Library
2017年1月〜6月
2017年7月〜12月
2018年1月〜6月
2018年7月〜12月
2019年1月〜6月
2019年7月〜12月

2019/01/01 五箇条の御誓文

慶応4年3月14日(旧暦)(=新暦1868年4月6日)に、明治天皇が天地神明に誓約する形式で公卿や諸侯などに示した明治政府の基本方針として、夙(つと)に有名なのが「五箇条の御誓文」です。新しい時代への昂ぶる気持ちが明瞭な表現で伝えられ、昨今の政党による安直かつ偽善的な「マニフェスト」と称するものとは、雲泥の差があります。それにしても英文を直訳してみると、いかに明治時代の日本語が簡潔にまとまった表現(=英語のsuccinctという単語がピッタリです!!)なのかとつくづく感心します。明治神宮に和英対照で掲げてあった 「五箇条の御誓文」を、紹介します。

五箇条の御誓文 Charter Oath in Five Articles

1.広く会議を興し、万機公論に決すべし。
Deliberative assemblies shall be widely established and all matters shall be decided by general discussion based on public sprit. 【とことん話合う会議を全国津々浦々で行い、公の精神に基づき、誰でも意見を主張出来る会議の場で議論を尽くして、物事を決定すべきである。

2.上下心を一にして、さかんに経綸を行うべし。
All people, regardless of their respective status in society, shall unite their hearts and minds, and vigorously contribute to the development of the country. 【社会的地位の違いはあるとしても、全ての国民が勇気と知力を合わせて、国の発展のために力強く貢献すべきである。

3.官武一途庶民に至るまで、おのおのその志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。
It shall be ensured that all people, officials, civilian or military as well as the general public, may accomplish their personal calling and not lose their spirit for life. 【官僚であろうと、市民であろうと、軍人であろうと、一般庶民であろうと、全ての国民が自分で望むことを実現させ、自分の生活を失うことのないような国を造るべきである。

4.旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。
Out-dated and harmful practices shall be broken, and everything shall be based on universal principles. 【時代遅れで有害な習慣は破棄し、全ての事は普遍の道理に基づいて対処されるべきである。

5.智識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。
The nation’s core shall be vitalized b by gathering knowledge from all over the world, while cherishing our beautiful culture and tradition centering the Emperor. 【世界中の知識を集める一方で、天皇を頂点とするわが国の美しい文化や伝統を尊重することが、わが国の有るべき姿である。


2019/01/05 一線を越えた文在寅韓国大統領

2018年12月20日石川県能登半島沖で、韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機にレーダーを照射した映像録画を、防衛省が昨年末(2018年12月28日)一般公開しました。これを見て「文在寅(韓国大統領)は、一線を越えたな」、と私の直感が告げました。極秘の軍事情報をここまで生の形で公開することは本来なら有り得ないはずですが、次に攻撃を前提としている挑発行為であるレーダー照射[=ロックオン]を韓国海軍が行ったにもかかわらず韓国はその事実を認めず、「レーダーは遭難した北朝鮮漁船を探すために使った」と嘘をついたため、異例の生画像での事実公表に至ったのでしょう。

レーダー照射された自衛隊機の録画画像を見せると、韓国政府は「自衛隊機が超低空飛行で韓国艦艇を威圧した」と、はるか上空の位置からの撮影画像を認めず、「韓国艦はレーダー使用はしていなかった」としらを切ったと報道されています。【注1】 私は公表された防衛省ホームページの動画画像(13分)【注2】を見ましたが、照射を受けて「アー、FC(火器管制レーザー)出しています!メチャクチャ凄い音です。避けた方がいいですよね」という緊迫した海上自衛隊搭乗員の生々しい声や、ブーブーという緊急ブザーの音、そして三種類の周波数無線で「こちら日本海軍。韓国海軍艦艇番号971、貴艦FCアンテナが我々を指向した。目的は何ですか?応答願います」と呼び掛けたのに、韓国側が何も答えないことにも驚きました。その時の会話が”This is Japan Navy. (Japanese Navyではなかった)What is the purpose of your act?”という極めて日本人的英語だったことが、逆に攻撃を受けるかも知れないとっさの状況での緊迫感を物語り、こちらが真実であることは間違いないと確信しました。

もしこれが日韓逆の行動で事件が起こり、安倍首相・岩屋防衛大臣が「そんな事実はない」と言い張ったら、韓国国民はどういう反応をするかを考えれば、韓国政府・海軍は過ちを正直に認め、直ちに責任者を処分した上で日本に謝罪すべきだと思います。 ところが北朝鮮大好き・日本憎しの文在寅韓国大統領は就任以来、「日韓の歴史を整理しなければ」と主張し続け、1965年の日韓条約で解決済みの徴用工問題を蒸し返したり、再三再四慰安婦問題は未解決と繰り返し、国際的に認められている自衛官の旭日旗を韓国入港の時は外せという無茶苦茶な要求を突きつけ、挙げ句の果てがこのレーダー直接照射攻撃を頬被りして誤魔化そうとしています。支持率回復のために「反日」を国民に訴えるのは韓国歴代大統領の常套手段ですが、「仮想敵国は日本だ」とまで言い切った盧泰愚元大統領側近だった文在寅の、大統領就任以来の数々の言動を見ていると、もうこれ以上日本はアンタとは付き合えないよ、と言いたくなります。

【注1】読売新聞(2018/12/28)  【注2】防衛省ホームページ

     【2019/01/12 追記 合成画像でごまかそうとする韓国】

「韓国文在寅大統領は1月10日の年頭記者会見で、いわゆる徴用工訴訟判決について「日本の指導者が政治的争点とするのは賢明でない」と日本政府を批判した。日本が無償3億ドル、有償2億ドルを韓国に与えた1965年の日韓協定には、『請求権問題は完全かつ最終的に解決された』と明記されており、無償の3億ドルには個人の被害補償問題の解決金が含まれている。国際法上既に解決済みの問題を蒸し返し、政治的争点にしたのは韓国である」という新聞報道(2019/01/11日本経済新聞)を読み、文大統領の余りに身勝手な日本批判に腹が立ちました。

さらに韓国海軍駆逐艦が、北朝鮮船救助と称して給油(密輸?)しているところを海上自衛隊哨戒機に目撃され、慌てて火器管制レーダーを照射した問題でも、「日本の哨戒機が威嚇的な低空飛行をした」と事実と全く異なる主張をして、韓国側の反論動画を出しましたが、4分30秒の動画は日本が発表したものを自分に都合良く編集したもので、笑止千万と言わざるを得ません。つまり、

(1)海上自衛隊ホームページ掲載の哨戒機画像をサムネイル(表紙にするための縮小掲載)し、さもさも低空飛行しているような合成画像を作成し、合成をごまかすため色合いを調整加工しています。
(2)自衛隊機飛行高度150mは問題ないのに、「それは民間航空機の基準で、軍用機に適用することは日本は国際法を歪曲している」と難癖をつけたが、韓国哨戒機の通常飛行高度は同じ150mで自己撞着
(3)韓国駆逐艦は「北朝鮮遭難漁船救助中という人道的活動中なのに日本の哨戒機が低空威嚇飛行した」と非難したが、都合が悪くなるとすぐに「論理」でなく「情緒」にすり替える韓国のいつもの手口です。

韓国海軍発表動画 海上自衛隊公表動画

それもこれも合わせて考えると『賢明でない指導者は文在寅、あなた自身だ!』と言いたくなります。

      【2019/03/06追記 なりふり構わぬ反日キャンペーン】

韓国文在寅大統領は2月26日、日本の植民地時代の独立運動家・金九(キムグ)記念館でわざわざ閣議を開催し、「親日を清算し民族独立のための3.1独立運動(1919)について対して正しく礼を尽くすことは、民族の精気を奮い起こし、正しい国へと進む始まりでもある」と語り、初代韓国統監伊藤博文元首相を1909年に射殺した安重根の遺骨を中国や北朝鮮と協力して発掘したい考えも示した。また(1)3.1独立運動のユネスコ世界遺産登録を目指す、(2)3月1日から独立の松明(たいまつ)聖火リレーが全国100ヶ所を回る、(3)独立功労者の子孫の家に記念プレートを設置する、(4)当局主導で愛国歌『3456』をバンクーバー五輪メダリストキム・ヨナに歌わせるキャンペーンを行う、など「突然の行事」が目白押しになっている。

韓国の独立が日本の敗戦による受動的なものでなく、あくまでも韓国民の手で勝ち取ったものだという形にするため、なりふり構わぬ文在寅大統領の3.11キャンペーンを、元駐韓大使武藤正敏氏は韓国という国の歴史観は事実を基にするのではなく、イデオロギーに沿って作られる文在寅は今後世界中で反日キャンペーンを展開するようですが、日本は徹底的に反論し、例えば文大統領が国連の制裁を破って北朝鮮に肩入れしている事実などを、国際社会にアピールすべきです」と述べている。【週間新潮2019/03/07号。右上写真はいつの間にかソウル市内中心部に、慰安婦と並んで建てられた徴用工の像】

2019/03/19追記: 韓国軍艦と北朝鮮<麻生幾:文藝春秋2019年3月号>

2018年12月20日午後3時頃、日本のEEZ(排他的経済水域)内を哨戒飛行していた海上自衛隊P1哨戒機は複数の北朝鮮小型船舶を発見し、しかもその近くに韓国の駆逐艦がいたので「なぜ韓国軍艦がここに?」と驚かされた。その直後にP1の自己防御装置HLQ-9が連続する警報音を発した。それはP1にFCレーダー(=武器を使用する時に相手の行方を探知するレーダー)を浴びせられたことを意味する。

