Library
2015年7月〜12月
2016年1月〜6月
2016年7月〜12月
2017年1月〜6月
2017年7月〜12月
2018年1月〜6月

2017/07/04 ポンデザール(Pont des Arts)ワイン

フランスのパリ、セーヌ川に架かる橋のひとつにポンデザール(Pont des Arts:芸術橋)があります。恋人同士が南京錠に二人の名前を書いて欄干の金網に取り付け鍵をかけ、その鍵をセーヌ川に投げ込む“愛の南京錠”が流行し、その重みで2014年6月には欄干の金網の一部が崩れて橋が閉鎖されたため、パリ市当局は南京錠が取り付けられないよう金網を撤去し、ガラス板に換えたという、曰く付きの橋です。【右写真】

ティボー/アーサー

この「ポンデザール」を会社名にしたワインを飲む会が、ヒルトン東京のレストラン「王朝」で開かれました。 当日ワインの説明をしてくれたティボー・ポンタリエ(Thibault Pontellier)氏は、シャトー・マルゴーオーナーの息子で、彼と友人のアーサードゥ・ヴィレパン(Arthur de Villepin)が、“ワインと芸術の架け橋”を目指して、ボルドー、ブルゴーニュなど、フランス各地のワインメーカーから選んだものを、「ポンデザール」ワインとして販売しているようです。またラベルはワインのイメージに合わせ、新進アーティストに描かせています。

この日はボルドーのソービニオンブラン、ブルゴーニュのムルソー、と全く異なる白ワインを出して、その後もブルゴーニュのジュヴレシャンベルタン、ボルドーのポムロールワインと、豪華な顔ぶれで中華料理と合わせていました。この会社の本社はパリと香港で、北京、上海や東南アジアに支店を持ち、ラベルのアーティストに中国人芸術家を多く採用していることなどから、中国資本のような印象を受けました。

ポンデザ^−ルワイン 鮑の煮込み燕の巣 ジュブレシャンベルタンのラベル

 


2017/07/11 手打ち蕎麦「汐見」

新宿区鶴巻町早大通りにある「汐見」は、毎朝石臼で自家製粉する香り高き十割蕎麦とともに、季節感溢れる日本料理をお手頃な値段(コース3,500円、5,500円、7,500円)で供してくれます。もちろん出汁巻き卵焼き、鴨ハツ塩焼き、湯葉刺身などのつまみや、蕎麦の単品注文OK、平日昼はお得なランチメニューもあります。 ご主人の汐見健さんは、もともとこの場所にあった和食割烹の世界では高名で指導者としても知られる師匠松下利市さんの店「日本料理 松下」で料理修業をし【注1】、2015年に「汐見」をオープンしてからは、蕎麦と一緒に楽しむ趣向を凝らした旬の素材料理を毎日工夫して出してくれています。日本酒利き酒師資格を持つ汐見さんが、各地の酒蔵を訪れて選んだ日本酒も豊富で、一杯一杯グラス(=半合)で出してきます。例えば高知の「酔鯨」という酒も、わざわざ純米大吟醸で酵母は「高育54号」にこだわっています。

入口 そばがき椀 せいろ蕎麦

この日のコースメニューは、まず温かいサヤエンドウのすり流しで胃を温め、前菜の盛り合わせ、京都の筍と駿河の生桜エビ、鰹のスモーク、そばがき椀と続きます。うるいに似て甘みを感じる「あまどころ」という珍しい山菜に、こごみ、フキノトウ、海老、水槽で泳いでいた鮎の稚魚を天ぷらで食べ、蕎麦は冷たいせいろか、温かいもりのどちらかを選べます。蕎麦は美味しいけれど、汁(つゆ)がしょっぱすぎたり、逆に甘すぎたりする店がありますが、「汐見」は十割蕎麦喉越しの食感が心地よく、汁は甘さとしょっぱさが絶妙なバランスです。そして南部鉄瓶で熱々で出されるそば湯が濃いので、最後の汁を割って飲むと「いい蕎麦屋だなぁ」という実感が湧きます。最後はそば茶と和菓子で締めます。

鴨ハツ塩焼き 稚鮎の天ぷら

「汐見」東京都新宿区早稲田鶴巻町556 TEL03-3202-4404 定休日:水曜

【注1】家庭画報.com 食Editor’s Report 2015/11/30


2017/07/21 神楽坂食べ歩き(13)  中華料理エンジン(Engine)

神楽坂にある中華料理店「Engine」を初めて訪れ増した。毘沙門天近くから5丁目の裏通りに入り、地図を頼りにウロウロ探しのですが見つからず、結局最後は近くの飲食店の店員さんにお願いして、連れてきてもらいました。しかもお店が入居している「ROJI神楽坂」というビルには、フレンチ、焼き鳥、居酒屋など様々なお店が入っているので、入り口で店名の看板を眺めながら、また迷ってしまいました。 まさしく路地という言葉がピッタリのわかりにくい場所でした。

