00・Library 11・よさこい日記
01・モンサンミッシェル旅行記 12・日が西に没する大地
02・パリリヨン食べ歩き 13・Kaz散歩
03・シャンペンよもやま話 14・四国へ行ったぞな、もし
04・東欧見聞録 15・おいでやす京都へ
05・ロシアより微笑みをこめて 16・多摩川にさらす手作りさらさらに
06・ハワイの休日 17・レトロな路面電車の線路に沿って
07・中央アジアの草原にて 18・ベルギー・パリの旅
08・小樽の寿司よ  ・
09・みちのくグルメ旅  ・
10・食べ喰うフグも好きずき  ・

その1その2その3その4その5その6その7|その8|

Kaz散歩

その7 (2018年)



2018/01/03 目黒天空公園  

首都高速道路大橋ジャンクション(目黒区大橋)の屋上を緑地化して造成されたのが、目黒天空庭園です。ドーナツのような楕円形の珍しい形の公園で、総面積は7,000平方メートル。地上からの高さは11メートルから35メートル、つまり一番低い部分でもビルの9階相当の高さから始まって、平均勾配6%のループ状になっています。公園内の通路延長距離は約400メートルで、最も低い部分は歩道橋(オーパスブリッジ)経由で国道246号(玉川通り)へ通じており、庭園は芝生を基礎として約30種類の樹木や花が植えられており、ブドウの栽培も行われています。【注1】

高速道路が交差して排気ガスが多くなるジャンクションをトンネル化して、その上に緑の公園を造り入園料無料で近隣住民の憩いの場にするというのは、環境対策として画期的なものだと思いますし、都心から富士山を眺めることが出来るその高さ故に、天候によっては閉園するというのも宜(むべ)なるかな、と納得出来ます。

【注1】目黒天空庭園・オーパス夢ひろば(目黒区)


2018/01/09 麻布長谷寺(ちょうこくじ)  

長谷寺と書くと鎌倉の浄土宗・長谷寺(はせでら)が有名ですが、東京麻布の長谷寺は(ちょうこくじ)と読み、道元禅師が開いた曹洞宗の大本山永平寺(福井県)の東京別院です。 創建は慶長3年(1598)。昭和になってから曹洞宗修行僧の教育機関として、大本山永平寺別院長谷寺専門僧堂となりました。現在は約30名の修行僧と、その指導役10名の計40名の僧侶が寝食を共にし日夜修行に励んでいるそうです。【注1】ここにある僧堂(坐禅堂)では中央に安置された文殊菩薩を囲むように、修行僧一人に一畳の空間が与えられているそうで、僧堂は坐禅はもちろん食事、睡眠もここで行う修行の根本道場です。

富士フイルム本社ビル

長谷寺入口

麻布大観音

僧堂(坐禅堂)

この寺で有名なのは高さ約10mの木製十一面観世音菩薩(麻布大観音)です。江戸時代からあった古い観音菩薩像は大東亜戦争末期の1945年東京空襲で焼失してしまったため、1977年に樹齢六百年を超える楠を一本彫りして再建されたそうです。日本百観音霊場(西国・坂東・秩父)を参拝して集めた土を菩薩像下の地中に納めているので、この観音様をお参りすると、百観音を参拝した功徳があるとされています。【注1】長谷寺の敷地が広いため隣接する墓地も、墓参客が迷ってしまうのでは?と思う位の広さで半端でありません。しかも墓地の間から近代的な富士フイルム本社ビルが眺められるので、面白いアングルの写真が撮れます。面白い、などと言っては葬られている人に失礼ですけど。。

【注1】長谷寺ホームページ
※注※ 航空写真と僧堂写真は長谷寺ホームページ掲載のものを使わせていただきました。


2018/01/17ニコライ堂  

明治の初めにロシアから日本に渡り、正教会【注1】伝道を行ったロシア人修道司祭(のち大主教)ニコライは、最初に伝道していた函館を1872年1月に発って上京し、1872年9月、神田駿河台に正教伝道の新たな拠点として、日本ハリストス正教会教団東京復活大聖堂を建てました。【注2】そのためここは通称「ニコライ堂」と呼ばれていますが、英国人建築家コンドルによって明治24年(1891年)に建てられたニコライ堂は、緑青を纏った高さ35メートルのドーム屋根で第二次大戦空襲被害を免れ、お茶の水駅界隈でくっきり目立つ日本最大のビザンチン様式建物【注3】として知られ、国の重要文化財に指定されています。

【注1】正教会(せいきょうかい、ギリシア語: Ορθ?δοξη Εκκλησ?α、ロシア語: Православие、英語: Orthodox Church)は、東方正教会とも呼ばれる、キリスト教の教会(教派)の一つ。国名もしくは地域名を冠した組織を各地に形成するのが基本である。(例:ギリシャ正教会、ロシア正教会、グルジア正教会)
【注2】日本ハリストス正教会教団東京復活大聖堂
【注3】中世の東方キリスト教圏の建築。4〜15世紀中葉に東ヨーロッパ一帯に発展したビザンチン帝国の建築で、ドーム型の大規模な聖堂様式が特徴。


2018/01/23 霞ヶ浦  

茨城県にある霞ヶ浦は川と湖が繋がった総面積220km2の淡水湖で、日本一の琵琶湖(670km2)に次ぐ大きさです。【注1】 西浦(172km2)・北浦(36km2)・外浪逆浦(そとなさかうら)(6km2)・北利根川・鰐川・常陸川(合わせて6km2)の各水域に分かれています。【航空写真、地図参照】 霞ヶ浦湖畔にある潮来市は菖蒲の水郷として知られ、昔は船に乗って嫁入りしていた風習を再現する“嫁入り舟”が観光名物になっています。 というようなことは知識としては知っていたのですが、私は近くの東京に住んでいながら、直線距離で62kmほどの霞ヶ浦を訪れたことは、この年になるまでまだ一度もありませんでした。