防衛省が公表した映像録画には、「アー、FC出しています!メチャクチャ凄い音です。避けた方がいいですよね」という緊迫した海上自衛隊搭乗員の生々しい声が録音され、「こちら日本海軍。韓国海軍艦艇番号971、貴艦FCアンテナが我々を指向した。目的は何ですか?応答願います」と英語で呼びかけているのに、韓国艦からは何の応答もなかった。韓国が主張する対空捜索のためにクルクル回るレーダーアンテナからのレーダー波なら「間欠受信パルス」として記録されるので、FCとは全く違う。しかも自衛隊は韓国駆逐艦からFCレーダーが照射されたことを証明する決定的な証拠を握っている。それはP1の機首下に付けられたHAQ-2(赤外線光学カメラ)が、駆逐艦からFCレーダーを発射する方位盤がP1を指向しP1の動きを追尾し続けていたことを撮影していたからである。しかもこの軍艦には韓国国旗が掲揚されていなかった。 この事実は何を意味するのか?自衛隊関係者の最終的な答は次の通りである。


1.日本のEEZ内で密漁している北朝鮮の漁船を、韓国は護衛して助けていた。
2.或いは国連の貿易制裁を受けている北朝鮮の小型船舶に、韓国軍艦が「瀬取り(=船から船へ荷物を移す密輸)」をしていた。
3.その現場を日本の自衛隊機に見られたので、P1を追い払うためにFCレーダーを照射した。
4.つまり韓国は同盟国の日本より、朝鮮戦争時に韓国へ侵入した敵国北朝鮮の方を大切にしている。

       【2019/03/21 追記: 常軌を逸したヒステリー

3月20日ソウル郊外の京畿道(キョンギド)の議会では、道内の小中高約4,700校で使われる日本製の備品に「日本の戦犯企業が生産した製品」と記したステッカーを貼ることを義務付ける条例案が提出された。ニコン、パナソニックなど284社の日本企業を「戦犯企業」に指定し、20万ウオン(約2万円)を越す日本製品には「戦犯企業」のステッカー添付を義務づけるというもの。歴史も事実関係も約束破りも一切意に介さず、日本が全て悪い、自分達は被害者なのだから金を払え、という韓国社会のヒステリーはタガが外れてしまったとしか言いようがない。

本製品は日本の戦犯企業が生産した商品です。日本の戦犯企業というのは、対日抗争当時日本企業として大韓民国の国民に対する強制動員などで、わが国民に生命、身体、財産などの被害を与えた企業です。

[京畿道 教育庁]


2019/01/10 十四代七垂二十貫

「十四代七垂二十貫(じゅうよんだい しちたれにじゅっかん)」は、山形県の蔵元「高木酒造」で製造している日本酒「十四代」の最高クラスで、希少価値が高く入手困難のため幻の酒として知られています。七垂二十貫とは、20貫(75s)のお米から7垂(7滴)ほどしか取れないほど貴重な酒、という意味です。 兵庫県産の酒米「愛山」を40%精米し、奥羽山系葉山山麓の湧水桜清水(中軟水)の仕込み水を用いて作られ、袋吊りされたもろみから、斗瓶と呼ばれる小さな容器に少しずつ集めるという、手間がかけられた「斗瓶囲い(とびんかこい)」と呼ばれる製法を用いているそうです。【注1】しかも最も良い状態で出荷できる7月と10月の年2回のみ発売されるため、定価の10倍というプレミアム価格で取引されています。ネットの楽天市場で「十四代七垂二十貫」価格を調べたら、四合瓶(720ml)で3〜6万円、一升瓶(1800ml)だと10万〜12万円で取引されているようです。

この貴重な「十四代七垂二十貫」を飲む機会に恵まれたのは、昨年12月25日に手打ち蕎麦「汐見」(早稲田鶴巻町)で行われた「クリスマスを蕎麦屋で楽しむ会」でした。乾杯スタートはシャンペンならぬ「七賢発泡酒」(山梨)。今が旬の寒鰤にはさらさらとした舌触りの「尾瀬の雪解け」(群馬)、酒蒸し鮑にイクラを乗せた料理には春霞(秋田)の冷やおろしのぬる燗で合わせ、「本日のメインイベントです」とボクシング試合の乗りで紹介されたのが「十四代七垂二十貫」。【右写真】

参加者はグラス一杯のみでしたが、このフルーティながら濃厚という不思議なフィネスを持ったチャンピオン酒に合わせたのは、自家製のローストビーフに塩水雲丹を乗せるという、これまた汐見さんの独創的料理でした。「お替わりは無理ですよね?」と小声で尋ねたら、「申し訳ないけど、七垂二十貫の一升瓶は空いてしまいました。十四代播州愛山を代わりにどうぞ」と、お店にあった十四代を飲ませてもらいました。この愛山でも楽天市場では一升瓶は3万円以上しています。御馳走様でした。

鶴岡さん(左)は可愛いサンタ帽子で

酒蒸し鮑イクラ乗せ

寒鰤のネギ巻き ローストビーフ(左)と七垂二十貫(右)

【注1】高木酒造


2019/01/14 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」(ケント・ギルバート著:講談社)を読みました。『中国、朝鮮、日本の国民性には大きな隔たりがあり、その原因は大陸、半島、島国という地理的要因よりも儒教思想に支配されているか否かがポイントである』というのが結論でした。私は著者の仮説には『儒教とは人徳を備えた君主が仁の気持ちで国を治めることを理想とする政治であり、現在の共産主義国家中国が儒教思想に支配されているというのは、いかがなものか?』と疑問を持ちました。しかし頁を読み進めていくうちに、著者の言う『儒教』とは孔子の教えの一部である「徳のある君主が治める国は正しい」という部分の「徳のある」を都合良く省き、自分達の正当性を主張するためのプロパガンダとして使うことで、いわば『儒教の呪い』というべき身勝手なイデオロギーを指しているのだと理解し、合点が行きました。著者はこの三国の国民性を以下の様に比較分析しています。

1.中国
 漢民族は自分達が世界の中心で周りは野蛮な国家であるという中華思想があり、中国為政者は公(国家)よりも私(家族)を優先するので、その偽善を言葉で飾るために長幼の秩序を重んじる儒教を利用した。特に20世紀の指導者毛沢東による文化大革命で、儒教に残されてきた「仁義礼智信」という倫理観を完全に捨てて、極端な拝金主義に走るようになった。これが国際法よりも自国だけの利益、もっとハッキリいえば共産党幹部とその一族の利益を最優先させる特異な国家として、国際社会で異端視されている原因である。

20世紀は多くの植民地が独立したが、逆に植民地(チベット、ウイグル)を増やしているのが中国である。しかも「東南アジア、朝鮮半島、樺太、沿海州はもともと中国領土であった」と歴史の捏造や事実の歪曲などは朝飯前で、南シナ海の領土侵略をフィリピンが国際仲裁裁判所に訴え、フィリピンが勝訴したにもかかわらず、今でも実行支配している。「アメリカ帝国主義からの解放を助けるため」チベットに入った中国軍は87,000人のチベット人を殺戮し、現在でも弾圧を続けている。

中国人は「現世さえ楽しめればいい」という価値観なので、水産資源を枯渇するまで取りつくしたり、大気汚染・水質汚染がひどくなっても自分が儲けるためには他人が困ろうが知ったことじゃないと環境対策を取らない。結果として中国本土で人が住める地域が減ってしまった。これが海外領土侵略をさらに勢いづける原因になっている。

2.朝鮮
  朝鮮は中国にすり寄り「小中華」として他の周辺国に優位性を保とうとした。儒教ルールに則り親で有る中国には平伏し、弟である日本には兄として高圧的に出るという姿勢が基本スタンスである。朝鮮人の気質は(1)事大主義(=強いものにペコペコ、弱いものに威張る)と、(2)異常な嫉妬心(恨=ハン)であるが、その根源が儒教にあると言える。

朴槿恵韓国大統領は2013年に「加害者と被害者の立場は千年経っても変わらない」と日本を非難したが、南北合わせて500万人もの朝鮮人が死亡したと云われる20世紀の朝鮮戦争で、侵入してきた中国共産党に「謝罪と賠償」を求めたことは一度もない。世界中で慰安婦問題を叫んで日本を非難するくせに、自分達がベトナム戦争時代にサイゴンに韓国兵専用のベトナム人女性による慰安所を運営していた事実には、一切頬被りする。

韓国人のコンプレックスが一番良く現れているのが「ウリジナル」(ウリ=我々を意味する韓国語+オリジナル)呼称で、歌舞伎、カラオケ、寿司、茶道などすべて韓国が発祥の地だと言い張ることだ。また社会全体が告げ口体質となっており、犯罪現場を撮影したり証拠を提出すると報奨金がもらえる一方、誣告罪(=虚偽の告訴事件)は年間3,000件を越えている。韓国歴代大統領11名は今まで全て在任中暗殺されたり、退任後に逮捕されたり、自殺したり、或いは亡命したりクーデターで政権を追われている。【注1】こういう国も珍しいのではないか。

3.日本
  日本は中国・朝鮮経由で儒教は伝えられたが、仏教同様その良い部分だけを選んで上手に取り入れ、伝統的な神道に吸収し、さらに江戸時代は武士道という倫理道徳規範として確立させた。儒教の「仁義礼智信」を「公の心、名誉、勇気、潔さ、惻隠の情」という形で昇華させた武士道こそ、今日まで続く日本人の生活に浸透している高い倫理道徳の源泉である。なぜ同じ儒教に接しながら日本は中国・韓国の様な独善的な思想にならなかったか? それは(1)天皇制の存在で日本では一度も王朝交替が起きていないので「易姓革命」により前王朝をすべて否定するという歴史を持たなかった、(2)「和を以て貴しとなす」の話合いで物事を決める「和」の精神が日本人には根付いていたからであろう。

「こちらが譲歩すれば相手も譲歩してくれる」と思うのは「和」を尊ぶ日本人の思考回路であり、「弱気を見せれば相手に付け込まれる」という外交ではこれは全く通用しない。直近の例を挙げてみよう。

(中国)2010年中国漁船が尖閣島沖で日本の巡視船に体当たりし船長が逮捕されると、中国はレアアースの対日輸出禁止、在中国日本ビジネスマンのスパイ容疑による逮捕で圧力をかけ、結局時の民主党政権は、違法行為を行った中国人船長を裁判にもかけず釈放してしまった。

