある泥鰌(どじょう)専門店「駒形どぜう」創業は、江戸時代の享和1年(1801年)。徳川11代将軍家斉の時代です。のれんの「どぜう」は元々の仮名遣い「どぢやう」四文字では縁起が悪いと、当時の有名な看板書きに頼んで奇数文字の「どぜう」と書いてもらったそうです。【注1】 江戸の庶民の味を、二百年以上もそのまま伝えている店は珍しいと思います。

まずはぬる燗の酒を飲みながら、今時少なくなった鯉のあらいでを酢味噌で食べます。メニューには「鯨の刺身」も載っているので、これも迷わず注文しました。名物の泥鰌鍋は、酒に漬けた丸のままの泥鰌を甘味噌仕立ての味噌汁で一度煮て、それを鍋に入れて濃い目の甘辛い割り下で煮込むのだそうです。【注2】笹掻きにしたゴボウを鍋に入れ、仲居さんに“たっぷり乗せてください”と言われた刻みネギも山盛りにし、食べる時は山椒か七味唐辛子をお好みで、少しかけると泥鰌の臭みを感じず、骨も柔らかく抵抗なく食べられます。

鯉のあらい 鯨刺身
泥鰌鍋 店内席(Copyright:駒形どぜう)

【注1】駒形どぜうホームページ:歴史 【注2】駒形どぜうホームページ:料理

駒形どぜう:東京都台東区駒形1-7-12 TEL: 03-3842-4001


2017/08/20 鯛尽くし

割烹「岸由」店主の坪島さんから、「鳴門で採れた4kgの天然真鯛が入ったので『鯛尽くし』でいかがですか?」という電話が有りました。鯛尽くし?刺身、塩焼き、煮付け、鯛の潮汁、あら煮、鯛めし、鯛茶漬け、洋風カルパッチョ・・・まだまだあるでしょ。百聞は一見に如かずというので早速カウンターに座ると、坪島さんは捌いて鱗を取ったばかりの鯛を見せてくれました。目玉が大きい!「この廻りのゼラチンが美味しいんですよね」とリクエスト。『鯛の尾より鰯の頭』(=鶏口となるも牛後となるなかれと同じ意味)と言うけれど、今日は鰯じゃない、鯛の頭を食べるんだ!あ、尾も食べるけど。(笑)

最初の小鉢は鯛の握り、唐墨、モズクの酢の物。次は鯛の兜の炊き出しをポン酢につけて食べます。もちろん目玉の後ろのゼラチンは、骨を指で押さえてチュルチュル食べます。続くお造りはもちろん鯛の刺身で、新鮮なのでとても甘い!塩焼きはぱりぱりの皮が美味しく、もちろん焦げた尾も旨いつまみなので酒が進みます。やっぱり『魚は鯛』(=魚の王様は鯛)ですね。締めは鯛めしと味噌汁・香の物で、最後は苺で口をサッパリさせます。今日飲んだお酒は冷やで石川県の「宗玄」を2合、そして神奈川の「鬟を1合、最後は香川県の「悦凱陣」をぬる燗で1合と、計4合を美味しくいただきました。

捌かれた鯛 鯛の握り鮨・もずくの吸い物
鯛の塩焼き

鯛めし


2017/08/30 Japan Dos and Don’ts (日本でのマナー)

日本通のオーストラリア人 Benedict Walkerが著した「Japan Dos and Don’ts」には、初めて日本を訪れる外国人のための基本的な礼儀作法について、分かり易く解説されています。そのダイジェストはインターネットでも検索できます【注1】ので、いくつかご紹介しましょう。(写真=Lonely PLanet)

  良いこと(Dos) いけないこと(Don'ts)
挨拶 If a Japanese person bows to you, an incline of the head in return will usually suffice. 日本人の相手の頭を下げる角度と同じに頭を下げる。 Wait for the opposite party to offer their hand before thrusting yours forth. 相手より先に自分の手を出して、握手しようとする。
食事 Say “ita-daki-masu” before eating, akin to ‘bon appetit’ and say “gochi-so-sama” after you’re finished which expresses appreciation. 初めに「いただきます」、終わりに「ごちそうさまでした」と言う。それぞれ「食事を楽しみます」、「美味しくて満足です」という意味である。 Don’t standing upright chopsticks in a bowl of rice or use them to pass food directly to another person’s chopsticks. These actions are reminiscent of funeral rituals. 箸をご飯茶碗に突き立てたり、自分の箸から他人に箸へ食べ物を直接渡すことはすべきでない。これらの動作は日本人の葬式のしきたりを思い出させるからだ。
交通機関 When waiting to board a train, Japanese form an orderly queue. You should follow them. 日本人は電車に乗る時はキチンと列を作って並ぶので、その後ろに並ぶこと。 It is considered rude to speak loudly when travelling on public transport. 公共交通機関で旅をする時、大声で喋ることは礼儀を知らない人とみなされる。
日常生活 Get good-value meals at “shokudo”, inexpensive diner, and eat “teishoku,” set-course menu, including a main dish of meat or fish, rice, miso soup and salad for around \1,000. 安い食堂で肉或いは魚、ご飯、味噌汁、サラダの定食を食べれば、1,000円程度で済む。 Avoid the peak domestic travel times of New Year, Golden Week(late April to early May), and Obon(mid-August). If you can’t, book well in advance. 旅行客で混む新年、ゴールデンウイーク、お盆の季節は旅行を避ける。避けられない場合はかなり早めに予約を取ること。

