Library
2017年1月〜6月
2017年7月〜12月
2018年1月〜6月
2018年7月〜12月
2019年1月〜6月
2019年7月〜12月

2019/01/01 五箇条の御誓文

慶応4年3月14日(旧暦)(=新暦1868年4月6日)に、明治天皇が天地神明に誓約する形式で公卿や諸侯などに示した明治政府の基本方針として、夙(つと)に有名なのが「五箇条の御誓文」です。新しい時代への昂ぶる気持ちが明瞭な表現で伝えられ、昨今の政党による安直かつ偽善的な「マニフェスト」と称するものとは、雲泥の差があります。それにしても英文を直訳してみると、いかに明治時代の日本語が簡潔にまとまった表現(=英語のsuccinctという単語がピッタリです!!)なのかとつくづく感心します。明治神宮に和英対照で掲げてあった 「五箇条の御誓文」を、紹介します。

五箇条の御誓文 Charter Oath in Five Articles

1.広く会議を興し、万機公論に決すべし。
Deliberative assemblies shall be widely established and all matters shall be decided by general discussion based on public sprit. 【とことん話合う会議を全国津々浦々で行い、公の精神に基づき、誰でも意見を主張出来る会議の場で議論を尽くして、物事を決定すべきである。

2.上下心を一にして、さかんに経綸を行うべし。
All people, regardless of their respective status in society, shall unite their hearts and minds, and vigorously contribute to the development of the country. 【社会的地位の違いはあるとしても、全ての国民が勇気と知力を合わせて、国の発展のために力強く貢献すべきである。

3.官武一途庶民に至るまで、おのおのその志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。
It shall be ensured that all people, officials, civilian or military as well as the general public, may accomplish their personal calling and not lose their spirit for life. 【官僚であろうと、市民であろうと、軍人であろうと、一般庶民であろうと、全ての国民が自分で望むことを実現させ、自分の生活を失うことのないような国を造るべきである。

4.旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。
Out-dated and harmful practices shall be broken, and everything shall be based on universal principles. 【時代遅れで有害な習慣は破棄し、全ての事は普遍の道理に基づいて対処されるべきである。

5.智識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。
The nation’s core shall be vitalized b by gathering knowledge from all over the world, while cherishing our beautiful culture and tradition centering the Emperor. 【世界中の知識を集める一方で、天皇を頂点とするわが国の美しい文化や伝統を尊重することが、わが国の有るべき姿である。


2019/01/05 一線を越えた文在寅韓国大統領

2018年12月20日石川県能登半島沖で、韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機にレーダーを照射した映像録画を、防衛省が昨年末(2018年12月28日)一般公開しました。これを見て「文在寅(韓国大統領)は、一線を越えたな」、と私の直感が告げました。極秘の軍事情報をここまで生の形で公開することは本来なら有り得ないはずですが、次に攻撃を前提としている挑発行為であるレーダー照射[=ロックオン]を韓国海軍が行ったにもかかわらず韓国はその事実を認めず、「レーダーは遭難した北朝鮮漁船を探すために使った」と嘘をついたため、異例の生画像での事実公表に至ったのでしょう。

レーダー照射された自衛隊機の録画画像を見せると、韓国政府は「自衛隊機が超低空飛行で韓国艦艇を威圧した」と、はるか上空の位置からの撮影画像を認めず、「韓国艦はレーダー使用はしていなかった」としらを切ったと報道されています。【注1】 私は公表された防衛省ホームページの動画画像(13分)【注2】を見ましたが、照射を受けて「アー、FC(火器管制レーザー)出しています!メチャクチャ凄い音です。避けた方がいいですよね」という緊迫した海上自衛隊搭乗員の生々しい声や、ブーブーという緊急ブザーの音、そして三種類の周波数無線で「こちら日本海軍。韓国海軍艦艇番号971、貴艦FCアンテナが我々を指向した。目的は何ですか?応答願います」と呼び掛けたのに、韓国側が何も答えないことにも驚きました。その時の会話が”This is Japan Navy. (Japanese Navyではなかった)What is the purpose of your act?”という極めて日本人的英語だったことが、逆に攻撃を受けるかも知れないとっさの状況での緊迫感を物語り、こちらが真実であることは間違いないと確信しました。