(韓国)2015年日本が軍艦島をユネスコ世界遺産に登録する時、韓国が推薦した百済地区の登録に協力するという交換条件で韓国の内諾を取り付けたが、土壇場で韓国は「軍艦島で働かされた強制徴用の朝鮮人被害者を讃える文言を入れろ」と主張し、「施設内で戦時中、朝鮮半島出身者が働いていたことを明示する」結果に。

【注1】歴代韓国大統領11人の末路
※注※ これは著書には載っておらず、インターネット情報などから管理人が独自作成したものです。 こうして改めて眺めると、一人として平穏な余生を暮らした大統領が韓国にはいないことに気付きます。よく言われることですが、韓国の国民性は「恨(ハン)」即ち「嫉妬と憎悪」で、新羅の昔から朝鮮半島には「讒言(告げ口)」文化が根付いていたということを、図らずも示しているような気がします。

(1)1〜3代 李 承晩(イスンマン):クーデターで失脚、アメリカに亡命
(2)4代 尹梵善(ユンボンソン):クーデターで退任後軍法会議で懲役3年の判決。
(3)5〜9代 朴正煕(パクチョンヒ):側近に暗殺される。
(4)10代 崔 圭夏(チェ・ギュハ):クーデターにより失脚。
(5)11〜12代 全斗煥(チャンドゥファン):反乱罪で無期懲役。恩赦。
(6)13代 盧泰愚(ノテウ):政治資金隠匿・軍反乱罪で懲役22年判決。
(7)14代 金泳三(キムヨンサム):経済悪化で辞任。次男が権力濫用で収監。
(8)15代 金大中(キムダエジュン):北朝鮮への不法送金を追及されアメリカへ亡命。
(9)16代 盧 武鉉(ノムヒョン):親族の不正調査中登山滑落死(自殺)。
(10)17代 李 明博(イミョンバク):兄が金銭疑惑で逮捕。懲役15年。
(11)18代 朴槿恵(パクウネ):国家機密を漏らした友人の不正蓄財関与で逮捕。


2019/01/18 銀座6丁目に師弟鮨店が三店

「東京最高のレストラン2019年版」(ぴあ株式会社)鮨部門に、「銀座鮨青木」と共に、「鮨青木」で修業して独立した二人の店も選ばれていたので、長年の「鮨青木」ファンの私としては、とても嬉しくなりました。

青木さんのお父さんの青木義さんは、江戸前鮨名店として名を馳せた銀座「なか田」で、20年ほど修業の後、1972年暖簾分けを許され京都木屋町に「なか田」を開業しました。1986年に東京へ戻り麹町に「鮨青木」をオープンし、1992年には念願の銀座に店を移した翌年(1993年)、突然の病で世を去りました。 二代目青木利勝さんが店を継いだのは弱冠29歳の時。それから25年で銀座を代表する鮨店になりました。私が初めて「鮨青木」を訪れたのは2006年。ちょうど王ジャパンが野球世界一になり、その勢いを買って松坂大輔が120億円でレッドソックスに移籍した年でした。

その頃旦那(青木利勝さん)と並んで鮨カウンターで鮨を握っていたのが、無口で凧揚げが好きな浜松出身の鈴木孝尚さんと、東京マラソン始めフルマラソンに参加していた、物腰柔らかなスポーツマン杉澤敬吾さんでした。この二人が十年以上の「鮨青木」修業を終え、独立してそれぞれ自分の店を出しました。しかも旦那の店と同じく鮨のメッカ銀座6丁目にです。(!) 鈴木さんも杉澤さんも、「旦那は気持ち良く独立を認めてくれただけでなく、自分が使っている仲卸業者や内装業者も紹介してくれたましたし、店の開店案内にはわざわざ推薦文まで寄せてくれました。普通はお客の取り合いになるので、旦那の店の近くではオープンしないのが礼儀ですが、太っ腹の旦那は『これからはお互い切磋琢磨しよう』と、銀座6丁目で開店することを許してくれました。なかなか出来ないことですよ」と、感謝しています。

私も「鮨青木」に4回行くペースを、青木:鈴木:杉澤=2:1:1の割合で通うようになりました。二人の弟子は鮨の基本は旦那の作法と同じながら、料理の出し方、素材の組み合わせ方などに、それぞれの個性が出ています。鈴木さんは赤酢のシャリ(酢飯)にこだわり、杉澤さんは旬の野菜にこだわりを持っています。旦那を含めた三人に共通するのは現状に甘んじず、常に新しいものを求めて精進する姿勢です。銀座6丁目で師弟三店全てが、繁盛することを願っています。

鮨鈴木 鮨杉澤オープン時 鮨青木

 鮨鈴木 → 家庭画報誌紹介     鮨杉澤 → ホームページ   鮨青木 → ホームページ


2019/01/25 クチーナ イタリアーナ ハル

友人Kさんに連れて来てもらったのが「クチーナ イタリアーナ ハル」。『昔ながらの江戸情緒を色濃く残す町・文京区湯島。湯島天神からほど近い閑静な住宅街の一角に、軒を構える本格派のイタリア料理店です』【注1】という店のオーナーシェフ山田晴久さんは、フィレンツェで料理修業したそうです。初対面の私にも「食材や料理はその日最高のものを。でもおもてなしは居酒屋みたいに肩肘張らずに、というのが僕のスタイルです」と、気さくに話しかけてくれました。さらに「量はどうしましょうか?」と聞いてきたので、私は普通(M)、Kさんは少なめ(S)、ワイフはごく少なめ(SS)と注文しました。料理やパスタの量を、食べる人の胃袋に合わせて調整してくれるのはとても親切です。

シェフ Haruさん お店の入口

この日のコースは、魚のメヒカリのフリットでスタートしたので驚きました。イタリアンで鰯ではなく、深海魚のメヒカリですか?でも骨まで食べられるフリットなので美味しい!続いて天使の海老とルッコラのサラダ、そして白子のフリットパプリカソース。なるほど素材にこだわっています。手打ちのパスタは、ラグーソースが甘辛く絡んで美味しかったです。飲物もハウスワイン(赤・白)は100cc当たり350円で、飲んだ分量だけ請求されるというのも良心的です。でもワインリストを読むと、一本30,000円のルーチェや45,000円のサッシカイアなど、トップクラスのイタリアワインも揃っています。「居酒屋みたいだけど、それなりのワインも用意してあります」、といったところでしょうか。

サッシカイアを飲みました 手打ちパスタ・ラグーソース

【注1】クチーナイタリアーナ ハル(Cucina Italiana HARU)ホームページ


2019/01/31 なぜ新宿区には外国人が多く住んでいるのか?

私が住んでいる中野区東中野のマンションは、神田川の(左岸)なのでRive Gauche (リヴゴーシュ)と名付けたのですが、その神田川の対岸(右岸)は新宿区です。神田川に沿って東に歩くと高田馬場。ここにはミャンマー、ベトナム、タイ、インドなどアジアの国々の人々が歩いており、そこからJR山手線に沿って南下すると大久保となり、ハングル文字が氾濫するコリアンタウンとなり、ここには中国人も多く住んでいます。2018年10月現在、新宿区の人口の約八分の一(12%)にあたる42,000人は外国人です。【注1】

新宿大久保小学校の全校児童のうち60%は外国籍もしくは特別永住者(=いわゆる在日韓国朝鮮人)ですが、同校の加藤雄一校長は中国語・韓国語・タガログ語など七カ国語で書かれた「学校だより」を見せながら、「日本語が全くわからない子が転校しても、一ヶ月で最低限のサバイバル日本語を覚えます」と語り、そこから500メートル先にある新宿中学校の片倉元次校長は「うちの中学は日本で一番伸びる子を育てています。全く日本語が話せなかった中学一年生が、普通に話せる様になり、最後は日本語の入試で日本の高校に入っていく。その伸び率たるや大変なものです」と語っています。【同注1】

ハングルで書かれたバーの宣伝(大久保)

中国語で書かれたアパート案内(高田馬場)

一方で文化や習慣の違いによるカルチャーギャップに悩むのは主に子供達の親に関してで、例えばフィリピン人の家庭は時間にルーズで、遅刻は平気だし約束期限を守らないとか、中国人の親に子供同士の喧嘩を諫めると、「喧嘩の原因は相手にある。うちの子は悪くない」と、頑として自分の子供の非を認めようとしない、など現場の苦労も絶えないようです。加藤校長の談話で成る程と頷けたのは、次のくだりです。
「PTA活動について日本人なら『お時間のある方はご協力いただけると幸いです』と書きますが、彼等はこれでは絶対通じません。『何月何日この作業をするのでAさんとBさんは参加してください』と、明確に指定するとスムーズに協力してくれます」

現在新宿区には子供を連れた外人が続々集まっています。その理由は、現在東京都内に日本語学校は200校以上あるそうですが、実にその四分の一以上の55校が新宿区にあるそうで、さらに新宿区が手厚い日本語教育支援を行っているからです。具体的にはまず区の教育センターで50〜70時間サバイバル日本語を教え、公立学校に入れた後は放課後に補習事業を行い、さらに中学三年になると高校進学に備え民間の進学塾と提携して受験勉強を特別に行ないます。(新宿区教育委員長三宅慶進氏談:【同注1】)

町中を飛び交う言葉は、韓国語、中国語、タイ語、タガログ語、英語と様々ですが、そこに暮らす各国の人々の多様性が、新宿区を恐らく日本で一番外国人が住みやすい地域にしているのだと思います。

多言語で書かれた看板(大久保幼稚園)

避難場所案内(日英韓中・四カ国語表示)

【注1】「日本一多国籍な教室の子供たち」(森健・文芸春秋2018年12月号)