【注】Lonelyplanetby Benedict Walker


2017/09/08 銀之塔

東京東銀座の歌舞伎座の近くにある「銀之塔」は、昭和30年開店のシチュー専門店です。贔屓の歌舞伎俳優も多く、楽屋に届ける出前が冷めないようにと容器を土鍋にしたそうです。フツフツと煮たぎったまま土鍋で出てくるので、気を付けないと火傷するほどの熱さです。店の名はフランス・パリの有名レストラン「トゥール・ダルジャン」をそのまま日本語に訳したもので、歌舞伎に縁の深かった久保田万太郎が遊び心で名付けたそうです。そういえば店の暖簾には「トゥール・ダルジャン」の代表料理素材である鴨が二羽描かれていました。

メニューはシチュー(ビーフ、タン、野菜、三種ミックス)とグラタンのみ。何時間も特製デミグラスソースで煮込んだシチューは、箸で切れる程お肉がやわらかく、コクがあるのにしつこくなく、私はウスターソースの味を感じました。人参、ポテト、さやインゲン、玉葱など野菜もゴロゴロと入っており、ご飯と小鉢3品(ひじき、切り干し大根、わらび)、お漬け物が添えられた、あくまで「和」な味わいのシチューです。れんげでたっぷりシチューを白いご飯にかけて、ソースの味を染みこませてカレーライスみたいに食べると美味しいし、どんどん進むご飯はお替わり自由です。

銀之塔 東京都中央区銀座4-13-6  TEL:03-3541-6395


2017/09/15 神楽坂食べ歩き(14)  蕎楽亭(きょうらくてい)

神楽坂毘沙門天(善国寺)近くにある「蕎楽亭」は、店主の出身地会津の玄そばを、店内の石臼で挽いた手打ちそばが美味しい蕎麦屋です。そば屋ではめずらしいカウンターに座れば、揚げたての天ぷらを直ぐに食べられますし、「こういう店なら毎日飲みに来たい」と思う程、つまみと酒が豊富な店です。ふらりと立ち寄る客を大事にするため予約は一日3組しか取りませんが、夜の開店時刻(17:00)から僅か15分後には続々と押し寄せる客で、満席になってしまいました。

カウンターと奥の調理場合わせて6人の男性が、手分けしてきびきびと料理を作り、二人の女性がテーブルとカウンターを往復して料理を運びます。まずは、白子のポン酢と小柱の刺身をつまみにとって、福島の「飛露喜」を飲んでみました。慣れたスッキリした味で旨い!魚は鮨屋と変わらぬ新鮮さで、居酒屋値段で出て来ます。隣の席のご夫婦が食べている湯葉の玉子とじが暖かくて美味しそうなので、追加注文しました。

馬刺しや出汁巻き玉子、このこ(なまこの卵巣)、こづゆ(海産物の乾物を素材とした会津の汁料理)泥鰌の唐揚げ、牛すじ煮込みなど、食べてみたいつまみばかりですが、名物の揚げたて天ぷら(才巻海老、穴子、キス、メゴチ、野菜)と一緒に、二色蕎麦(=普通の十割蕎麦と黒い田舎蕎麦)を食べることにしました。酒は会津の「岳」(純米吟醸酒)に変えてみましたが、わざわざ酒米を「山田錦」と「五百万石」と分けて、別値段でメニューに書いてあります。蕎麦も、つまみも、酒もこだわっているのですね。

蕎楽亭 東京都新宿区神楽坂3-6  TEL :03-3269-3233


2017/09/27 神楽坂食べ歩き(15)  芝蘭(チーラン)

