00・Library 11・よさこい日記
01・モンサンミッシェル旅行記 12・日が西に没する大地
02・パリリヨン食べ歩き 13・Kaz散歩
03・シャンペンよもやま話 14・四国へ行ったぞな、もし
04・東欧見聞録 15・おいでやす京都へ
05・ロシアより微笑みをこめて 16・多摩川にさらす手作りさらさらに
06・ハワイの休日 17・レトロな路面電車の線路に沿って
07・中央アジアの草原にて 18・ベルギー・パリの旅
08・小樽の寿司よ  ・
09・みちのくグルメ旅  ・
10・食べ喰うフグも好きずき  ・

|1章|2章3章4章

シャンペンよもやま話

1章


1章. 美味礼賛:ワイン&ダイン

前列左から:次女真理、私
後列左から:山本益博氏、ワイフ、ヒルトン・アデレードのシェフ、チャン・リュウ氏、ヒルトン東京マネージャーT・ホーボーン氏

「後藤さん、ランスに行くなら絶対ボワイエ(Boyer)です。ここっきゃないですよ!」と自信を持って勧めたのは料理評論家の山本益博氏。〔注1〕。今年(2001年)6月ホテルヒルトン東京で開催された「ワイン&ダイン」の会で、たまたま席が隣り合わせになった山本氏に、私が夏にランス(Reims)に行くつもりだと話をした時の返事だった。この「ワイン&ダイン」は毎月一回選りすぐったワインと料理を楽しむ会だが、6月はオーストラリアワインを楽しむ趣向で、山本氏の他にも岸朝子氏〔注2〕、門上武司氏〔注3〕などそうそうたるメンバーが同席していた。家に戻って調べてみると山本氏が推奨した「レ・クレール・ボワイエ(Les Cryers Boyer)」は白亜のホテルで、そのメインダイニングはランスで唯一の三つ星レストラン〔注4〕だそうだ。

偶然とは重なるもので、翌7月の「ワイン&ダイン」はシャンペンがテーマで、隣の席に座ったのがシャンペンメーカーポメリー(Pommery)社東京営業担当のアルノ・ポラン氏。今月末に親子四人フランスのボワイエホテルに二泊する予定であるという話をすると、「それは素晴らしい!そのホテルの隣が当社のシャンペン醸造所ですよ。といいますか、レ・クレール・ボワイエ自体もポメリー社所有なのですよ。よろしかったら紹介状を書きますから、シャンペンの製造工程を見学なさいませんか?」という親切な申し出。渡りに舟とはまさにこのことで、早速翌日パリに居る長女の由美にランス行き列車の切符を手配するようにメールを送った私であった。

〔注1〕山本益博(やまもとますひろ):食通としてマスコミで活躍する料理評論家。
〔注2〕岸朝子(きしあさこ):料理記者の草分けでテレビ番組「料理の鉄人」の審査員で
    独特の語り口、「美味しゅうございます」が人気になった。
〔注3〕門上武司(かどがみたけし):関西を中心に活動を続ける料理評論家。
〔注4〕フランスのタイヤメーカー「ミシュラン」が定めるフランスのレストラン格付けで、
    一つ星から始まり最高の三つ星はパリの「タイユバン・ツールダルジャン」など数える程しかない。

|1章|2章3章4章