2019/02/04 大和心の雄々しさ

第198回国会冒頭の首相施政方針演説(2019年1月28日)で、安倍晋三総理大臣は平成を振り返ってこう述べました。 「本年4月30日天皇陛下が御退位され、皇太子殿下が翌5月1日に御即位されます。国民こぞって寿ぐことができるよう、万全の準備を進めてまいります。『内平らかに外成る、地平らかに天成る』平成時代に、大きな自然災害が相次ぎましたが、被災地の現場には必ず天皇、皇后両両陛下のお姿がありました。【中略1】 平成は、日本人の底力と人々の絆がどれほどまでにパワーを持つか、そのことを示した時代でもありました。 

『敷島の 大和心の雄々しさは ことある時ぞ 現れにける』(明治天皇御製) 明治・大正・昭和・平成。日本人は幾度となく大きな困難に直面しました。しかしその度に大きな底力を発揮し、人々が助け合い、力を合わせることで乗り越えてきました。急速に進む少子高齢化、激動する国際情勢。今を生きる私達もまた、立ち向かわなければなりません。私達の子や孫の世代に、輝かしい日本を引き渡すため、共に力を合わせなければなりません。」【注1】  

この演説内容を読んで、私も「危機になると日本人は団結し、そしてその団結の象徴が天皇だった」という歴史的事実に改めて思い至りました。鎖国をしていた江戸時代末期に欧米列強が日本の植民地化を目論み、アメリカはペリーの軍艦威嚇砲撃で無理矢理横浜に上陸して居座り、イギリスは薩摩・長州など西国強藩に肩入れし、フランスは逆に幕府に肩入れし内戦(戊辰戦争)となり国が分裂の危機に陥った時、明治天皇は「上下心を一にして、さかんに経綸を行うべし。智識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。」(五箇条の御誓文:1868年)と国の団結を訴えると、それまで対立していた薩長と江戸幕府はピタリと銃剣を納め、天皇の下で封建的農業国家であった日本を、近代資本主義国家に変革しました。

また300万人の日本人が犠牲になった大東亜戦争末期(1945年8月14日深夜)、「一億総玉砕」と戦争継続にこだわる軍部に対して、昭和天皇は「このままではわが国は焦土となる。国民にこれ以上苦痛をなめさせることは忍びない。私自身はいかになろうとも国民の生命を助けたいと思う。日本が全く亡くなるより少しでも日本人が残ればまた復興が考えられる。自分が出来ることは何でもする」と最終決断をし、参列者は慟哭しつつ「御聖断」に基づき翌8月15日正午に、天皇が日本の降伏をラジオで直接国民に語りかける「終戦詔勅」で、足かけ四年に渡る全面戦争を停止させました。 平成の世は人間による戦争ではなく、自然の脅威により国土経済が危機に直面した時、平成天皇はどんな場合でも自ら被災地を訪れることで、日本人の団結の絆を深めた点は、まさしく安倍首相が述べた通りです。

ところが世の中には素直でないへそ曲がりが居て、ツイッター上で「これ(=明治天皇御製引用)を看過するわけにいかない。日露戦争は朝鮮半島の覇権を日本とロシアが争った帝国主義侵略戦争だ。その戦争の戦意高揚に使われた歌を、安倍首相が施政方針演説の中に位置づけたことは、日本国憲法の平和主義に真っ向から反する」と発信しました。【注2】 こう呟いた志位氏に、「この和歌を明治天皇が詠んだのが1904年だから、戦意高揚の歌だと決めつけるのか?日露戦争に関しては19世紀以降のロシアによるアジア南下侵略政策と、その延長線であった三国干渉(1895年)【注3】に一切触れず、朝鮮半島での覇権を求める日露・帝国主義戦争だと一方的に決めつけるのか?貴党のイデオロギー以外は一切認めないというスタンスはいかがなものか?」と、ツイートしようかとさえ思いました。

明治天皇御製は戦意高揚ではなく、国家存亡の危機にひたすら自国の存続のため国民一致団結して立ち向かおうという、悲壮な覚悟で自らを奮い立たせている歌だと、どうして素直に読めないのでしょうか?当時はヨーロッパの軍事大国ロシアに、35年前まではちょんまげを結って日本刀で戦っていた日本が勝てると思っていた人は世界中に殆ど居なかったはずです。もっと分かり易く言えば、ちょうど13世紀に元(現在のモンゴル)・高句麗(現在の朝鮮)軍が日本の九州に攻め込んだ国難時に、時の亀山上皇が伊勢神宮と熊野三山に異国軍撃退の祈願に赴いたのと同じだ、と考えられないのでしょうか?そう思っていたところに、私と似たような気持ちを抱いた人もいるようだ、と感じさせる記事【注4】に出逢いました。

私は日露戦争を祖国防衛戦争ととらえており、戦地で散った明治時代の日本人の方々に思いを馳せるたびに、日本人の名字が『ナイトウスキー』、『タナカポフ』、『ヤマダネンコ』にならなくて済んだのは皆様のおかげです、と感謝している。しかしレーニンの指導下で1919年につくられたコミンテルン(国際共産主義運動指導組織。本部・モスクワ)の日本支部として日本共産党が産声をあげたのが1922年。その共産党委員長にとっては、明治政府は忌むべき侵略者であり、日本がソ連に占領されても構わないし、志位から『シースキー』への改名も甘んじて受け入れる、という信念をお持ちのようだ。

この『ヤマダネンコ』、『シースキー』という著者のユーモアには吹き出してしまいましたが、さらに続く文章はもっと強烈な皮肉だなぁ、ぜひ志位委員長の反論のつぶやきを聞きたいものだと思いました。

さはさりながら、である。1917年にレーニンのロシア革命が成就したのは、日露戦争敗戦の影響で帝政ロシアの足下が揺らいでいたことも一因ではなかっただろうか?それを考えれば、志位氏が明治天皇をお祀りする明治神宮にお参りしても罰はあたらないのではないか、と思わないでもない。幸い明治神宮は共産党本部(東京・代々木)の目と鼻の先にあるのだから。

【中略1】阪神・淡路大震災で皇后陛下が焼け跡に献花された水仙が、復興のシンボルとして今なお地域の人々の記憶に刻まれていること、東日本大震災直後に仙台市の避難所を訪れた皇后陛下に、津波によって大きな被害を受けた自宅の庭でたくましく咲いていた水仙を持参した女性が、「この水仙のように、私たちも頑張り続けます」と言ったエピソードなどが述べられている。

【注1】施政方針演説(首相官邸ホームページ) 【注2】志井和夫共産党委員長ツイッター
【注3】三国干渉 (右図は日露戦争で日本軍に死者15,000人負傷者44,000人を出した旅順二百三高地戦) : 1894年の日清戦争で圧倒的勝利を収めた日本が清国(当時の中国王朝)から、2億テールの賠償金に加え台湾、澎湖半島の割譲を両国の講和条約(下関条約:1895年)で定めにもかかわらず、全く関係ないロシアがフランス、ドイツを誘い「東洋平和維持のため澎湖半島は清国に戻せ」と日本に申し入れ、この三国相手には戦えない日本が屈辱的にこの提案を受け入れる結果となった事件。ロシアはこれをきっかけに恩を売った清国から旅順、大連を租借しシベリア鉄道敷設を進め、結果的にに東洋平和維持を脅かすことになる。
【注4】メルマガ「週刊正論」2019年2月1日号【志位さん明治神宮参拝はいかが? 内藤慎二】


2019/02/09 ファロ資生堂リニューアル

昨年10月にリニューアルしたファロ資生堂へ昨年12月食事に行ったら、コンセプトがガラリと変わっていたので驚きました。以前は内装も料理もクラシックで、落ち着いて食べられる正統派イタリアンという店でしたが、スタッフの制服も内装もモダンになり、各テーブルの上にはそれぞれ大きさ・模様が異なるリンゴのオブジェが置かれ、出て来た料理も食器も明らかに「和」を意識していました。一方で顔馴染みの本多ソムリエのネームプレートも以前の「本多」ではなく、「YASU」(YASUSHIだったかな?)となりました。フレンドリーなのでしょうけれど、キチンとしたレストランでのファーストネームのネームプレートというのは、日本には馴染まないような気がします。 イタリアワインソムリエコンクール優勝者に、「YASU、この料理にはどんな赤ワインが良いかな?」と聞いて、「グラッチェ!そりゃぁ、シニョール、サンジョベーゼがいいとも!」なんて答えが返ってきたら、ドドドッーと椅子から転げ落ちてしまいます。

ファロ資生堂ウエッブサイトの“Passion”というページには「現代イタリア料理が備える伝統と先進性に、日本の豊かな食文化を重ねあわせ、オリジナリティあふれる料理の数々を世界に発信してまいります。枠にとらわれない料理と新しいレストランの形です」と書かれています。しかもこの日のランチはVegan(=卵、乳製品も使わない完全菜食主義)料理というのも予想外で、これは以前のファロのイメージを払拭しなければならない、と思いました。

「枠にとらわれない」雰囲気にはちょっと引けたのですが、枠にとらわれない料理と酒の組み合わせは、「これは面白い。確かにこういう新しい試みは刺激的だな」と思いました。6種類出て来たグラスワインの二つは何と日本酒!広島の酒「Shell lovers」と岩手の酒「南部美人」発泡酒で、なるほどフルーティな純米大吟醸酒なので、野菜料理には合いました。【本多ソムリエ手書きのリスト:右写真参照】大根のテリーヌは見た目も美しくカロリーも少ないので、女性は大喜びでしょうし、トリュフが香るキノコのリゾットは間違いなくイタリアン。それぞれトスカーナの白ワイン(Terre a Mano)と、シシリアの赤ワイン(Planeta)で合わせます。

ヴェジタリアンでない私としては一皿くらい肉(魚)が有ってもいいのでは?と思いましたが、ディナーコースメニューには肉料理がありましたから、完全にイタリアン精進料理というのではないでしょう。たった一度の食事では軽々しく言えないのですが、味付けは洗練されており、料理の発想には十分驚きましたけど、あまりに奇をてらいすぎるとお客も戸惑うのでは?と思います。

