00・Library 11・よさこい日記
01・モンサンミッシェル旅行記 12・日が西に没する大地
02・パリリヨン食べ歩き 13・Kaz散歩
03・シャンペンよもやま話 14・四国へ行ったぞな、もし
04・東欧見聞録 15・おいでやす京都へ
05・ロシアより微笑みをこめて 16・多摩川にさらす手作りさらさらに
06・ハワイの休日 17・レトロな路面電車の線路に沿って
07・中央アジアの草原にて 18・ベルギー・パリの旅
08・小樽の寿司よ  ・
09・みちのくグルメ旅  ・
10・食べ喰うフグも好きずき  ・

|プロローグ|1章2章3章4章5章6章7章8章9章10章11章エピローグ

ロシアより微笑みを込めて(From Russia with a smile)

プロローグ

プロローグ:ソ連からロシアへ

プーチン
ロシア大統領

1990年ベルリンの壁が崩壊し、ソ連の最高指導者にゴルバチェフが就任して「ペレストロイカ」と呼ばれた民主化政策を進めた時、私は冷戦時代の終わりを直感し、時代の変化を直接肌で感じるため会社を2週間休んで「激動する東欧を巡る」というツアーに参加した。この時社会主義国家ソ連の印象が私には強烈だったので、政治経済体制が変わったロシアをぜひ見ようと思い、今年7月ワイフと一緒にモスクワとサンクトペテルブルグを 訪れた。現地で案内してくれたのは、モスクワ在住の友人I君夫妻である。国家体制が変わったとは言うものも、相変わらずロシアのビザを取るのは並大抵ではない。東京港区にあるロシア大使館にビザを申請するのだが、受付時間の9時30分に大使館に行くと既に整理番号42番の札で、待つこと延々2時間、12時少し前になってようやく書類を受け付けてもらったのである。12時ジャストに後ろに何人並んでいようとお構いなしにバシャっと、窓口を閉めてしまうお役所対応に、改めてロシアを認識した次第であった。

|プロローグ|1章2章3章4章5章6章7章8章9章10章11章エピローグ