00・Library 11・よさこい日記
01・モンサンミッシェル旅行記 12・日が西に没する大地
02・パリリヨン食べ歩き 13・Kaz散歩
03・シャンペンよもやま話 14・四国へ行ったぞな、もし
04・東欧見聞録 15・おいでやす京都へ
05・ロシアより微笑みをこめて 16・多摩川にさらす手作りさらさらに
06・ハワイの休日 17・レトロな路面電車の線路に沿って
07・中央アジアの草原にて 18・ベルギー・パリの旅
08・小樽の寿司よ  ・
09・みちのくグルメ旅  ・
10・食べ喰うフグも好きずき  ・

その1その2その3その4その5その6|その7|その8

Kaz散歩

その7 (2018年)



2018/01/03 目黒天空公園  

首都高速道路大橋ジャンクション(目黒区大橋)の屋上を緑地化して造成されたのが、目黒天空庭園です。ドーナツのような楕円形の珍しい形の公園で、総面積は7,000平方メートル。地上からの高さは11メートルから35メートル、つまり一番低い部分でもビルの9階相当の高さから始まって、平均勾配6%のループ状になっています。公園内の通路延長距離は約400メートルで、最も低い部分は歩道橋(オーパスブリッジ)経由で国道246号(玉川通り)へ通じており、庭園は芝生を基礎として約30種類の樹木や花が植えられており、ブドウの栽培も行われています。【注1】

高速道路が交差して排気ガスが多くなるジャンクションをトンネル化して、その上に緑の公園を造り入園料無料で近隣住民の憩いの場にするというのは、環境対策として画期的なものだと思いますし、都心から富士山を眺めることが出来るその高さ故に、天候によっては閉園するというのも宜(むべ)なるかな、と納得出来ます。

【注1】目黒天空庭園・オーパス夢ひろば(目黒区)


2018/01/09 麻布長谷寺(ちょうこくじ)  

長谷寺と書くと鎌倉の浄土宗・長谷寺(はせでら)が有名ですが、東京麻布の長谷寺は(ちょうこくじ)と読み、道元禅師が開いた曹洞宗の大本山永平寺(福井県)の東京別院です。 創建は慶長3年(1598)。昭和になってから曹洞宗修行僧の教育機関として、大本山永平寺別院長谷寺専門僧堂となりました。現在は約30名の修行僧と、その指導役10名の計40名の僧侶が寝食を共にし日夜修行に励んでいるそうです。【注1】ここにある僧堂(坐禅堂)では中央に安置された文殊菩薩を囲むように、修行僧一人に一畳の空間が与えられているそうで、僧堂は坐禅はもちろん食事、睡眠もここで行う修行の根本道場です。

富士フイルム本社ビル

長谷寺入口

麻布大観音

僧堂(坐禅堂)

この寺で有名なのは高さ約10mの木製十一面観世音菩薩(麻布大観音)です。江戸時代からあった古い観音菩薩像は大東亜戦争末期の1945年東京空襲で焼失してしまったため、1977年に樹齢六百年を超える楠を一本彫りして再建されたそうです。日本百観音霊場(西国・坂東・秩父)を参拝して集めた土を菩薩像下の地中に納めているので、この観音様をお参りすると、百観音を参拝した功徳があるとされています。【注1】長谷寺の敷地が広いため隣接する墓地も、墓参客が迷ってしまうのでは?と思う位の広さで半端でありません。しかも墓地の間から近代的な富士フイルム本社ビルが眺められるので、面白いアングルの写真が撮れます。面白い、などと言っては葬られている人に失礼ですけど。。

【注1】長谷寺ホームページ
※注※ 航空写真と僧堂写真は長谷寺ホームページ掲載のものを使わせていただきました。


2018/01/17ニコライ堂  

明治の初めにロシアから日本に渡り、正教会【注1】伝道を行ったロシア人修道司祭(のち大主教)ニコライは、最初に伝道していた函館を1872年1月に発って上京し、1872年9月、神田駿河台に正教伝道の新たな拠点として、日本ハリストス正教会教団東京復活大聖堂を建てました。【注2】そのためここは通称「ニコライ堂」と呼ばれていますが、英国人建築家コンドルによって明治24年(1891年)に建てられたニコライ堂は、緑青を纏った高さ35メートルのドーム屋根で第二次大戦空襲被害を免れ、お茶の水駅界隈でくっきり目立つ日本最大のビザンチン様式建物【注3】として知られ、国の重要文化財に指定されています。

【注1】正教会(せいきょうかい、ギリシア語: Ορθ?δοξη Εκκλησ?α、ロシア語: Православие、英語: Orthodox Church)は、東方正教会とも呼ばれる、キリスト教の教会(教派)の一つ。国名もしくは地域名を冠した組織を各地に形成するのが基本である。(例:ギリシャ正教会、ロシア正教会、グルジア正教会)
【注2】日本ハリストス正教会教団東京復活大聖堂
【注3】中世の東方キリスト教圏の建築。4〜15世紀中葉に東ヨーロッパ一帯に発展したビザンチン帝国の建築で、ドーム型の大規模な聖堂様式が特徴。