しかしそんな苦労を忘れるような斬新な中華料理の店で、雰囲気もお洒落で気に入りました。オーナーシェフ松下和昌さん【写真右上】に話を伺ったら、「和の食材を中華に変える」をコンセプトに、季節野菜を豊富に取り入れ、素材本来の味わいを引き立てる」ことにこだわるそうです。店名のEngineの由来は「エンジンをかけて突っ走ること。ここから新しい中華を発信する」ことだとか。また「猿人」とも掛けてあり、それまで四つ足で動いていた猿から「猿人」が直立して二本足で歩くようになったことから、従来の中華の枠にこだわらない、という 意味もあるそうです。毎日少しずつ変わるメニューは、黒板に手書きで示されていますが、この日の春巻きの中味はなんと、フグとフキノトウと、アオリイカのげそとイカスミ。白子の春雨は四川風の辛いソースをかけたもの、スミイカは紹興酒漬けのアボガドと一緒に出されましたが、いずれも初めての体験でワクワクしました。

お店の一番人気は黒酢酢豚だそうで、まろやかな酸味と柔らかい肉、そして野菜の組み合わせに納得の一品です。締めの麺と炒飯も頼めばハーフサイズで作ってくれるのが嬉しいですね。この日炒飯は鯛とセリが具でした。なるほど、シェフの閃きを活かす、ヌーベルシノワ(新しい中華料理)の店です。

フグの春巻き 黒酢酢豚 鯛とセリの炒飯

Engine 東京都新宿区神楽坂5-43-2 ROJI神楽坂 1F TEL: 03-6265-0336


2017/07/27 サラリーマン川柳

第一生命が1987年に始めた「サラリーマン川柳」コンクールは今年30回目を迎え、これまでの投稿句数は108万句にもなったそうです。会社での日々の出来事や、人間関係などをいかに簡潔に、ユーモアと風刺を効かせ五・七・五でまとめるかで「言葉の遊び」を楽しみます。

使われている固有名詞や流行語に時代の流れを感じます。なるほどなぁと私が選んだ川柳を幾つか並べてみましたが、自虐的なものが多いですね。(笑) 【画像Copyriwght:第一生命:みんなのサラ千

■世渡りの秘訣■ 自信 菓子折り コネ お世辞 (格言「地震・雷・火事・親父」)
■社内恋愛■ 連れ込むな 私は急には 泊まれない (交通標語「気をつけよう車は急には止まれない」)
■上司と部下■ “ちゃん”付けて 呼ばれた時は ヤな仕事
■ボーナス■ ボーナスに 履かせてみたい 厚底を
■マンネリ夫婦■ プロポーズ あの日にかえって 断りたい
■夫の地位低下■ 「パパお風呂」 入れじゃなくて 掃除しろ
■酒乱■ 忘年会 図に乗り過ぎて 送別会
■健康■たまったなぁ お金じゃなくて 体脂肪
■高齢化社会■ 定年後 田舎に帰れば 青年部
■マイホーム■ 一戸建て 手が出る土地は 熊も出る


2017/08/04 駒形どぜう 

浅草にある泥鰌(どじょう)専門店「駒形どぜう」創業は、江戸時代の享和1年(1801年)。徳川11代将軍家斉の時代です。のれんの「どぜう」は元々の仮名遣い「どぢやう」四文字では縁起が悪いと、当時の有名な看板書きに頼んで奇数文字の「どぜう」と書いてもらったそうです。【注1】 江戸の庶民の味を、二百年以上もそのまま伝えている店は珍しいと思います。

まずはぬる燗の酒を飲みながら、今時少なくなった鯉のあらいでを酢味噌で食べます。メニューには「鯨の刺身」も載っているので、これも迷わず注文しました。名物の泥鰌鍋は、酒に漬けた丸のままの泥鰌を甘味噌仕立ての味噌汁で一度煮て、それを鍋に入れて濃い目の甘辛い割り下で煮込むのだそうです。【注2】笹掻きにしたゴボウを鍋に入れ、仲居さんに“たっぷり乗せてください”と言われた刻みネギも山盛りにし、食べる時は山椒か七味唐辛子をお好みで、少しかけると泥鰌の臭みを感じず、骨も柔らかく抵抗なく食べられます。

鯉のあらい 鯨刺身
泥鰌鍋 店内席(Copyright:駒形どぜう)

【注1】駒形どぜうホームページ:歴史 【注2】駒形どぜうホームページ:料理

駒形どぜう:東京都台東区駒形1-7-12 TEL: 03-3842-4001