東京からJR常磐線快速電車に乗り、松戸→柏→牛久→土浦まで約1時間20分。土浦駅観光案内所の人に聞いたら、西浦の端にある土浦港まで徒歩20分程度ということでした。歩いてみると土浦港は洒落たヨットハーバーになっており、そこから桜が植えられた道を湖に沿って歩くと、ヨットの訓練をしている風景が見えました。湖の南の方角は奥深く先が霞んで見えません。まるで海を見ているようでした。

湖畔の堤防から釣り糸を垂れる人も見かけましたが、霞ヶ浦はワカサギ、シラウオ、エビ、ハゼ、スズキ、鯉、鮒、鰻などの豊富な水産資源に恵まれた湖です。【注2】

以前天ぷら屋のお品書きに「公魚」と漢字で書かれた魚が何のことかわからず尋ねた時、そこの大将が、「それはワカサギのことで、江戸時代常陸国は年貢として霞ヶ浦のワカサギを徳川幕府に納め、それが公儀御用魚とされたことから、ワカサギのことを『公魚』と書くようになったんですよ」と、教えてもらったことを思い出しました。

土浦港に繋留されているヨット まるで海みたい!

【注1】Wikipedia 霞ヶ浦  (C)航空写真・地図  【注2】霞ヶ浦漁業協同組合


2018/01/30 所沢航空記念公園  

埼玉県所沢市にある所沢航空記念公園は、所沢陸軍飛行場跡に建てられた50.2haの広々とした公園で、隣接する航空公園駅近くには戦後初の国産機となったYS-11や、自衛隊で使っていたC-46輸送機などが屋外展示されています。そもそも1911年(明治44年)4月15日に日本で最初の飛行場として、徳川好敏大尉が操縦するフランス製複葉機アンリ・ファルマン機が高度10m、飛行距離800m、飛行滞空時間1分20秒の飛行を行なった場所【注1】として有名です。徳川大尉はこの所沢飛行に先立つ1910年(明治43年)12月19日、東京渋谷の陸軍代々木練兵場で同じアンリ・フォルマン式複葉機を操縦して4分間飛行し、これが日本で初めての航空飛行とされています。【注2】

YS-11について

YS-11(全日空で使用していた引退機)

以来所沢陸軍飛行場として帝国陸軍航空部隊が使用し、戦後(1945年)はアメリカ軍に接収され米軍所沢通信基地となりましたが、その後の地元市民による返還運動によって1971年に通信施設(Tokorozawa Transmitter Site)を残し、約6割の土地が返還されました。 この基地跡地が県営の公園として整備され、1978年に開園されました。

放送塔

C-46輸送機(自衛隊で使用していた引退機)

【注1】フォト埼玉 【注2】Kaz散歩「2016/02/29 日本初飛行の地」参照。


2018/02/07 日本左衛門 首洗いの井戸

日本左衛門(にっぽんざえもん:本名浜島庄兵衛)は江戸時代中期の遠江国出身の盗人で、二百名ほどの盗賊団の頭目となって、江戸など東海道沿いの諸国を荒らしまわったとされています。 彼の人相書(指名手配書)には『身長五尺八九寸程、鼻筋通り目中細ク、ゑり右之方江常かたき籠在候、琥珀ひんろうし綿入小袖』(身長175cm、鼻筋が通った切れ長の目顔で、首を右に傾ける癖があり、赤味を帯びた暗黒色琥珀折りの絹織製の綿入れの小袖を羽織り)【注1】と書かれていたそうですから、かなりの伊達男だったのでしょう。

後に歌舞伎「白波五人男」【注2】の中で「問われて名乗るもおこがましいが、生まれは遠州浜松在、十四の年から親に放れ、身の生業も白浪の、沖を超えたる夜働き」と見得を切る、盗賊の親分日本駄衛門はこの日本左衛門がモデルになったと言われています。

この日本左衛門の処刑地跡が墨田区石原の「徳之山稲荷神社」だと聞いて、訪れてみましたが、確かに「日本左衛門首洗い井戸跡之碑」が建っていました。それによると幕府の命を受け、本所築地奉行徳の山五兵衛が寛文7年(1667年)に日本左衛門を捕らえ、「この世に思い残すことはないか?」と尋ねたら、「日光を一度も見たことが無いのが心残りだ」と答えたので不憫に思い、その願いを叶えてやった後に斬首し、井戸で首を洗ったと、書かれていました。

   【注1】名刀幻想辞典 より。

【注2】河竹黙阿弥作の歌舞伎で、日本駄衛門を首領に、弁天小僧菊之輔、忠信利平、赤星十三郎、南郷力丸の五人の盗賊が、浜松屋という呉服店に盗みに入るが、結局何も取らずに去って行くというストーリー。正体を見破られて開き直った弁天小僧が述べる「知らざぁ言ってきかせやしょう。浜の真砂と五右衛門が、歌に残した盗人の、種はつきねぇ七里ヶ浜」という台詞が有名です。


2018/02/14 太子堂(円泉寺)  

世田谷区三軒茶屋近辺には、太子堂という地名が1丁目から5丁目まであります。この「太子堂」は聖徳太子を祀ったお堂という意味で、太子堂3丁目にある真言宗法名院円泉寺には聖徳太子の彫像が建てられています。円泉寺は南北朝末期(14世紀末)に創建され、この辺りは太子堂町でも低い場所で、樹林が繁茂していた昔は、泉の湧き出る清浄な所であったと思われます。