もしこれが日韓逆の行動で事件が起こり、安倍首相・岩屋防衛大臣が「そんな事実はない」と言い張ったら、韓国国民はどういう反応をするかを考えれば、韓国政府・海軍は過ちを正直に認め、直ちに責任者を処分した上で日本に謝罪すべきだと思います。 ところが北朝鮮大好き・日本憎しの文在寅韓国大統領は就任以来、「日韓の歴史を整理しなければ」と主張し続け、1965年の日韓条約で解決済みの徴用工問題を蒸し返したり、再三再四慰安婦問題は未解決と繰り返し、国際的に認められている自衛官の旭日旗を韓国入港の時は外せという無茶苦茶な要求を突きつけ、挙げ句の果てがこのレーダー直接照射攻撃を頬被りして誤魔化そうとしています。支持率回復のために「反日」を国民に訴えるのは韓国歴代大統領の常套手段ですが、「仮想敵国は日本だ」とまで言い切った盧泰愚元大統領側近だった文在寅の、大統領就任以来の数々の言動を見ていると、もうこれ以上日本はアンタとは付き合えないよ、と言いたくなります。

【注1】読売新聞(2018/12/28)  【注2】防衛省ホームページ

                          【2019/01/12 追記】

「韓国文在寅大統領は1月10日の年頭記者会見で、いわゆる徴用工訴訟判決について「日本の指導者が政治的争点とするのは賢明でない」と日本政府を批判した。日本が無償3億ドル、有償2億ドルを韓国に与えた1965年の日韓協定には、『請求権問題は完全かつ最終的に解決された』と明記されており、無償の3億ドルには個人の被害補償問題の解決金が含まれている。国際法上既に解決済みの問題を蒸し返し、政治的争点にしたのは韓国である」という新聞報道(2019/01/11日本経済新聞)を読み、文大統領の余りに身勝手な日本批判に腹が立ちました。

さらに韓国海軍駆逐艦が、北朝鮮船救助と称して給油(密輸?)しているところを海上自衛隊哨戒機に目撃され、慌てて火器管制レーダーを照射した問題でも、「日本の哨戒機が威嚇的な低空飛行をした」と事実と全く異なる主張をして、韓国側の反論動画を出しましたが、4分30秒の動画は日本が発表したものを自分に都合良く編集したもので、笑止千万と言わざるを得ません。つまり、

(1)海上自衛隊ホームページ掲載の哨戒機画像をサムネイル(表紙にするための縮小掲載)し、さもさも低空飛行しているような合成画像を作成し、合成をごまかすため色合いを調整加工しています。
(2)自衛隊機飛行高度150mは問題ないのに、「それは民間航空機の基準で、軍用機に適用することは日本は国際法を歪曲している」と難癖をつけたが、韓国哨戒機の通常飛行高度は同じ150mで自己撞着
(3)韓国駆逐艦は「北朝鮮遭難漁船救助中という人道的活動中なのに日本の哨戒機が低空威嚇飛行した」と非難したが、都合が悪くなるとすぐに「論理」でなく「情緒」にすり替える韓国のいつもの手口です。

韓国海軍発表動画 海上自衛隊公表動画

それもこれも合わせて考えると『賢明でない指導者は文在寅、あなた自身だ!』と言いたくなります。


2019/01/10 十四代七垂二十貫

「十四代七垂二十貫(じゅうよんだい しちたれにじゅっかん)」は、山形県の蔵元「高木酒造」で製造している日本酒「十四代」の最高クラスで、希少価値が高く入手困難のため幻の酒として知られています。七垂二十貫とは、20貫(75s)のお米から7垂(7滴)ほどしか取れないほど貴重な酒、という意味です。 兵庫県産の酒米「愛山」を40%精米し、奥羽山系葉山山麓の湧水桜清水(中軟水)の仕込み水を用いて作られ、袋吊りされたもろみから、斗瓶と呼ばれる小さな容器に少しずつ集めるという、手間がかけられた「斗瓶囲い(とびんかこい)」と呼ばれる製法を用いているそうです。【注1】しかも最も良い状態で出荷できる7月と10月の年2回のみ発売されるため、定価の10倍というプレミアム価格で取引されています。ネットの楽天市場で「十四代七垂二十貫」価格を調べたら、四合瓶(720ml)で3〜6万円、一升瓶(1800ml)だと10万〜12万円で取引されているようです。