大根のテリーヌ 前菜盛り合わせ キノコのリゾット
日本酒:Shell Lovers 江戸切り子硝子盃で日本酒を シシリア赤ワイン:Planeta

2019/02/12 日韓問題講演会

建国記念日(2月11日)に、千代田区永田町にある砂防会館で開かれた「厳寒日韓問題2019こう動く」講演会を聞きに行きました。パネラーはジャーナリストの櫻井よしこ氏、麗澤大学客員教授の西岡力氏、産経新聞客員論説委員(在ソウル)黒田勝弘氏でした。

櫻井氏は「現在の韓国は文在寅政権が社会主義化を強める中で、建国以来の資本主義民主国家路線を主張する保守派との間で国論が二分裂している」とした上で、「日韓問題は世界地図を横軸で見ると冷戦時代は、ユーラシア大陸にある中国・ロシアというルールを守らず侵略する共産主義国家と、太平洋の東にあるアメリカとの日米安保条約に基づく資本主義国家間の東西対立最前線問題であった。ところが地図を縦軸で見ると現在は北極から南へ押し寄せる無法国家群と、南極から北へ押し戻すルールを守るアジア・オセアニア国家群とのちょうど中間点にあるのが朝鮮半島と日本で、縦に見ると日本海はその中心にスポっと抜けた湖の位置となっている」、とユニークな視点を紹介しました。

そして「韓国製品は日本製の精巧な部品を組み立てることで成り立っている。これらの日本製品輸出をストップすれば彼らの産業は決定的な打撃を受ける。日本政府は今のところ穏やかに対応しているが、韓国が余りに理不尽なゴリ押しを続けるなら、日本はこの手で反撃するぞと忠告し、それでも韓国が態度を改めなければ、実際にその制裁を実行することも大事な選択肢だ。国際司法裁判所に訴えても、それまでの韓国の執拗な告げ口外交でヨーロッパ諸国は日本はナチスドイツと同じ様な残虐な罪を朝鮮で犯していると錯覚しているし、第一、国際司法裁判所判事構成国は国連の安保理事国、すなわち中国、ロシアも含まれているから彼等が日本に好意的判断をすることは極めて疑わしい」と、警告しました。

黒田氏は37年間ソウルで暮らし続ける現地ウオッチャーとして、「まず韓国が経済・軍事力が以前より大きくなり【注1】、日本に対して強硬に出るようになった事実と、北朝鮮の長年に渡る情報操作・洗脳により文在寅大統領を筆頭とした親北派が韓国政界、マスコミ、教育界、司法を牛耳るようになり反日無罪の風潮が強くなった。今迄は韓国が被害者意識のかたまりでいつも日本に文句を言い、日本はそれに対して反論せず謝り続けてきた。ここに来て日本は韓国問題で自分達がいつも損しているという意識に目覚め、韓国に文句を言うようになった。しかしあまりに感情的になり、国交断絶など昔の征韓論的になるのは避けるべきだ。隣国なので否応なしに付き合わざるを得ないのだから、余りこちらから過剰介入すべきでない。こちらが切り離したくても、向こうからしがみついてくるのが韓国国民だから(笑)」、と述べました。

西岡氏は「昨今の日韓緊張感の高まりは、韓国が経済軍事力で大きくなったということより、韓国が従来の反共・自由民主主義海洋国家から、親北同胞・社会主義大陸国家へ変貌しつつあることが最大の原因だ。前の政権を全て否定し、67歳の朴槿恵前大統領を28年の懲役刑で収監し、前最高裁長官を「徴用工問題解決に積極的でなかった」という理由で逮捕している。まさにろうそく革命【注2】真っ最中という状況であるがこれには元軍人・元外交官などの保守派のプロフェッショナルが危機感を抱いており、国論が完全に割れている。従って日本は韓国の保守派と連携し、従来の日米韓軍事同盟を崩さず、アジアオセアニア国家と連携し、ロシア・中国・北朝鮮という独裁政権が「全て日本が悪い」というイデオロギーで正当化する無法国家群と立ち向かうべきである」、と述べました。 そして韓国とは「Agree to disagree=認識を一致出来ないということを共通認識する」ことが大切である、と今後の対応方針を示しました。

最後に櫻井氏が、「21世紀に入ってからアメリカ・オバマ政権がグ国際戦略より国内政策を優先させ、ロシアのクリミア侵略併合や、シリアのアサド政権容認、中国の南沙諸島侵略、北朝鮮の核ミサイル開発を黙認し続けたことで無法国家が大手を振って擡頭した。ようやく『中国は騙すことが上手い』と気付いたトランプ大統領が、貿易戦争で中国の野望にストップをかけようとしている。日本に対しては『核兵器を持っても構わないから、自分の国は自分で守れ』と、現実に目覚めるよう呼びかけている。日韓問題は単なる二国間のトラブルではなく、そのような世界的枠組みで捉え、現実にどうやって解決するかを自国の責任で考えなければならない」、と締めくくりました。1,000人を越す出席者最前列関係者席には、北朝鮮拉致被害者の会の横田早紀恵さん(=横田めぐみさんの母親)の姿も見られました。

【注1】韓国(人口5,000万人)のGDP総額(2017年)は1.5兆ドルで軍事費は392億ドル(GDP比2.6%)。日本(人口12,000万人)のGDP総額(2017年)は5兆ドルで軍事費は454億ドル(GDP比0.9%)【出典:Nippon.comm世界経済ネタ帳

【注2】ろうそく革命:政権のスキャンダルに抗議のロウソクを持ってデモを行い、朴槿恵大統領を弾劾に追い込んだこの運動を、韓国マスコミは「世界四大革命に比肩」と、自賛している。因みに旧体制解体となった世界四大革命とは、イギリス名誉革命(1688)、アメリカ独立戦争(1776)、フランス 革命(1789)、そしてこの韓国のろうそく革命(2017)だとか。牽強付会なウリジナル(ウjり=韓国語で自分)だと思いますけど。。


2019/02/17 痛快な老人

タイトルに驚いて書店で思わず手にしたのが『すぐ死ぬんだから』(内館牧子著:講談社)ですが、タイトル以上に小説そのものが文句なく面白い!最近読んだ小説ではダントツでした。

内館牧子さん(70)

78歳になる主人公忍(しのぶ)ハナさんが、歯に衣を着せず「人間まずは外見。外見を磨く女は、80の大台に乗ろうが、90の大台に乗ろうがクソババアにならない。つまらない女が大好きな言葉は『人は中身』。これを外見に構わないことの免罪符にしているが、身体を締め付けない袋のようにズドンとした服を着て、楽なリュックに安い帽子で、ゾロゾロ歩く老人の集団はまるで虫の一群みたいで美しくない」と、啖呵を切るのです。

「ナチュラルエイジング?ふん、老人がナチュラルだったらただの年寄りだけってことさ。退化をカバーするのは、運動・化粧・食事を含めた外見磨き。薄汚いバアサンになりたくない。先のない年代に大切なのは偽装、これのみ。頑張らない美人より頑張るブスの方が上だってば。一番最低はね、頑張らないブス。わかる?」 おぉ、そこまで言うか、ハナさん。 「きっと皆私の背を見ている。背筋をピッと伸ばしいつもより大股で歩く。息は上がるがあの角を曲がるまでは絶対にこの姿を崩さない。角を曲がる時大きく手を振って微笑む。曲がったとたんガードレールにヘトヘトと寄り掛かってひと休みした。私はこういう後期高齢者になりたかったのだ。他の女達の目を意識して絶対手抜きをしないのだ。」
ご立派!前作『終わった人』で、「定年って生前葬だな」とメガバンクで出世競争で敗れてボヤく夫に対して、妻が「年齢や能力の衰えを、泰然と受け入れることこそ人間の品格よ」言わせた著者の美意識が、この本の主人公ハナさんには、そう言わせているのですね。

「年金をやりくりし、生活を切り詰め『老後のため貯金する』と言う年寄りが多いが、さらなる老後に何がある?葬式だけじゃないか。どうせ先なんて白い箱(棺)なんだからさ、 残り人生が短いならばあと10年、好きなように生きて何が悪い。10年健康でいられる保証はないが、着たい服を着て食べたいものを食べ、実年齢より若く見られたい。孫自慢に病気自慢は止めてくれ。淋しがること、同情を引きたがること、ケチになることは許せない。」 いやぁ、痛快です。

こんなハナさんが落ち込むのは「お前は綺麗だ。素晴らしい。お前と結婚した俺は世界一幸せだ」と手放しで誉めて55年連れ添ってきた夫が急逝した時で、「人は必ず死ぬとわかっているのに、本当に死なれるとたじろぐ。一人残されて『平気で生きている』のは難しい」と、鬱状態になりそうになります。さて、ここからが作者の腕の見せ所。実に上手に展開します。

「家庭裁判所にて開封すること」と書かれて裁判長が開封し読み上げた夫の遺書の中に、妻一筋だと思っていた夫が、実は40年以上前から妾を持って子供まで産ませていたこと、その女性に贈与すべきものまで記してあったのです。 ネガティブになっていたハナさんは俄然戦闘モードに戻り、「とんでもない嘘つき男とは死後離婚してやる!」と区役所に書類を取りに行きます。夫の死後でも民法728条2項「姻族関係終了の意思表示」に基づく手続きを行えば、夫の親族と縁が切れて、夫と一緒のお墓に入らなくても済むということを、この小説を読んで初めて知りました。凄い怒りですね、ハナさん。