江戸時代の出火により本堂・太子堂は焼失されましたが、再建されました。【注1】この円泉寺境内に、知性と教育の象徴でもある聖徳太子のお堂にふさわしい太子堂郷学所が設けられたのは、明治4年(1871年)。ここは世田谷区内では初の学校となりました。【注2】

円泉寺

円泉寺来歴

【注1】円泉寺ホームページ
【注2】神社寺院紹介サイト「猫の足跡」


2018/02/17 板東太郎を求めて

昨年春鰻の「板東太郎」【注1】を食べたくて葛飾区東四つ木にある「魚政」まで4時間以上かけて歩いたのに、席は全て予約済みで入れなかったことがあり【注2】、いつか再挑戦しようと機会をねらっていました。

秋葉原電気街 

今回は前日に電話を掛けたら、「明日の昼一名なら席は空いています」という返事なので、即予約しました。驚いたのはここからです。この店が非常に強い商売をしているということは、以下のやり取りから窺えます。

:明日の鰻の入荷状況がわからないので、天然鰻→養殖板東太郎→国産特上鰻→国産上鰻の順にご希望の鰻を仰ってください。最悪でも国産上鰻は必ずご用意いたします。それから肝吸いは別料金ですが注文なさいますか?
私:あ、値段の順に上から予約を入れてください。肝吸いは結構です。(なるほど、こうして使わなかった肝で、肝焼きの串を作るわけか)
店:それからまことに申し訳ないのですが、鰻が急騰しておりまして、現在メニューの値段にプラス500円を上乗せさせていただいておりますが、ご了解いただきますようお願いします。
私:そうらしいですね。稚魚が激減していると新聞に書いてありましたね。結構です。
店:有難うございます。それから当日キャンセルは100%お支払いいただきますので、ご了承ください。
私:(うわぁぁ、旅館・航空機予約並みに強気!)わかりました。必ず伺いますが、万が一事故などで行けなかった場合は、どうすれば良いのですか?
店:鰻が焼き上がる予約時刻に来られなくても、当日営業時間中に来られるなら、お土産でお渡ししますのでお支払いください。その日に来られない場合は、後日銀行振込でお支払いを御願いします。
私:(うーん、そこまでやるか!)はい、わかりました。昼12時にうかがいます。
こりゃ、雨が降ろうが槍が降ろうが行かねばならぬと、前の晩は早目に寝ました。(笑)

回向院(両国)

翌朝7時に出発。歩くコースは前回と同じく自宅から神田川に沿ってお茶の水、浅草橋と抜け、隅田川に合流する柳橋まで約2時間。そこから両国、押上経由で荒川を越して、葛飾区四つ木に到着したのが午前11時30分。「魚政」はちょうど開店時間でした。名前を告げてテーブル席に案内され、予約内容の確認をします。運が良いことに今日は板東太郎の特上が食べられるそうです。ヤッたぁ! 鰻重の値段は6,380円だそうですけど・・・ 「40分お待ちください」と言われたので、ビールを頼みメニューのつまみ欄を見ると、本日のつまみ2品(\1,040)、上新香(\650)、奈良漬け(\350)のみ。しかも「本日上新香は出来ません」と言われ、「エッ?漬物がない?」と正直思いました。鰻の食事(鰻重、白焼き)には漬物が付いてきますから、要するに漬物はそんなに沢山漬けないということですか。

取り敢えず本日のつまみ(鰻甲佃煮と肝ワサビ醤油)を頼みましたが、鰻を待つ間にメニューを眺めていて、不安感が広がります。 飲物欄の日本酒黒龍純米吟醸四合瓶が\9,000、石田屋純米大吟醸に至っては四合で、\27,000(!)です。シャンパンのテタンジェがあるのは驚きましたが、「白焼きによく合います」と書かれていたので、「あー、そうかもしれない」と思いつつ値段を見たら、ボトルで\12,000、これってホテル並みの値段です。もちろん上位ワイン(テタンジェ・コント)なら、酒屋の仕入れ値でも1万円を越すものもありますが、普通のテタンジェリゼルバなら仕入れ値は\5,000辺りでしょ?ここは隅田川に面したお台場でなく、荒川に面した京成線四つ木駅のお店ですよね?いやぁ強気の商売だなぁ、と昨日来の思いが増しました。

スカイツリー(押上)

40分は長いので、途中運ばれてきた骨せんべい(かなり大きいので、鰻重も期待出来そう)を食べながら、静岡の酒「醸し人九平次」一合(\1,980)を追加。そうそう、最初のビールも「ハートランド」瓶ビール一種類だけというのも、このピルスナータイプのビールにこだわっているのでしょうけど、普段アサヒ、キリン、サッポロのラガータイプを飲みつけていると、うーん、ちょっと違和感がありました。12時を過ぎたら確かに全ての席は埋まっていました。お店にはじゃんじゃん電話が掛かってきますが、従業員は店主から言われているのでしょう、誰も受話器を取ろうとしません。確かに「申し訳ありません。満席ですので入れません」と返事するしかないのですけど。。。。

と、ここまでは文句タラタラだったのですが、鰻重が出て来てひと口食べた途端、「ん?何だこの鰻のフワフワ感は?アッチチチ熱いなぁ、皮はプリプリだし、この炭の焦げた香り、タレとホクホクご飯の加減いいなぁ。。」と、そちらに神経が集中してしまいました。「これは、違う、今まで食べてきた鰻重とは別世界の感覚だ!」と、大袈裟でなくショックを受けました。いつも食べている志満金の鰻は美味しいと思うけど、野田岩、竹葉亭、はし本、宮川、前川、えーっとそれから思い出せないけど今まで行った鰻屋で、これだけインパクトを受けたことはないなぁ。。。4時間歩いて来てよかった!!!

