00・Library 11・よさこい日記
01・モンサンミッシェル旅行記 12・日が西に没する大地
02・パリリヨン食べ歩き 13・Kaz散歩
03・シャンペンよもやま話 14・四国へ行ったぞな、もし
04・東欧見聞録 15・おいでやす京都へ
05・ロシアより微笑みをこめて 16・多摩川にさらす手作りさらさらに
06・ハワイの休日 17・レトロな路面電車の線路に沿って
07・中央アジアの草原にて 18・ベルギー・パリの旅
08・小樽の寿司よ  ・
09・みちのくグルメ旅  ・
10・食べ喰うフグも好きずき  ・

|プロローグ|1章2章3章4章エピローグ

ハワイの休日(親娘日記)

プロローグ


(Kaz)

ハワイ・オアフ島カハラビーチ

日本人にとってアジア以外で一番身近な海外といえば「ハワイ」。明治時代に遡る日系移民の歴史、大正時代に「常夏の島ハワイ」のイメージが定着し、昭和16年太平洋戦争勃発の地となったのがハワイ・オアフ島の真珠湾。そして終戦後「憧れのハワイ航路」が昭和40年代に「JALパック・ハワイ」となり、日本人が気軽にハワイを訪れられるようになった。現在ハワイを訪れる観光客年間693万人のうち150万人(21%)を占めるのは日本人である。これはアメリカ本土からの観光客440万人(63%)に次いでいる。【注1】  ホノルルの中心ワイキキには日本語の看板が溢れ、メインストリートのカラカウア大通りを歩いている観光客の日本語の嬌声に、思わず「ここは日本の48番目の県か?」と首を傾げてしまう位である。「今更ハワイなんて・・・」と旅慣れたツーリストに言われそうだが、私達夫婦がハワイを訪れるのは今回で何と14回目(!)なのである。

現地の神父による結婚式(1973)

「エッ、どうしてそんなにハワイが好きなの?」と聞かれそうだが、今から32年前の昭和48年(1973年)に、ハワイで結婚式を挙げたことに帰因する。この年は1971年のスミソニアン合意【注2】を受け、日本円が変動相場制に移行した年で、確か1ドル=260円前後のレートで、聖徳太子(1万円札)をジョージワシントン(ドル紙幣)に取り替えた記憶がある。当時大学卒業後就職したばかりだった私は、初任給が5万円に満たなかった。既に働いていたワイフの貯金に頼るところが大きかったが、この年の10月に二人だけでオアフ島にあるカハラヒルトンホテルで式を挙げた。帰国後開いた親戚向け披露宴はビュッフェ形式、友人向けの披露宴は会費制にするほどお金がなかったが、それでもあの時は新婚旅行も兼ねて幸せな結婚式を挙げることが出来たと、今でも思っている。

その後家族や両親、或いは友人夫妻などと何度もハワイを訪れたが、過ごしやすい気候と、ゆったりとした人々の立ち振る舞いが、のんびりした休暇にはピッタリの土地だと思うようになった。ホテルもハレクラニ、ロイヤルハワイアンなどあれこれ泊まってみたが、やはりワイキキの喧噪から離れたカハラの思い出のホテルに戻って来る。数年前に経営がヒルトンからマンダリン・オリエンタルグループに替わり、いささか俗っぽくなってきたのが、少々気になってきているのだが。。。

【注1】Hawaii Tourism Authority(ハワイ観光局)2004年度資料による

【注2】1971年8月アメリカのニクソン大統領は金・ドル交換を停止し(=いわゆるニクソンショック)、同年12月にワシントンのスミソニアン博物館で開かれた10カ国蔵相会議でドルの切り下げと、各国通貨の調整を行った。円は16%切り上げられ1ドル=360円から1ドル=308円になった。1973年2月にアメリカが再度ドル切り下げを断行したため、日本も変動相場制へ移行した。

(Yumi)
常夏の島ハワイ!
両親のハワイ好きにありがたく便乗し、私の初ハワイはなんと生まれて11ヶ月だそう。贅沢な !
全く覚えていませんが、セクシービキニの証拠写真があります。

それから、かなり印象に残っているのは、中学1年生の時の旅行。
習い始めたばかりの英語を使いたくて使いたくて、妹にも格好いいところが見せたくて、 どきどきしながらも、私は、張り切ってホノルルのバーガーキングで注文しました。
「Two Orange juice please !」
すると、ブロンドのきれいなお姉さんは にっこりと笑い、こういいました。
「オオキイノデスカ、チイサイノデスカ?」
 …。
「オ、おおきいのおねがいします・・・」

かなりがっかりしてしまった私。でもくじけませんでした。きっと発音が悪かったのだと、 翌日シェイブアイス(砕いた氷に色々シロップを選んでかけられる)を買いに行くときは Kazさんに発音の特訓までしてもらいました。
「Watermelon please!」
すると、筋肉むきむきの黒人のお兄さんは、にかーっと白い歯を出して笑い、こう、のたまわられました。
「Watermelonハ スイカデスヨー!」
…。
そんなの知ってるもん!

すっかり傷ついた私は、「もうハワイで絶対英語話さない!」と言って、ぷんぷんだったことをよく覚えています。

いちばん最後に行ったのは6年前。年末とお正月をハワイで過ごすからと召集がかかり、フランスから24時間かけてハワイに行きました。パリ→ヒューストン、ヒューストン→ニューアーク、ニューアーク→ホノルルというコースを一人で旅して到着。へとへとで、何も考えずに国内線到着口で家族を待っていた私。

ところが、前日に着いた家族は、日本からの飛行機が着いた際に利用した国際線到着口で待っていました。国際線到着口と国内線到着口、 この二つ、同じ到着口でも階が違うのです。

私は、「また日にち間違えたかしら、あれー。」とのんきに待ち続け(Sanaeちゃんを二日連続成田に来させてしまった前科が既にあり)、家族は、「Yumiったら、飛行機乗り損ねたのかしら、きーっ。」(これまた前科あり)とイライラ待っていたらしく、感動の再会は口げんかで始まったのでした。

そんなふうに妙な思い出もたくさんあるハワイ。ですが、その美しい海と景色、そして何よりもゴキゲンなリゾートの雰囲気が、いつ来てもハッピーな気分にさせてくれる素敵なところです。

シェラトンワイキキホテルで(11ヶ月)

オアフ島クアロア牧場で(13歳)
ハワイ島Kenのコーヒー農園で(24歳)

さてさて6年ぶりのハワイ。今回は日本からの出発。(ほっ)
久々に家族四人そろっての旅行なので、旅行が決まったときからとても楽しみにしていました。今度の旅行はGOTOファミリー+フランス人(ふぁぶ)のおまけつき。さて、さてどんな旅行になるでしょう・・・。大丈夫かしら…

|プロローグ|1章2章3章4章エピローグ