この貴重な「十四代七垂二十貫」を飲む機会に恵まれたのは、昨年12月25日に手打ち蕎麦「汐見」(早稲田鶴巻町)で行われた「クリスマスを蕎麦屋で楽しむ会」でした。乾杯スタートはシャンペンならぬ「七賢発泡酒」(山梨)。今が旬の寒鰤にはさらさらとした舌触りの「尾瀬の雪解け」(群馬)、酒蒸し鮑にイクラを乗せた料理には春霞(秋田)の冷やおろしのぬる燗で合わせ、「本日のメインイベントです」とボクシング試合の乗りで紹介されたのが「十四代七垂二十貫」。【右写真】

参加者はグラス一杯のみでしたが、このフルーティながら濃厚という不思議なフィネスを持ったチャンピオン酒に合わせたのは、自家製のローストビーフに塩水雲丹を乗せるという、これまた汐見さんの独創的料理でした。「お替わりは無理ですよね?」と小声で尋ねたら、「申し訳ないけど、七垂二十貫の一升瓶は空いてしまいました。十四代播州愛山を代わりにどうぞ」と、お店にあった十四代を飲ませてもらいました。この愛山でも楽天市場では一升瓶は3万円以上しています。御馳走様でした。

鶴岡さん(左)は可愛いサンタ帽子で

酒蒸し鮑イクラ乗せ

寒鰤のネギ巻き ローストビーフ(左)と七垂二十貫(右)

【注1】高木酒造


2019/01/14 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」(ケント・ギルバート著:講談社)を読みました。『中国、朝鮮、日本の国民性には大きな隔たりがあり、その原因は大陸、半島、島国という地理的要因よりも儒教思想に支配されているか否かがポイントである』というのが結論でした。私は著者の仮説には『儒教とは人徳を備えた君主が仁の気持ちで国を治めることを理想とする政治であり、現在の共産主義国家中国が儒教思想に支配されているというのは、いかがなものか?』と疑問を持ちました。しかし頁を読み進めていくうちに、著者の言う『儒教』とは孔子の教えの一部である「徳のある君主が治める国は正しい」という部分の「徳のある」を都合良く省き、自分達の正当性を主張するためのプロパガンダとして使うことで、いわば『儒教の呪い』というべき身勝手なイデオロギーを指しているのだと理解し、合点が行きました。著者はこの三国の国民性を以下の様に比較分析しています。

1.中国
 漢民族は自分達が世界の中心で周りは野蛮な国家であるという中華思想があり、中国為政者は公(国家)よりも私(家族)を優先するので、その偽善を言葉で飾るために長幼の秩序を重んじる儒教を利用した。特に20世紀の指導者毛沢東による文化大革命で、儒教に残されてきた「仁義礼智信」という倫理観を完全に捨てて、極端な拝金主義に走るようになった。これが国際法よりも自国だけの利益、もっとハッキリいえば共産党幹部とその一族の利益を最優先させる特異な国家として、国際社会で異端視されている原因である。

20世紀は多くの植民地が独立したが、逆に植民地(チベット、ウイグル)を増やしているのが中国である。しかも「東南アジア、朝鮮半島、樺太、沿海州はもともと中国領土であった」と歴史の捏造や事実の歪曲などは朝飯前で、南シナ海の領土侵略をフィリピンが国際仲裁裁判所に訴え、フィリピンが勝訴したにもかかわらず、今でも実行支配している。「アメリカ帝国主義からの解放を助けるため」チベットに入った中国軍は87,000人のチベット人を殺戮し、現在でも弾圧を続けている。