木根川橋から眺めた荒川 (鉄橋は京成押上線) 鰻骨せんべい
魚政入口 板東太郎特上 鰻重

【注1】坂東太郎は利根川の愛称のことですが、この名に因んだ鰻の「坂東太郎」は養殖の鰻です。天然の鰻ではありませんが、天然の鰻に限りなく近づけるよう、病気や薬物の心配のない環境で育て、餌として普通の養殖鰻はイワシを餌にしていますが、板東太郎の餌は蒲鉾などに使用するスケソウダラの粉末と生アジのすり身をまぜて育てたものを使っています。

天然鰻    (← この中間が 板東太郎 →)    養殖鰻

【注2】管理人日記 2017/04/15 葛飾区東四つ木


2018/02/22 面白い広告・建物(18)  

街を歩いているとオヤ?と、思わず目を止める看板や店名、彫像、急坂などがあります

力士料理(板橋区本町) キングコング(世田谷区三軒茶屋) 高島屋トイレ入口(日本橋)
ハンバーグレストラン(北区西ヶ原) 赤い靴のモデルきみちゃん(麻布) 勾配22%の急坂(港区高輪)

 


2018/02/26 下町を流れる川  

池波正太郎氏は「鬼平犯科帳」や「剣客商売」など彼の小説の中で、「江戸の町はベニスにも負けない発達した水路を持っていた」とよく語っていますが、確かに江戸古地図を見ると運河が縦横に張り巡らされ、物資輸送のみならず屋形船での粋な遊びなども、これら水運があればこそと思います。現在も下町と呼ばれる台東区、墨田区、江東区、葛飾区、そして江戸川区には数多くの川が流れています。自分の目で確かめてみることにしました。

自宅から神田川に沿って台東区柳橋まで歩くと、神田川はここで隅田川に合流します。そこから江戸通りを北上し、蔵前一丁目の交差点を右折すると蔵前橋通りとなるので、この道をひたすら東の千葉方面へ向かって歩きます。因みに「蔵前」という地名はこの地に江戸幕府の御米蔵があったことに由来します。ここから墨田区太平にある法恩寺に、ちょっと立ち寄ってみます。というのは、池波作品にはこの「法恩寺」の名が良く出てくるからです。【注1】お寺の由緒書きを読むと、この寺は太田道灌が1458年(長禄2年)に江戸城を築くにあたり、城内鎮護の祈願所として武蔵国平河村(江戸城平河門)に建立開基されたもので、それが江戸時代にこちらに移ってきたものだそうです。それ故太田道灌の「太」と平川門の「平」から、この辺りの地名が「太平」になったとか。こうした小さな発見は散歩の楽しみのひとつです。

神田川(手前)が隅田川に合流→ 隅田川 → 横十間川 →
旧中川(江東新橋) → 荒川 → 平井大橋 → 中川 →
新中川 → 江戸川河川敷 江戸川標識

やがて天神橋が掛かる横十間川を渡ります。江戸城に対して横に流れ、川幅が十間(18m)あったことから「横十間川」になったそうですが、分かり易いネーミングですね。(笑)その先の亀戸天神を過ぎ、旧中川に掛かる江東新橋を渡ると、江戸川区になります。その先約1.8km先にある平井大橋は、荒川と中川の二つを跨いでいます。この橋を渡ると葛飾区東新小岩となり、貨物線路の下をくぐって新中川に掛かる一色橋を渡ります。するとまた江戸川区になります。目まぐるしいですね。江戸川区小岩、北小岩と進むと、道路標識には(市川橋・船橋)という文字が出てきます。もうすぐ東京都の端だぞ、と歩くペースを速めると、河川敷の野球場が見えてきました。ようやく江戸川に到達したようです。標識写真を撮って京成線の江戸川駅から電車で上野まで戻りJRに乗り換えて帰りました。

【注1】(池波正太郎著「鬼平犯科帳「本所・桜屋敷」) :幅二十間の本所・横川にかかる法恩寺橋をわたりきった長谷川平蔵は、編笠のふちをあげ、さすがに、深い感懐をもってあたりを見まわした。鉛色の雲におおわれた空に、凧が一つのぼっている。

法恩寺

法恩寺由緒書


2018/03/05 下総国分寺  

先週下町を流れる隅田川、荒川、中川を横断して千葉県との県境を流れる江戸川まで歩いたので、今週はその先にある千葉県市川市を訪ねてみることにしました。スタートは先週の終着地であった京成線江戸川駅。ここから歩いてすぐの江戸川土手に掛かる市川橋を渡ると、もうそこからは千葉県で、交通量が激しい四車線の国道14号線(千葉街道)に沿った歩道を東方面に歩いていると、排気ガスで頭が痛くなってきます。

ところが途中で携帯電話のGoogleMapから、“80m先、左方向です”と指示され、左折して入った県道264号線は二車線ですが歩道がなく、歩行者は車道の白い線の外を大型ダンプや乗用車に触れそうになりながら、近距離で吐き出される排気ガスを吸いながら歩かざるを得ないのです。それよりも無神経な運転手の車に巻き込み事故に遭う可能性が高いのが怖い。県別交通事故年間死亡人数は全国平均94人なのに、千葉県のそれは175人です。【注1】まぁ、最悪の愛知県年間死亡人数235人よりはマシですけど、あまり街中を歩きたくない県に思えてきました。