ところが初めて対面した妾は若くて美人な女医。彼女と好青年な彼女の息子と話すうちに、「今は政治家の愛人であれ、芸能人の愛人であれ、イザとなると表に出て洗いざらいぶちまける。挙げ句に再出発ヌードまで出す女もいる。夫の妾はその点だけは、あっぱれだった。40年間影も形も気配さえも見せず、子供の認知も求めず、昔の芸者のように完全に黒子に徹していた」と、ハナさんは妾親子を赦してしまうのです。 突然出現したハンサムな異母弟にショックを受けた実の息子と娘からは、「ママ、それ以上菩薩にならないで。娑婆っ気抜けたバアサンに似合うのは墓場しかないからね!」と責められますが、ハナさんは「若い頃は勝ちか負けかでいいが、恨みにはやめ時がある。年を取ると『情』と『誠』が自分を楽にするんだよ。親子でも家族でも、人は皆別々の心臓を持っているのだから、みんな他人だろ?ここから温かい関係をつくるのが、人というもんだろう」と子供に説教するのです。

そして「妾まで赦していては菩薩を通り越して大日如来だ。こんな物わかりよくなって、私はすぐ死ぬのではないか?」と自問自答して最後にこう呟きます。 「老人はfade outする意識が大事なのさ。少しずつ消えることに向かって前向きになるってこと。ギラギラ輝いていた太陽が夕陽となって、少しずつ暗くなって沈んでいくようなもの。人間の一生もこれなんだよね」
いやぁ、ホントに格好いい老人ですね。私もこう成りたいものですが・・・小説みたいには行かないでしょうね。(笑)


2019/02/24 Round Robinの意味

スポーツなどで「総当たり戦」を英語でRound Robinというのは何故か?なぜRobin(コマドリ)なのか?と以前から不思議に思っていましたが、調べると興味深い事実に突き当たりました。Robinはコマドリではなく、実はフランス語でリボンを意味するリュバン (ruban) に由来し、それが英語でrobinとなったようです。

17−18世紀にフランスの農民が国王に嘆願書を提出すると、国王はその嘆願書に書かれている名簿のトップに載っている数名を責任者として処刑していたため、当然ながら嘆願書のトップに名前を書くことは避けたいと誰でも思ったようです。この問題を解決するため、農民達は嘆願書の最後にリボンの様に円を描くように名前を署名することにしました。これは傘連判状と呼ばれますが、そのため嘆願者全員が皆平等に罰せられることとなりました。そこからRound Robinとは「何かの役割・出番を皆で交替し合う」という意味となり、スポーツでは「総当たり戦」となったという訳です。

江戸時代の農民一揆の訴状も傘連判状ですので、洋の東西を問わず「誰が責任者かわからないようにする」知恵は同じだったのですね。

国王への嘆願書(フランス)

農民一揆の訴状(享保七年:江戸時代)


2019/03/01 落日燃ゆ(1)

極東軍事裁判【注1】でA級戦犯として処刑された唯一の文官で、数十万の減刑嘆願書が届いたにもかかわらず、公判では一切自己弁護せず沈黙を貫き、従容と死を受け入れた広田弘毅には深い畏敬の念を抱いていました。「落日燃ゆ」(城山三郎著:新潮文庫)を再読し、軍部の横やりに異を唱え、諸外国との案件は現実的な立場から是々非々で判断し交渉していった広田に、外交のプロとしての手腕にと共に、士魂(さむらいだましい)を感じました。

福岡県で石材職人の息子として生まれた広田は、県立修猷館中学の秀才で町道場で柔道に励んでいる時 (1894年)日清戦争が勃発しました。この戦争講和後に起こった三国干渉【注2】で、苦労した得た領土を手放さなければならなくなり、日本が「戦争に勝って外交で負けた」現実を見せつけられたことが、広田が外交官を目指すきっかけとなりました。外務省から特命を受けた広田は、日露戦争(1904年)直前に旅順で日雇労務者になりすまし、旅順港でロシア軍が進めていた要塞工事の様子をレポートしています。

広田がソ連大使として赴任した年(1931年)に関東軍が満州事変【注3】を起こしますが、翌年外務大臣になると「外交による国家防衛」を主張し、これ以上の戦争拡大を阻止しようとします。二・二六(1936年)事件【注4】後、西園寺公望に推薦され内閣総理大臣となり、義務教育を6年から8年に拡充させたり、文化勲章制度を始めたりしますが、圧力が露骨になってきた軍部に関しては、「軍部は暴れ馬なので、止めようと真っ向から立ちふさがれば蹴殺される。だから横から裸馬に飛び乗って徐々に抑えていくしかない」と苦笑しつつ対応し、わずか一年で総理大臣の座から退きます。

ところが広田の後に首相となった近衛文麿から懇願され、「物来順応」(広田の座右の銘:剣道の極意で相手の出方に応じて対処すれば勝利を得る、の意)の気持ちで、再び外務大臣の椅子に戻ります。途端に軍部は盧溝橋事件(1937年)【注5】を起こし、日中戦争へ突入します。【右写真】外相だった広田は海軍大臣の米内光政と共に現地解決・戦争不拡大を主張するものの、陸軍は追加出兵を強硬に主張し、最終的には松井岩根大将を司令官とする師団が鎮圧のため中国に派遣されることとなります。

広田は今迄自分で築いた外交人脈により駐日大使を通じて、アメリカ・イギリスへ事態収拾への協力を求めますが、またしても軍部が広田を「害相」、外務省を「害務省」と罵り、外交努力による和平工作を妨害し、右翼団体は「広田を殺せ」とまで脅しをかけました。一方でクレーギー駐英大使は「広田外相が日本の極端論者の興奮した感情を配慮しつつも、遺憾の意を表するために自ら余を訪問したことは、相当な道義的勇気を示したものだ」と誉めています。広田はドイツ大使ディレクセンにも頭を下げて、国民党政府に和平交渉を頼みますが失敗に終わり、ついに近衛内閣は「もはや国民党政府を相手とせず」と声明を出すに至り、広田は辞表を出して野に下ります。

この後は短命内閣が次々と成立し、広田は考えが近い米内光政内閣(1940年)では、内閣参議という形でアドバイスをしたものの、軍部は「広田首相・外相に絶対反対」で、「反英米派」の松岡洋右を外相に据えて「大東亜共栄圏構想」、「日独伊三国同盟」と、日本破滅の道へ進みます。紆余曲折を経て三度目の組閣(1941年)をした近衛文麿は、ルーズベルトアメリカ大統領と直接交渉して局面を打開しようと考えましたが、広田が直言した通り「日米交渉の成否は陸軍が中国からの撤兵を呑むかで、外交の相手は米国大統領でなく、日本の軍部」であった」ため、当然のことながら腹の据わっていない近衛に軍部を抑えられるはずがなく、わずか3ヶ月で内閣を放り出して、その後を陸軍大臣の東條英機が首相を兼ねることになり(1941年10月)、2ヶ月後(1941年12月8日)は真珠湾奇襲攻撃による日米戦争に突入するのです。

広田弘毅 近衛文麿 東條英機

日米開戦を決定した宮中御前会議はその少し前の1941年11月29日に開かれ、重臣として意見を求められた広田は、「ジリ貧になるまいとして、ドカ貧にならぬよう希望する」という米内光政発言の後、次の様に述べました。「外交上の危機は一回限りで回避出来るものではなく、再三再四繰り返す中(うち)に初めて相互の理解に達する。一度談判が行き詰まったからといって、直ちに開戦すべきでない。万一開戦するとしても、戦争そのものの遂行よりも、出来るだけ早く平和交渉の機会を捉えるべきだ」
<落日燃ゆ(2)に続く>

【注1】極東軍事裁判:第二次世界大戦で日本が降伏した後の1946年(昭和21年)5月3日から1948年(昭和23年)11月12日にかけて行われた、米英ソ連中国などの連合国が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の軍事裁判のことで東京裁判とも称される。A級戦犯(戦争指導者)は28人が起訴され7名が絞首刑となり、B級戦犯(士官)、C級戦犯(下士官)は合わせて5,400人が起訴され、937名が死刑判決を受けた。
【注2】三国干渉:中国進出を狙うロシアがフランス、ドイツを誘って日清戦争の結果日本が清国から譲り受けた遼東半島を清に変換すべきだと迫り、やむなく日本はこれを受け入れたが、以降国民の間ではこの屈辱の恨みを晴らしたいとの思いが広がり、「臥薪嘗胆」(=薪の横に寝て、苦い肝をなめても苦しみと屈辱に耐える)の気分が拡がり、やがて日露戦争(1904年)を迎えることになる。
【注3】満州事変:関東軍が満州鉄道柳城溝を爆破し、それを口実に満州を軍事占領し日本軍部の傀儡政権を設立し、満州国として独立させるきっかけとなった事件。国際連盟はこの日本の行為を中国への侵略と裁定したため、1933年日本代表の松岡洋右は席を蹴って退席することで国際連盟を脱退し、日独伊三国連盟締結、大東亜戦争突入のきっかけとなった。
【注4】二・二六事件:陸軍の若手将校が「昭和維新」を標榜して起こしたクーデターで、高橋是清蔵相らを殺害し国会周辺を占領したが、戒厳令下昭和天皇に賊軍と非難されて鎮圧された。
【注5】盧溝橋事件:北京郊外盧溝橋にて原因不明の発砲事件により日中両軍が小競り合いとなり、日中全面戦争へと拡大し1945年の日本敗戦に繋がるきっかけとなった事件。


2019/03/06 落日燃ゆ(2)

日米開戦直後の一年間は、連合艦隊司令長官山本五十六が「是非やれといわれれば、初めの半年や一年は、ずいぶん暴れてごらんにいれます。しかし二年、三年となっては、全く確信は持てません」と言った通り、日本軍は連戦連勝で各地を快進撃しました。ところがミッドウエー敗戦【注6】以降、戦局が日本に不利となり、満州・中国全土・東南アジアからオーストラリアまで戦線を拡大してしまった日本軍は補給が続かなくなり、西太平洋のガダルカナル島の戦い(1942年−1943年)では、陸軍兵士3万人のうち戦死者は数千人なのに、餓死者が2万人というという空前の飢餓地獄の戦いを強いられました。

