00・Library 11・よさこい日記
01・モンサンミッシェル旅行記 12・日が西に没する大地
02・パリリヨン食べ歩き 13・Kaz散歩
03・シャンペンよもやま話 14・四国へ行ったぞな、もし
04・東欧見聞録 15・おいでやす京都へ
05・ロシアより微笑みをこめて 16・多摩川にさらす手作りさらさらに
06・ハワイの休日 17・レトロな路面電車の線路に沿って
07・中央アジアの草原にて 18・ベルギー・パリの旅
08・小樽の寿司よ  ・
09・みちのくグルメ旅  ・
10・食べ喰うフグも好きずき  ・

|1章| 2章3章4章5章6章7章

食べ喰うフグも好きずき
1章


1章:石見(いわみ)言われた嫌味(いやみ)

蓼(たで)喰う虫も好きずきという通り、好みに関しては一概に自分の尺度で推し測りあれこれ言うことは出来ないようだ。それにしてもわざわざ会社を休んで飛行機に乗ってまでフグを食べに行こうというのは、よくよく物好きに違いない。そんなもの好き、酒好き、旅好きの夫婦が友人のP夫妻である。昨年末一緒に酒を酌み交わしながら「冬はフグのシーズンだよねぇ」、「本場下関のフグって、やはり美味しいのかねぇ」という、たわいもない話がトン、トン、トンと具体化して今回「萩・湯田温泉・下関の旅」となったのだが、P夫妻とは以前一緒に旅行して互いに気遣い無用という間柄なので、楽しい旅が期待出来そうである。

1月24日金曜日朝、羽田空港に集まった四人は搭乗時刻迄三十分程ゆとりがあったので、生ビールを飲みながら旅程についてあれこれ話をはずませる。これがいいんだなぁ、皆が働いている平日にラフな服装で酒を飲みながら、遊びの相談をするっていうのが。。。「「仕事でトラブルがあって急に忙しくなって週末は休めるかどうかヒヤヒヤだったけど、『金曜日以降は絶対ダメですからね!』って押し切っちゃったよ」とP氏。「萩焼の素敵な器が買いたいわ」と、どこに行っても買い物優先のワイフ。話に夢中になってふと腕時計を見ると、離陸時刻まであと10分しかない!ヤバイ!と 廊下をドタバタ走って17番ゲートに向かうと「10時20分発ANK575便石見行きの最終搭乗案内を申し上げます」と私達の名前を呼ぶアナウンスが頭上のスピーカーから響く。ゲートに立っている係の女性に必死に手を振って、「まだ四人いま〜ぁ〜す!」と叫ぶ。彼女はトランシーバーに「最後の四人が来ました!」と叫ぶと、階段を指差し先頭になって駆け下りる。後を追いかけ待機していたマイクロバスに息をはずませながら飛び乗ると、運転手の他は我々四人だけ。ジェット機のタラップを伏し目がちに小さくなりながら上がると、今度は機内には客が一人もいない。「え、ひょっとして貸し切り?」などと思っていたら、我々をずっと待っていたに違いない他の乗客が大型バスで到着しドカドカ座り始めた。あっという間に離陸。バスの到着順番が逆だったら我々はさぞかし白い目で見られただろうな、と胸をなでおろした次第。4列ほど前の席で、俳優の武田鉄矢がカウボーイハットを座席の上の荷物棚にしまっている姿が目に入った。「金八先生、間髪(金八?)を入れずに登場(搭乗?)」などと、訳のわからない地口をつぶやく私だった。

1時間ちょっとで島根県石見空港に着陸。周りは山だらけ、一番端の滑走路には小型機が駐機していて、いかにもローカル空港といった風情だ。ベルト着用サインが消える直前にチーフパーサーの女性からキツ〜いアナウンスがあった。「手荷物検査等に時間がかかりますので、お客様方におかれましては次回からは早めに空港にお出でくださるようお願い申し上げます。」これは搭乗に遅れそうになった我々へのメッセージか?「石見(いわみ)空港で嫌味(いやみ)言われちゃった!」、と舌が滑らかなP氏が舌を出す。

|1章| 2章3章4章5章6章7章