江戸川を越えてから1時間10分程で、目的地の下総国分寺に着きました。千葉県市川市国分にある真言宗国分山国分寺は、奈良時代天平13年(741年)に、仏教を尊ぶ聖武天皇が、全国の国司【注2】のいる場所に国分僧寺と国分尼寺を建てるように出した詔(みことのり)により、下総(現在の千葉県北部)に建てられた寺です。聖武天皇はこの詔で国分寺には七重塔を建て、天皇が自分で写した経をその塔の中に納めるように命じました。この写経は鎮護国家を祈願する金光明経であったため、これら全国の国分寺は正式には金光明寺と呼ばれていました。【注3】 平成元年から5年の発掘調査では、寺の範囲が東西300メートル、南北350メートルほどになることや、寺づくりや下働きをしていた人がいた場所などが分かりました。【注4】
幾多の戦乱を経てこの国分寺はほぼ最初の建立地で真言宗の寺として、今も続いていますが、天平の同時期に建立された国分尼寺は現存せず、礎石の跡が保存された公園になっています。

南大門 本堂(右後方)
史跡解説 国分尼寺跡

【注1】都道府県格付け研究所
【注2】奈良時代の律令制国家の下で各国に置かれた地方長官で、中央政府の貴族が任命された。(日本史小辞典:分英堂による)
【注3】国分山国分寺の説明看板。
【注4】千葉県市川市公式サイト


2018/03/11 市川歴史博物館  

下総国分寺に行った時帰り道に訪れた市川市歴史博物館は、鎌倉時代以降の市川の歴史や文化を紹介する博物館です。鎌倉時代には鎌倉から難を逃れた日蓮が市川に滞在したことがあったそうで、「立正安国論」【注1】の控えが展示してありました。江戸時代には徳川家康が行徳の塩産業を保護したことが示され、幕末戊辰戦争の際には、江戸を脱出した大鳥圭介が率いる旧幕府陸軍が市川市国府台に集結し、これに土方歳三らの新撰組も合流したことなども書かれていました。小説「燃えよ剣」(司馬遼太郎著)で、土方は鳥羽伏見、甲州勝沼の闘いで官軍に敗れ、千葉の流山で新撰組の立て直しを図るも、局長近藤勇は官軍に捕らえられ板橋で斬首され、土方は大鳥と共に宇都宮、会津と逃れ、最後は北海道函館の五稜郭に籠もった話を思い出しました。

このような市川に関する歴史的展示より、むしろ市川に住んでいた漁民、農民などの暮らしぶりを展示するコーナーの方に力が注がれており、漁具や農機具、日常用品などが所狭しと飾られており、私自身も遊んだことがある昭和20〜30年代のベーゴマや、人気キャラクターのメンコなどまで展示され、入口横の会議室では地元の婦人会による会合が開かれており、地方自治体が運営する「身近な」博物館なのだな、と思いました。

採梨用高下駄 立正安国論
紙メンコ 行徳古地図(江戸時代)

【注1】日蓮が前執権であった北条時頼に送った警告書で、「当今いろいろと国に災いが続くのは念仏(=「南無阿弥陀仏」と口で唱える浄土宗、浄土真宗、時宗など鎌倉時代に起こった宗派のこと)の流行に原因がある。もし、これを禁じないでおけば、さらに内乱外寇が必ず起こるであろう」と予言し、「これを防ぐためには法華唱題を広めるよりほかになく、またこれを用いない為政者は早死にする」ということを書いています。この激烈な内容は幕府を怒らせ、日蓮は佐渡に流されることになります。


2018/03/17 カトリック築地教会  

明治7年(1874年)、築地鉄砲洲(現在の中央区明石町一帯)に建てられたカトリック築地教会は、東京で一番古い教会です。安政5年(1858年) に締結された安政の五カ国条約により、東京は開港地に指定されました。そのため築地鉄砲洲は外国人居留地となり、パリ外国宣教会から派遣せれていた宣教師ジャン・マリエ・マランは、日本政府からこの地を借り受け、聖堂建設に着手しました。【注1】最初に建てられた教会は煉瓦造りの建物だったようですが、関東大震災(1923年)で焼失倒壊してしまったため、昭和2年(1927年)に現在の聖堂が建てられました。一見石造りのギリシャ神殿のような雰囲気ですが、実は木造にモルタルを塗ったもので、日本人が訪れやすいように当初は畳敷きにするなど、工夫を凝らしていたようです。【注2】

【注1】カトリック筑地協会ホームページ 【注2】東京街かどのタイムトリップ(岡田英之著:河出書房社)


2018/03/21 消防博物館

新宿四谷の四谷消防署横の「消防博物館」では、エントランスに消防ヘリが飾られ、子供達が消防士の服を着て、消防車に乗って写真を撮ることが出来ます。私が興味を覚えたのは、江戸の火消の歴史や消火活動を再現したジオラマ、明治・昭和にかけて近代消防組織に移り変わり、発展していった消防器具の展示でした。

江戸奉行大岡越前守忠相が享保5年(1720)に、いろは四十八組を編成し、本格的な町火消制度を発足させました。この頃の消防は延焼を防ぐことに主眼が置かれ、家事が起こるとその回りの家々を、有無を言わせず壊して火が広がることを防いでいたようです。また明治最初の頃の消防車は馬で引いた消防ポンプだったものが、現在では50mの梯子付き消防車や、水による消火が爆発を起こす危険がある時に泡消火剤放射で消火させる、化学消防車なども配備されていることも知りました。

町火消いろは市十八組纏(まとい) 江戸時代の火消し風景ジオラマ
明治初期の消防車 関東大震災(1923)直後の東京

2018/03/27 有栖川宮記念公園  

都心麻布台地の変化に富んだ地形を生かした緑深い公園が、有栖川宮記念公園です。江戸時代盛岡南部藩の屋敷だったこの場所は、明治維新後有栖川家の御用地となり、その後に高松宮家に引き継がれ、さらに1934年(昭和9年)に東京市に腸与され一般開放されました。【注1】