神楽坂の石畳の細い路地に、料亭か芸者置屋といった風情の黒塀と格子戸入り口の四川料理店「芝蘭」があります。四川料理はピリリと痺れる山椒の「麻(マー)」と、舌がヒーハー言う様な唐辛子の「辣(シン)」を組み合わせた辛い料理が名物です。このお店では自家製の豆板醤を使った定番の麻婆豆腐の他に、こんがりとローストした皮付き鴨肉を、四川産の20種類ほどのスパイスを入れた特製スープに浸した「四川ダックスープ」も人気なようです。紹興酒「古越龍山」を飲みながら、この二つの看板料理を食べつつ、辛さの緩和にターサイの塩味炒めを注文して口に運びます。あ、やっぱり白いご飯が必要です。最後は黒酢の酸辛麺(サンラーメン)で締めると、近くの洒落たバーで強めのカクテルを一杯引っかけて帰りたくなりますね。

入り口 麻婆豆腐
四川ダック 酸辛麺

芝蘭 東京都新宿区神楽坂3-1  TEL 03-5225-3225


2017/10/03 池波正太郎記念文庫

台東区立中央図書館(台東区西浅草)1Fに、上野・浅草を愛し、江戸の下町を舞台とした「鬼平犯科帳」・「剣客商売」などの時代劇小説を書いた池波正太郎記念文庫(入場無料)があり、池波氏の著作本・蔵書・遺愛品、自筆原稿、復元書斎などが展示されています。年譜を読むと大正12年(1923年)浅草に生まれた池波氏は、生まれた年に関東大震災で家を失い、小学校卒業後兜町の株式仲買店に入り、徴兵されて海軍に入るも東京大空襲でまたも根岸の家を焼失しました。戦後は東京都下谷区(現台東区)職員として働きながら、作家長谷川伸氏に弟子入りして劇団作家・演出家となり、作家としては直木賞・吉川英治文学などを受賞し、平成2年(1990年)67歳で亡くなりました。

同氏が東京市下谷西町尋常小学校時代の通信簿が展示されていましたが、全科目の中で乙 (当時評価は甲乙丙の三段階)なのは地理と操行(態度)だけで、残りは全て甲です。解説によれば、同氏は図画の時間が一番好きだったのに担任が図画の時間に地理を教えることに反発して、授業中でも授業を聞かずに絵を描いていたからだったそうですが、反骨精神はこの頃からだったのでしょう。そして展示されている同氏のヨーロッパ旅行中に描かれたパステル画を見ると、1,400作品以上の小説・エッセーを著した文才に加え、絵筆の才能もあったことがよくわかります。

自筆原稿 フランス旅行中に描いた画

2017/10/12 華麗なる一族

「華麗なる一族」(山崎豊子著・新潮文庫)を何十年ぶりに読み返しました。太陽神戸銀行合併(1973年)【注1】 山陽特殊鋼会社倒産(1965年)【注2】、という、当時の新聞を賑わせた経済事件をなぞりながら、妻妾同居という異常な富豪家族を舞台に、複雑な人間模様と次から次へと事件が起こる小説です。小説では主人公万俵大介の長男鉄平が経営する特殊鋼会社が、過大設備投資で資金繰りが詰まった時、メインバンクである父親の阪神銀行が「自分の息子は、本当は妻と実父の子ではなかったのか?」という長年の疑問から逃れられず故意に融資を打ち切り倒産させ、絶望した長男は猟銃自殺し、政略結婚させられた次男銀平も家庭崩壊して離婚します。

一方で大介は料亭で政治家・大蔵省官僚を接待贈賄して、相互銀行から都銀になった太同銀行(=協和銀行がモデルといわれる)を、政治工作により阪神銀行に合併させるなど、いかにも「現実社会でも、裏ではきっとそうだったんだろうな」という感じで話が進みます。合併した阪神大同銀行の頭取になって保身のため妾を追い出し、さらに野望を広げようとした大介が、自殺した長男のDNA鑑定から、鉄平は自分と妻寧子の実の子であることを知り慟哭するという場面で終わります。

一度読んでいるので「この二人は確か不倫関係だったよな」とか、「この佐橋総理というのは佐藤栄作総理のことだよな」、「スクラップ材を供給せずにゴリ押しする帝国製鉄とは、新日本製鐵のことか」とか、「あ、この後どんでん返しがあるんだよな」とか、などと思い出しながら楽しみました。この小説は映画やテレビドラマにもなって評判だったそうですが、雨の休日をあっという間に過ごさせてくれた上中下三冊でした。

【1】太陽神戸銀行合併 【2】山陽特殊鋼事件