日増しに不利になる戦局に対する世論の非難をかわすため、東條首相は思い立ったように広田ら重臣を招き、意見を聴くようになりました。広田は「日本と欧米では習慣が違い、不要な誤解を招きやすい。たとえば日本に抑留中の欧米人捕虜に日本人には何の問題もない牛蒡を食べさせると、『木を食べさせ捕虜を虐待した』と受け取られてしまう。日本に抑留中の連合国捕虜をそれぞれの母国に送還した方がよい」、「ソ連から買収した満州の東支鉄道の代金を未だ払い切っていないが、支払わないと日本の国際信用にもかかわり、それを口実にソ連が日本に対して好ましくない行動に出る恐れがあるので、戦争中でも支払うべきだ」と進言しましたが、東條は渋い顔をして聞いているだけだったそうです。広田のこの指摘は、まさしくその後現実のものとなります。

ミッドウエー海戦(空母加賀炎上) ガダルカナル島転進(=敗走) B29による都市の無差別爆撃

そしてサイパン島の日本軍が全滅した1944年7月に東条内閣は総辞職しますが、その後を継いだのも陸軍大将の小磯国昭でした。神風特別攻撃が始まり、サイパンから飛んで来るB29による東京空襲が日常化し、町内会で竹槍訓練が始まった頃、広田は町内会の防空演習で、「空爆になったら早く逃げなさい。バケツリレーしても火は消えませんよ」と言っていたそうです。極めて冷静ですね。そして広田は小磯内閣の重光外相の懇請で、ソ連に和平工作を行って貰うためモスクワへ特使として向かうつもりになっていたのですが、ソ連が断ったためこの工作は実現しませんでした。

1945年4月5日の宮中御前会議で、広田は次の内閣が終戦内閣になることを予期し「陸海軍を統率し得る人物が、首相になるべし。非常時期であるから天皇が直接任命されるべし」と主張し、鈴木貫太郎枢密院議長を推薦しました。東條は「それでは陸軍がそっぽを向く」と抵抗しましたが、木戸内大臣が「反軍的な空気が強い現在、それではむしろ国民がそっぽを向く」とやり返しました。広田は自分の後継者として外務省の東郷茂徳を鈴木貫太郎内閣の外相に推し、戦争終結へ向けて動き出しました。広田自身は5月20日の東京大空襲で原宿の自宅を焼かれ、箱根強羅の知人別荘へ避難するという口実で、すぐ近くの強羅ホテルに滞在しているソ連のマリク大使を訪れ、極秘で数回の会談を持ちソ連の終戦への仲介を打診しましたが、既に対日参戦の腹を固めていたソ連は、再三の広田の要請に答えず、広田・マリク会談は頓挫しました。 そしてソ連が「日ソ不可侵条約」継続を拒否して満州に侵入し、アメリカが8月に原子爆弾を広島・長崎に落とすに至り、日本はポツダム宣言【注7】を受諾せざるを得ない事態を迎えます。

広田も出席した終戦決定の宮中御前会議は1945年8月10日で、東郷茂徳外相が主張したのは「天皇の国法上の地位を変更しない」1条件のみ。これに対し阿南惟幾陸軍大臣らは「占領は小範囲で短期間」・「武装解除は日本の手で」・「戦犯処置は日本の手で」など日本の都合ばかり主張して、意見が一致しなかったため、鈴木貫太郎首相が「まことに異例で畏れ多いことでございまするが、ご聖断を拝しまして、聖慮をもって本会議の結論といたしたいと存じます」と昭和天皇の決断を仰ぎました。天皇は「それならば自分の意見を言おう。自分の意見は外務大臣の意見に同意である」と述べ、さらに次の様に付け加えられたと伝えられています。【注8】

終戦を決定した宮中御前会議(1945年8月10日)

『大東亜戦争が初まってから陸海軍のして来たことを見ると、どうも予定と結果が大変に違う場合が多い。今陸軍、海軍では先程も大臣、総長が申したように本土決戦の準備をしており勝つ自信があると申して居るが、自分はその点について心配している。先日参謀総長から九十九里浜の防備について話を聞いたが、侍従武官が実地に見て来ての話では、防備は殆んど出来ていないようであるし、兵士に銃剣さえ行き渡って居らない有様である事が判った。このような状態で本土決戦に突入したらどうなるか、自分は非常に心配である。あるいは日本民族は皆死んでしまわなければならなくなるのではなかろうかと思う。そうなったらどうしてこの日本という国を子孫に伝えることが出来るか。自分の任務は祖先から受けついだこの日本を子孫に伝えることである。今日となっては一人でも多くの日本人に生き残っていて貰って、その人達が将来再び起ち上って貰う外に、この日本を子孫に伝える方法はないと思う。それにこのまゝ戦を続けることは世界人類にとっても不幸なことである。自分は明治天皇の三国干渉の時のお心持も考え、自分のことはどうなっても構わない。堪え難きこと忍び難きことであるが、この戦争をやめる決心をした次第である。』

この様に戦争に誰よりも戦争に反対し、戦争中も外交努力により終戦を早めようとしていた広田弘毅が、1945年12月に戦犯リストに挙げられたのは日本国民にとっては驚きでした。同時期に戦犯と指定された梨本宮の逮捕理由が皇族で伊勢神宮斎主だったいうことでしたし(後に釈放)、広田の逮捕理由は出身地福岡の政治結社であった玄洋社という政治団体に関連していたというもので、日本人なら首を捻るような理由でした。戦犯指定を真っ先に恐れた東條英機はピストル自殺を試みて失敗、近衛文麿は服毒自殺、特攻隊を創設した大西瀧次郎海軍中将は割腹自殺しています。【注9】 

殺虫剤DDTの真っ白い粉を全身に振りかけられ巣鴨プリズンに収容された広田に対し、GHQ担当者は「軍国主義者ではないものの、政府を支配しようとする陸軍の圧力に屈し、軍部の中国・アジア侵略を容認した」と認定し、「いろいろ他を調べてみたが、どうしてもこの大戦争を起こしたと見られる者がいない。あなたが黒幕となって皆を操っていたのではないか?」【注10】という、信じられないような主観的判断で尋問を重ねたようです。

極東軍事裁判法廷に向かうA級戦犯一行

結局広田は1946年4月「共同謀議」(conspiracy)の罪でA級被告28人の一人として訴追されます。この共同謀議というのが噴飯物で、『軍人以外の一般人を殺害することまで、被告全員が一致協力し、共同謀議の上で万事を進めてきた』というもので、広田が東條や軍部と協力して近隣諸国進出政策を進めて来たというのは、ここまでの記述で明らかな通り、全くの事実誤認です。「日本も買いかぶられたものだ」と、怒るよりもあきれてしまった被告もあったと「落日燃ゆ」には書かれています。【注11】

と、ここまで書いてきて、何かこの話は心当たりがある(=ring the bell)、以前自分なりにまとめて整理した覚えがあるなぁ、と思いつつ管理人日記を調べたら、「2016/04/10 パール判事の日本無罪論(3)」で東京裁判は戦勝国のこれ見よがしの復讐劇だった、と記していました。絞首刑になったA級戦犯の人々は連合国それぞれに一人ずつ差し出された人身御供(human sacrifice)だった(!)広田弘毅はたまたまロシア大使だったからだ(!)、と書いたことを思い出しました。私が「パール判事の日本無罪論」(田中正明著:小学館文庫)を読み、傍証のために参照した児島襄著「東京裁判 (上・下)」 (中公新書)も、「落日燃ゆ」の参考資料一覧に記載されていました。もちろんそれ以外にも城山三郎氏は、この本を書くにあたり東京裁判に関して膨大な資料を読んでいることは、巻末の参考資料リスト【注12】を見れば明らかです。

最後に「落日燃ゆ」で、拘留後一切弁明せず従容として絞首刑になった広田弘毅が語った言葉として、城山氏が書いている言葉を引用して、私の書評を終えたいと思います。
「この裁判で文官の誰かが殺されねばならぬとしたら、僕がその役を担わねばなるまいね。」
(死刑判決を言い渡されて
)「雷に打たれたようなものさ。」

広田弘毅の揮毫「国華」(国の名誉)

【注6】アメリカの反撃第一弾として、米航空母艦から発進した爆撃機によるドーリットル東京初空襲(1942年4月)に慌てた日本海軍は、敵航空母艦を殲滅すべく北太平洋のミッドウエイ島沖に連合艦隊の精鋭空母を派遣するも(1942年6月)、敵に探知され虎の子の最新航空母艦4隻を撃沈されてしまい、真珠湾攻撃以来の優秀なパイロットを一気に失った。
【注7】1945年7月、アメリカのトルーマン、イギリスのチャーチル、ソ連のスターリンがドイツのポツダムで会談し、日本の軍国主義絶滅、領土削減などによる13条の無条件降伏条件を勧告したもの。
【注8】最後の御前会議における昭和天皇御発言全記録
【注9】「どうも自分は大物とならなくちゃいけないらしい。肝心の連中は皆自殺してしまったからね。無責任だよね、みんな」と、広田は面会に来た家族に苦笑して呟いた。(「落日燃ゆ」P353)
【注10】「落日燃ゆ」P352 
【注11】「落日燃ゆ」P356
【注12】 「落日燃ゆ」主要参考資料リストP447〜P454


2019/03/10 カルロス・ゴーン氏保釈

金融商品取引法違反(=役員報酬91億円不記載)、会社法違反(=私的投資評価損18億円を会社に付替え)で起訴された元日産CEOカルロス・ゴーン氏が、昨年11月に逮捕されて以来108日ぶりに10億円の保釈金を積んで、3月6日東京拘置所から出所しました。私が「拘留108日」の新聞見出しを読んでまず頭に浮かんだのは、「え?108?除夜の鐘と同じじゃないか。108回『ゴーン』と突いたら、煩悩は消えるのかな?」といった、事件の本質とは全く関係ないことでした。咄嗟に「限界だ 人質司法 108で (効果音:ゴーン!)」と駄句を詠んで しまいました。(笑)

閑話休題。起訴容疑は笑い事では済まされません。検察側の主張通りだとすると、こんなに巨額の会社財産を横領 して、「法的には問題ないから私は無罪だ。世界の一流経営者はこの位の報酬は当たり前だ」と主張するゴーン氏には日本人としては違和感を感じざるを得ません。違和感といえば、ゴーン氏のバレバレマスク変装の出所風景も、まさかギャグ受け=「俺はGhosnの格好をしたMr.Beanだぞ!」【右写真】を狙ったはずはありませんが、みっともない!のひと言に尽きます。【注1】 本当に一点の曇りもなく無罪を主張するなら、高級ス−ツに身を固めて顔も隠さず、殺到する報道陣の前で「私は怒っている!日本の司法制度を断固法廷で糾弾する!」とゴーン節で訴えるべきだったのではないでしょうか?