67,000uの公園内には、丘陵あり渓谷あり滝もあり、太鼓橋がかかった池には鴛鴦(おしどり)や家鴨などの水鳥が泳ぎ、都心であることを忘れさせて森林浴を楽しめる公園です。公園の緑を取り囲むように各国大使館が点在するので、子供を連れた家族や、犬の散歩をする外国人の姿が多く見られ、公園には様々な言葉が飛び交っていました。右写真は南東側のドイツ大使館に面した広場に建てられた、公園のシンボルである「有栖川宮熾仁騎馬像」です。この他にも何故か新聞少年の像や、笛吹き少年などの像もあり、日本庭園というより、近所の人々が日常生活を楽しみ情報を交換するヨーロッパの街にある公園を思わせます。

【注】有栖川宮記念公園公式サイト 


2018/04/01 日本橋とやま館

「いつもの富山を今日は日本橋で」がキャッチフレーズの「日本橋とやま館」【注1】は、中央区日本橋室町1丁目にある富山県の物産館です。入口のショップで富山名物鱒寿司とホタルイカの沖漬けを土産に買って、レジに行くとその先に「富山のお酒飲み比べ3種類x30ml \700」と書かれたバーカウンターが気になりました。昨年五月に金沢の「鮨木場谷」で飲んだ「勝駒」(=創業者が日露戦争から帰還したときに開業したことが由来)、そして店の人に勧められた「千代鶴」、よく名の知れた「銀盤」を飲み比べました。もうちょっと飲みたくなるなぁ、とバーの右を見たら「富山はま作」という暖簾がかかった割烹料理店があります。うーん、入口からここまで上手にベルトコンベアーで運ばれてしまったような気がしました。(笑)

「はま作」で、紅ズワイガニをつまみに「銀盤」を注文しました。富山湾は表層は温かい対馬暖流、水深300m以下は冷たい海洋深層水で、暖流系と冷水系、深海系の600種類を超える魚介類が生息しているそうで、「天然の生け簀」と呼ばれているそうです。【注2】最後にお薦めの「わっぱ飯」を食べました。イクラと鮭の親子に、白海老の唐揚げ、椎茸、山菜が盛られて\1,500ですのでお得です。次に来た時は「氷見うどんと鱒寿司のセット」(\1,380)か、「富山湾獲れたての刺身定食」(\1,800)を食べてみようと思います。

【注1】日本橋とやま館  【注2】富山はま作


2018/04/05 東京都復興記念館  

墨田区横網二丁目にある横網公園は陸軍被服廠跡地で、大正12年(1923年)の関東大震災の際、公園として造成中だったこの地に多くの人が避難し、火災旋風【注1】のため4万人が亡くなった場所です。遭難者を慰霊するためこの横網公園に昭和5年(1930年)に建てられたのが東京都慰霊堂(震災記念堂)です。

陸軍被服廠跡地に避難した人々

崩壊した国技館

また太平洋戦争(大東亜戦争)末期に東京は米軍の無差別絨毯爆撃に遭い、昭和17年(1942年)の初空襲から昭和20年(1945年)8月の終戦までに100回以上の空襲を受けています。そして合計770,000戸の家が焼失し、死者116,000名、行方不明者6,000人を出していますが、原爆を落とされた広島、長崎を別とすると、飛び抜けて多い死者数です。【注2】これは都市が非軍事施設であるにもかかわらず、米軍が木造家屋を焼き尽くす焼夷弾を使い、意識的に大都市焦土作戦を行ったという証拠でもあります。

中でも悲惨を極めたのが昭和20年3月10日に、人口が多い下町地域にターゲットを絞った「東京大空襲」です。延べ300機のB29爆撃機が次から次へと下町上空に襲いかかり、18万個の焼夷弾を使い一晩で26万8千戸の家屋が焼失し、8万3千人の死者を出す大惨事を引き起こしました。【注3】たった一晩で、ですよ!そして翌月4月13日には城西・城北地区が、15日からは城南地区が空襲され、残っていた中野・杉並などの地域にも5月24日から大規模な空爆と、日本が迎撃戦闘機を飛ばせないのをあざ笑うかのように、戦闘機による機銃掃射さえ加えたのです。これを民族大虐殺(genocide)と呼ばずに何と呼べばよいのでしょうか?

焼け跡に建てられたバラック

親子の黒焦げ死体

上記の如き苛烈な空爆状況下で、東京都慰霊堂は奇跡的に焼け残りました。戦後都内各所に仮埋葬されていた空爆犠牲者の遺骨を集め慰霊堂に奉安すると共に、東京都復興記念館を建てて関東大震災、東京空襲に関する資料を無料で展示しています。また慰霊堂横に東京空襲犠牲者を追悼祈念する碑が建てられ、その中には現在(平成29年3月)80,905名の犠牲者の名前が登録され、今なお名簿収集登載作業が続いています。【注4】

平和記念碑

慰霊堂

【注1】火災旋風とは地震や空襲などによる都市部での広範囲の火災で、炎をともなう旋風が発生し、さらに大きな被害をもたらす現象で、旋風の温度は1000℃を超えるとされ輻射熱による被害も生じ、大惨事になるケースが多い。(Wikipedia)
【注2】日本本土空襲(Wikipedia)
【注3】東京大空襲の記録(公益財団法人 東京都慰霊協会)による。
【注4】東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑パンフレットによる。


2018/04/23 円通寺  

荒川区南千住にある曹洞宗円通寺は、延暦10年(791年)坂上田村麻呂の開創と言われていますが、この寺が有名になったのは慶応4年(1868)の戊辰戦争の時、当時の住職であった大禅仏磨大和尚が、薩長官軍と戦い上野で戦死した旧江戸幕府の彰義隊士の遺体を埋葬し、供養をしたことからです。【注1】