中国人は「現世さえ楽しめればいい」という価値観なので、水産資源を枯渇するまで取りつくしたり、大気汚染・水質汚染がひどくなっても自分が儲けるためには他人が困ろうが知ったことじゃないと環境対策を取らない。結果として中国本土で人が住める地域が減ってしまった。これが海外領土侵略をさらに勢いづける原因になっている。

2.朝鮮
  朝鮮は中国にすり寄り「小中華」として他の周辺国に優位性を保とうとした。儒教ルールに則り親で有る中国には平伏し、弟である日本には兄として高圧的に出るという姿勢が基本スタンスである。朝鮮人の気質は(1)事大主義(=強いものにペコペコ、弱いものに威張る)と、(2)異常な嫉妬心(恨=ハン)であるが、その根源が儒教にあると言える。

朴槿恵韓国大統領は2013年に「加害者と被害者の立場は千年経っても変わらない」と日本を非難したが、南北合わせて500万人もの朝鮮人が死亡したと云われる20世紀の朝鮮戦争で、侵入してきた中国共産党に「謝罪と賠償」を求めたことは一度もない。世界中で慰安婦問題を叫んで日本を非難するくせに、自分達がベトナム戦争時代にサイゴンに韓国兵専用のベトナム人女性による慰安所を運営していた事実には、一切頬被りする。

韓国人のコンプレックスが一番良く現れているのが「ウリジナル」(ウリ=我々を意味する韓国語+オリジナル)呼称で、歌舞伎、カラオケ、寿司、茶道などすべて韓国が発祥の地だと言い張ることだ。また社会全体が告げ口体質となっており、犯罪現場を撮影したり証拠を提出すると報奨金がもらえる一方、誣告罪(=虚偽の告訴事件)は年間3,000件を越えている。韓国歴代大統領11名は今まで全て在任中暗殺されたり、退任後に逮捕されたり、自殺したり、或いは亡命したりクーデターで政権を追われている。【注1】こういう国も珍しいのではないか。

3.日本
  日本は中国・朝鮮経由で儒教は伝えられたが、仏教同様その良い部分だけを選んで上手に取り入れ、伝統的な神道に吸収し、さらに江戸時代は武士道という倫理道徳規範として確立させた。儒教の「仁義礼智信」を「公の心、名誉、勇気、潔さ、惻隠の情」という形で昇華させた武士道こそ、今日まで続く日本人の生活に浸透している高い倫理道徳の源泉である。なぜ同じ儒教に接しながら日本は中国・韓国の様な独善的な思想にならなかったか? それは(1)天皇制の存在で日本では一度も王朝交替が起きていないので「易姓革命」により前王朝をすべて否定するという歴史を持たなかった、(2)「和を以て貴しとなす」の話合いで物事を決める「和」の精神が日本人には根付いていたからであろう。

「こちらが譲歩すれば相手も譲歩してくれる」と思うのは「和」を尊ぶ日本人の思考回路であり、「弱気を見せれば相手に付け込まれる」という外交ではこれは全く通用しない。直近の例を挙げてみよう。

(中国)2010年中国漁船が尖閣島沖で日本の巡視船に体当たりし船長が逮捕されると、中国はレアアースの対日輸出禁止、在中国日本ビジネスマンのスパイ容疑による逮捕で圧力をかけ、結局時の民主党政権は、違法行為を行った中国人船長を裁判にもかけず釈放してしまった。

(韓国)2015年日本が軍艦島をユネスコ世界遺産に登録する時、韓国が推薦した百済地区の登録に協力するという交換条件で韓国の内諾を取り付けたが、土壇場で韓国は「軍艦島で働かされた強制徴用の朝鮮人被害者を讃える文言を入れろ」と主張し、「施設内で戦時中、朝鮮半島出身者が働いていたことを明示する」結果に。

【注1】歴代韓国大統領11人の末路
※注※ これは著書には載っておらず、インターネット情報などから管理人が独自作成したものです。 こうして改めて眺めると、一人として平穏な余生を暮らした大統領が韓国にはいないことに気付きます。よく言われることですが、韓国の国民性は「恨(ハン)」即ち「嫉妬と憎悪」で、新羅の昔から朝鮮半島には「讒言(告げ口)」文化が根付いていたということを、図らずも示しているような気がします。