2019年1月8日に東京地裁での拘留理由開示手続きで法廷に立ったゴーン氏は、冒頭 「I have a genuine love and appreciation for Nissan.(私は心から日産を愛し、大切に思っている)」と述べ、 「These accomplishments are the greatest joy of my life, next to my family.(日産での成果は私の人生において家族の次に大きな喜びである)」とまで言っています。それならなぜ日産のフェアレディZか、シーマに 胸を張って乗り込まず、段ボールと脚立を積んだ鈴木の軽自動車【右写真】にコソコソ乗ったのでしょうか?まさか フランス労働者の黄色いベストデモにメッセージを送るために、わざわざオレンジが目立つ作業服を着て作業車に乗った、というギャグではないでしょうね?【注2】

ゴーン氏釈放直前に発売された週間文春(2019/03/07号)のインタビュー記事で、西川廣人社長【下写真】は 「確かにゴーン氏は日産の危機を救った貢献者であるが、それ以降20年間経営を独占私物化し、自分や家族が贅沢に暮らしをするための道具として使っていた。彼に日本や日本人に対する敬意が有ったのか大いに疑問を抱いています。厳しい言い方をすれば彼は日本人をナメていたのでないですか」 とまで言っています。一方でゴーン氏は「西川はキリスト【ゴーン】を裏切ったユダ【ゴーンの弟子】だ」と怒りが収まらないようです。これからゴーン氏が保釈条件を守って日本で裁判を続ける過程で、真実が明らかになることを期待します。フランス大使館に逃げ込んで不逮捕特権を良いことに、こっそりプライベートジェットでレバノンに飛び去るなんてことは、まさかしないとは思いますけど。

【注1】カルロス・ゴーン氏の保釈に立ち会った高野隆弁護士は自身のブログで、「変装は私が計画したが、失敗だった。ゴーン氏の名声に泥を塗る結果となった。申し訳なく思っている」と謝罪した。(産経新聞2019/03/09)
【注2】この変装がフランスで報じられると、黄色いベスト運動を行っている労働者達から「ブルジョアが俺達のマネをしてバカにするのか」と批判を浴びたそうです。


2019/03/17 カルロス・ゴーンと日産自動車

昨年11月に逮捕されて東京拘置所に108日拘留された後に保釈され、公判を迎えるカルロス・ゴーン元日産CEOですが、おびただしい情報が飛び交っているので、少し整理してみました。日産自動車に奇跡のV字回復をもたらした辣腕経営者が、実はカネの亡者で会社財産を食い物にしたのか?が、今後の裁判で明らかになっていくでしょう。

1.ゴーン氏と日産の歴史

No. 出来事
1 1999 5900億円の赤字で倒産寸前だった日産自動車は、フランスルノーの5,857億円出資で救われ、ルノー副社長のカルロス・ゴーンがCOO(社長)として日産に乗り込む。
2 2000 ゴーンが日産のCEO(最高責任者)に就任し、コスト20%カット、従業員 2万1千人解雇、5工場閉鎖、ディーラー・下請先半減という荒療治「リバイバルプラン」を実施。
3 2003 日産の2兆1千億円の借金を完済し、黒字決算にする「奇跡のV字回復」でリバイバルプラン前倒し達成。
4 2005 ゴーン、ルノーのCEO兼任。権力の一極集中により公私混同(=家族旅行費用会社持ち、パリ、 レバノン、リオデジャネイロなど世界各地に豪華な専用社宅建設)が露骨に。
5 2010 金融証券取引法改正上場企業改正により、役員報酬1億円以上の場合氏名金額を有価証券報告記載義務。それまで年20億円の役員報酬を受けていたゴーンは、10億円として記載。 ケリー専務と共謀し、差額10億円は会長退任後に受け取るというスキームにする。
6 2013 大規模リコールと北米市場売上減で二期連続減益のゴーンは、志賀COOに責任を取らせ 西川COOに交替。自分はCEOで残る。
7 2016 三菱自動車を買収し、ゴーンはルノー・日産・三菱自動車三社のCEOとなり、”アライアンス(連合)” 路線を進める。
8 2017 リタ・ゴーン前夫人が自身のフェースブックでゴーンのDV(家庭内暴力)、離婚訴訟費用を日産に払わせたことや、 その後リタさんを脅迫したことなども暴露。ゴーンはアメリカ人女性と再婚しベルサイユ宮殿で挙式。 挙式費用はルノー経費で払っていたことが判明。日産CEOに西川就任。
9 2018 日産がゴーンの会社資産横領に関して内部調査開始。11月19日羽田空港着陸のゴーン専用機に東京地検特捜部が入り、任意同行後逮捕。11月22日、ゴーン日産会長職を解任される。
10 2019 3月6日に保釈金10億円でゴーン釈放、東京拘置所から出所。
日産リバイバルプラン発表 V字回復達成 ゴーン法廷陳述

2.起訴内容とそれぞれの主張

起訴内容 検察(日産)主張 ゴーン主張
@金融商品取引法違反
(=役員報酬の過少申告
2010年−2017年度の役員報酬合計91億円を記載せず。 不記載分は自分が退職時に 一時金としてもらうもので、実際に支払われていない。
A会社法違反・特別背任
(=会社財産横領
個人のデリバティブ投資損失金18.5億円を会社に支払わせた。 日産に一時的に立て替えて もらったが、知人に保証してもらうことで会社に損害をかけていない。

【参考資料】
「カルロスゴーンは日産を変えるか」(財部(たかべ)誠一 PHP研究所)
「ゴーン追放全真相」(井上久男:文芸春秋2019年1月号)
「悪いのはゴーンだけか」(井上久男:文芸春秋2019年2月号)
日本経済新聞、産経新聞、朝日新聞、Japan Times、週間文春、週間新潮記事


2019/03/23 居酒屋 シンスケ

湯島天満宮のすぐ近くにある「シンスケ」は、創業大正13年(1924年)と94年も続いている居酒屋です。
元々は江戸時代から続く酒屋で、店で角打ち(酒屋の中で立ち飲み)をやっていたそうですが、「関東大震災(1923年)で店や商品が灰燼に帰したので、居酒屋で再出発した」、とカウンターでぬる燗の「両関」を勧めた店主(70代後半?80代?)が語ってくれました。「で、シンスケというのは創業者の名前ですか?」と、取り敢えずイカの塩辛とホタルイカのヌタを注文した私が尋ねると、「商売の復興を助けてくれたのが、当時の酒問屋のご主人の鈴木新助さんという人だったので、その人の恩を忘れないようと、その名を屋号にして居酒屋として再出発したらしいね」と、立ち姿が絵になる老店主が教えてくれました。

ビールはサッポロの瓶ビール赤星、お酒はこの秋田の酒一種類だけ、という頑固な居酒屋で、「両関」樽酒を常温、ぬる燗、熱燗と試してみましたが、樽の香りを嗅ぎながら、口中にゆったり広がる米の旨味を感じるには、やはり店主が勧めたぬる燗が一番適しているようです。店主は「江戸時代酒屋は坂の下にあるのが普通だったんだね。うちは湯島中坂の下だけどさ、そこには人足が屯(たむろ)して、重い荷を積んだ荷車がやって来ると、坂の上まで押して助けてやって、一文、二文という駄賃をもらったんだ。で、一日の仕事が終わるとその人足達が一日分の駄賃でうちの角打ちを飲んだわけさ」と、面白い史実を聞かせてくれました。

そんな所に待ち合わせたKさんがやって来ました。彼女には以前湯島の「クチーナ イタリアーナ ハル」も紹介してもらいましたが【注1】、「美味しいもの大好き」でフットワークが軽い女性です。刺身盛り合わせ、たたみいわし、車海老しんじょを追加し、「初めてだけど、いい雰囲気の店だねぇ。親爺さんも味がある、昔からの本物の居酒屋って感じだね」と言うと、Kさんは「土曜日は開店前から行列で、1Fカウンターはすぐ一杯になるそうですよ」と話してくれました。予約可能な2Fは大勢様用のテーブル席、1Fはカウンター+少人数テーブルで、予約は原則受け付けず、早い者順だそうです。

シンスケ入口の杉玉

1Fカウンター席

まだまだアテ(料理)も行けそうだと思って、メンチカツを注文しました。カリッと揚がって、挽肉でなく小さくチョップした豚肉と玉ネギが甘くて、トンカツソースとキャベツで食べると、「うーん、これが日本の味!」という感じ。またお酒が進みます。最後にお品書きで気になっていた「きつねラクレット」を頼みました。ラクレットはチーズを直火で溶かしてそこに何かをつけて食べるスイス料理なので、「え、日本酒で?」と思ったからです。ところがこの居酒屋のラクレットは、チーズの代わりに油揚げ、つまり焼いた「きつね」の中に細かく刻んだ玉ネギやジャガイモ、とろけるチーズ、などが詰められ、上に醤油味のネギを置いてそれをなんと金柑の味噌に付けて食べるのです。これには本当に驚きました。初めて食べました!

お品書き

きつねラクレット

[シンスケ]  東京都文京区湯島3-31-5 TEL 03-3832-0469  平日17:00 -20:30/日曜・祝日定休

【注1】管理人日記(2019/01/25)「 クチーナ イタリアーナ ハル」参照。