和尚は「賊軍」ゆえに戦場に散乱放置されたままだった彰義隊士の遺骸266体を火葬し、新政府と掛け合って円通寺内に墓と慰霊碑を建てました。 円通寺は明治時代は「賊軍」とされた旧幕臣が堂々と法要出来る寺として、遺族関係者から感謝され、明治40年(1907)に上野の寛永寺に建っていた黒門をこの地に移設しました。この門には彰義隊が新政府軍と戦った上野戦争の激しさを伝える、無数の弾痕が今でも残っています。

円通寺(2018/03/30撮影) 彰義隊士の墓
彰義隊士と円通寺の縁 移設された上野黒門と銃弾傷

【注1】南千住地域の神社・寺院・文化財(荒川区)


2018/04/29 清水谷公園  

清水谷公園 千代田区紀尾井町にある清水谷公園は、「紀尾井町」の名が示すうように江戸時代紀伊(紀州徳川家)、尾張(尾張徳川家)、井伊(井伊家)のそれぞれの屋敷があった場所にある、小さな日本庭園です。「清水谷」と呼ばれるのは清水が沸き出ていたことに由来しますが、現在清水は涸れてしまったので、人工的に復元したポンプから、公園の池に水が注がれています。【注1】公園正面に「贈右大臣大久保公哀悼碑」があります。明治11年(1878)、参議大久保利通がこの付近で暗殺されたので明治21年(1888)、時の政府により、大久保の業績を称える高さ6mの石碑がここに建立されました。【注2】

湧き水跡の人工ポンプ(左)

大久保利通哀悼碑

【注1】千代田区観光協会 【注2】1878年(明治11年)5月14日、明治政府の中枢であった大久保利通が、明治政府による士族(旧武士階級)に対する、断髪令・帯刀禁止令などの政策に不満を抱えていた士族6名によって暗殺された事件。紀尾井坂の変(きおいざかのへん)とも呼ばれる。(日本史小辞典:文永堂)


2016/05/02 江戸のあちこちに勝海舟が 

戊辰戦争の時、江戸幕府代表として新政府軍代表西ク隆盛と会見し江戸城開城を決め、江戸が火の海になることを救った勝海舟(1823-1899)に関わる史跡は、江戸(東京)のあちこちに見られます。 私が散歩中に撮ってきた写真を並べて、簡単な解説【注1】を加えてみました。

1. 勝安芳像(墨田区吾妻橋)
四十一石の旗本勝小吉の息子であった勝麟太郎(後の海舟)は剣道と共に蘭学を学び、安政の改革で時の老中安部正弘に抜擢され、長崎海軍伝習所で艦船操舵術を学びます。万延元年(1860年)に勝は海軍伝習所教授方頭取として、幕船咸臨丸で品川・サンフランシスコ間往復を140日かけて達成します。咸臨丸には通訳として中浜(ジョン)万次郎、軍艦奉行木村喜毅の従者福澤諭吉も乗り込み、この航海は日本人の手で、初めて太平洋横断を成し遂げた壮挙として知られています。隅田川畔に立つ勝海舟銅像の指先は、アメリカの方向を指してます。

2. 海舟・龍馬師弟像(港区赤坂 6丁目-7-17
帰国後に軍艦奉行並となった勝海舟は、文久2年(1862年)、神戸海軍操練所を開設します。勝を慕ってきた土佐の坂本龍馬に操船技術を教え、坂本龍馬は長崎で海援隊を組織し海運貿易業を起こします。坂本龍馬暗殺後は土佐藩士岩崎彌太郎がこれを引継ぎ、後の三菱財閥の礎となりました。(左:勝海舟、右:坂本龍馬)

3. 西ク隆盛・勝海舟会見之地(港区芝5丁目)
慶応4年(1868年)戊辰戦争中、江戸に迫る新政府(薩摩長州)軍が駐留する駿府(現静岡市葵区)に幕臣山岡鉄舟がおもむき、薩長軍総裁西ク隆盛と面談交渉しました。その経緯を踏まえて、徳川幕府代表の大久保一翁、勝海舟と西ク隆盛は当時田町(東京都港区)にあった薩摩藩江戸藩邸で3月13日、14日の2回会談を持ちました。その結果、15代徳川将軍慶喜の助命と江戸幕府軍艦その他資産の新政府引き渡しという条件で、江戸城無血開城に合意しました。現在この会見場所は車ディーラーの販売店になっています。

4. 勝海舟邸跡地(港区赤坂6丁目10-41
明治維新後、勝海舟は旧幕臣の就労世話や資金援助をしていましたが、明治5年(1872年)新政府の要請で海軍大輔となり、赤坂氷川神社の近くに住居を構えました。政府職を退いた晩年の勝は、幕末維新のすべてを見聞した男で、かつ自由な隠居の身で好きなことを喋れる立場にあったことから、その氷川の寓居には東京朝日、国民新聞、東京毎日らの新聞記者がらがしょっちゅう訪れて、海舟の話を聞き書きしました。人はそれを「氷川清話」と称していました。【注2】 氷川公園近くの寓居跡を訪れてみたら、なんとバーになっていて、店の横に勝海舟邸跡地という碑が建てられていました。

5. 勝海舟夫妻の墓(大田区洗足池公園)
勝海舟夫妻の墓は海舟の別邸千束軒のあった東京大田区南千束の、洗足池公園内にあります。海舟は明治32年風呂上がりにトイレに寄った後に倒れ、脳溢血により意識不明となり、そのまま息を引き取りました。海舟の最期の言葉は「コレデオシマイ」だったそうです。享年75歳。