(1)1〜3代 李 承晩(イスンマン):クーデターで失脚、アメリカに亡命
(2)4代 尹梵善(ユンボンソン):クーデターで退任後軍法会議で懲役3年の判決。
(3)5〜9代 朴正煕(パクチョンヒ):側近に暗殺される。
(4)10代 崔 圭夏(チェ・ギュハ):クーデターにより失脚。
(5)11〜12代 全斗煥(チャンドゥファン):反乱罪で無期懲役。恩赦。
(6)13代 盧泰愚(ノテウ):政治資金隠匿・軍反乱罪で懲役22年判決。
(7)14代 金泳三(キムヨンサム):経済悪化で辞任。次男が権力濫用で収監。
(8)15代 金大中(キムダエジュン):北朝鮮への不法送金を追及されアメリカへ亡命。
(9)16代 盧 武鉉(ノムヒョン):親族の不正調査中登山滑落死(自殺)。
(10)17代 李 明博(イミョンバク):兄が金銭疑惑で逮捕。懲役15年。
(11)18代 朴槿恵(パクウネ):国家機密を漏らした友人の不正蓄財関与で逮捕。


2019/01/18 銀座6丁目に師弟鮨店が三店

「東京最高のレストラン2019年版」(ぴあ株式会社)鮨部門に、「銀座鮨青木」と共に、「鮨青木」で修業して独立した二人の店も選ばれていたので、長年の「鮨青木」ファンの私としては、とても嬉しくなりました。

青木さんのお父さんの青木義さんは、江戸前鮨名店として名を馳せた銀座「なか田」で、20年ほど修業の後、1972年暖簾分けを許され京都木屋町に「なか田」を開業しました。1986年に東京へ戻り麹町に「鮨青木」をオープンし、1992年には念願の銀座に店を移した翌年(1993年)、突然の病で世を去りました。 二代目青木利勝さんが店を継いだのは弱冠29歳の時。それから25年で銀座を代表する鮨店になりました。私が初めて「鮨青木」を訪れたのは2006年。ちょうど王ジャパンが野球世界一になり、その勢いを買って松坂大輔が120億円でレッドソックスに移籍した年でした。

その頃旦那(青木利勝さん)と並んで鮨カウンターで鮨を握っていたのが、無口で凧揚げが好きな浜松出身の鈴木孝尚さんと、東京マラソン始めフルマラソンに参加していた、物腰柔らかなスポーツマン杉澤敬吾さんでした。この二人が十年以上の「鮨青木」修業を終え、独立してそれぞれ自分の店を出しました。しかも旦那の店と同じく鮨のメッカ銀座6丁目にです。(!) 鈴木さんも杉澤さんも、「旦那は気持ち良く独立を認めてくれただけでなく、自分が使っている仲卸業者や内装業者も紹介してくれたましたし、店の開店案内にはわざわざ推薦文まで寄せてくれました。普通はお客の取り合いになるので、旦那の店の近くではオープンしないのが礼儀ですが、太っ腹の旦那は『これからはお互い切磋琢磨しよう』と、銀座6丁目で開店することを許してくれました。なかなか出来ないことですよ」と、感謝しています。

私も「鮨青木」に4回行くペースを、青木:鈴木:杉澤=2:1:1の割合で通うようになりました。二人の弟子は鮨の基本は旦那の作法と同じながら、料理の出し方、素材の組み合わせ方などに、それぞれの個性が出ています。鈴木さんは赤酢のシャリ(酢飯)にこだわり、杉澤さんは旬の野菜にこだわりを持っています。旦那を含めた三人に共通するのは現状に甘んじず、常に新しいものを求めて精進する姿勢です。銀座6丁目で師弟三店全てが、繁盛することを願っています。

鮨鈴木 鮨杉澤オープン時 鮨青木

 鮨鈴木 → 家庭画報誌紹介     鮨杉澤 → ホームページ   鮨青木 → ホームページ