【注1】Wikipedia勝海舟 による
【注2】「氷川清話」 (勝 海舟著、 江藤 淳・松浦 玲編集) 講談社学術文庫


2018/05/09 北の丸公園 

北の丸公園はその名の示す通り、元々江戸城北の丸であった場所が、明治以降は皇居を護るための近衛歩兵団駐屯地となり、終戦後に公園となったものです。公園入り口から武道館の横を通り左の小径に入ると、近衛歩兵第一連隊兵舎跡の碑があり、そこからさらに先の木立の中に第二連隊兵舎跡の碑が建っており、公園出口にある近衛歩兵連隊師団の司令部の堂々たるレンガ造りの建物は、関東大震災・東京大空襲を乗り切り、現在東京国立近代美術館工芸館となっています。

武道館

近衛連隊司令部

近衛兵は明治維新に遡り、薩摩・長州藩から御親兵(ごしんぺい)と呼ばれた天皇を護衛する部隊が創設され、後に近衛兵と名を変えて発展したもので、西南戦争、日清・日露戦争、太平洋戦争では、皇居周辺防衛に従事しました。精鋭中の精鋭部隊として知られ、大正天皇、昭和天皇も皇太子時代には近衛歩兵第一連隊に入られ、訓練に参加されました。

近衛歩兵第一連隊碑

近衛歩兵第二連隊碑

千鳥ヶ淵緑道
高射砲台座跡

この元近衛歩兵連隊師団司令部から千鳥ヶ淵を渡り、イギリス大使館方面へ向かう土手は江戸城(皇居)を守るための土塁であったもので、現在は千鳥ヶ淵緑道という散歩道になっていますが、ここにポツポツとコンクリート製の直径1.5メートルのテーブルのようなものが点在しています。これは皇居を守るべく配備された高射砲の台座跡で、頑丈で撤去するのが大変なので、石を乗せて蓋をしたものです。

何も知らない若人の家族達は、これをピクニックテーブルとして利用していました。余談ですがこの高射砲の有効射程距離は1,000メートル。これでは高度1万メートルで侵入してくる米軍のB-29爆撃機には届かず、当たらずに落下した近衛連隊の高射砲弾が、築地や芝周辺に落ちて、民家を破壊し死傷者を出したりして、成果をあげることは出来なかったようです。【注1】

【注1】東京街かどタイムトリップ(岡田英之著:河出書房新社)


2018/05/15 兵庫島公園(多摩川)  

多摩川とそこに合流する野川の河川敷を利用した兵庫島公園(ひょうごじまこうえん)は、東京都世田谷区玉川三丁目の二子橋(ふたこばし)近くにあり、都内23区で武蔵野の緑と池と小川が今でも残り、水遊びが楽しめる貴重な場所となっています。(2018/05/12撮影)

公園内を散策していたら若山牧水【注1】の「多摩川の 砂にたんぽぽ 咲く頃は 我にも思ふ 人のあれかし」、「多摩川の 浅き流れに 石投げて 遊べば 濡るる 我が袂(たもと)かな」という歌碑が建てられていました。

都内でも有数の自然環境に恵まれた「二子玉川」(ふたこたまがわ)、通称「ニコタマ」はお洒落な街としても有名で、兵庫島公園近くの田園都市線二子玉川駅には、近代的な二子玉川ショッピングセンターが隣接しています。

【注1】若山牧水:明治・大正時代の旅と酒を愛した歌人で、「白玉の 歯にしみとほる 秋の夜の 酒は静かに 飲むべかりけり」の歌は有名。


2018/05/22 高尾稲荷神社(日本橋箱崎町)  

日本橋室町から日本橋川に沿って、隅田川の合流地点まで歩いていくと、二つの住宅に挟まれて普通では見逃してしまいそうな小さな社殿の高尾稲荷神社があります。私も近辺をグルグル探しても見つからず交番のお巡りさんに尋ねたのですが、地元密着のお巡りさんすら「え?何神社?そんなの在ったかな?」と本署に電話して確かめた位ですから。(笑) 神社のすぐ後ろは有料老人ホームになっていました。

ここは江戸時代に花魁として名を馳せた、旧吉原遊廓三浦屋の二代目高尾太夫(仙台高尾)が祀られています。そのご神体はなんと彼女の頭蓋骨(!)だというのには驚かされます。 高尾太夫は容姿が良いのはもちろん、和歌・俳諧・書などにも長じていたためお客は引く手あまたで、特に仙台藩主の伊達綱宗が彼女に入れ込んで、大金を積んで妾として身受けしようとしました。ところが高尾太夫はこれを拒んだため、激怒した綱宗が川船で相手をしていた彼女を吊るし斬りした、という話が伝わっています。【注1】 世に言われる「伊達藩主隠居事件」【注2】の中心人物が、この三代藩主伊達綱宗です。

   二代目高尾太夫

伝説では高尾太夫の遺体は隅田川に投げ込まれたが、当地(=現在の日本橋箱崎町)に漂着し、これを見つけた僧侶によって葬られた、ということになっていますが、真偽の程はわかりません。 「高尾太夫」の名は代々三浦屋の最高位花魁の名称として受け継がれ、五代目高尾太夫は一介の紺屋の職人と恋に落ち、花魁の最高位の地位を捨てて夫婦になったことから、この純愛をテーマにした落語『紺屋高尾』は、古典落語の名作となっています。【注3】

私も何人かの演者の『紺屋高尾』を聞き比べましたが、個人的には立川志の輔の落語が一番気に入っています。古今亭志ん朝はこれと類似した話を、紺屋職人ではなく餅屋の職人にして『幾代餅』という題で演じています。

【注1】東京街かどタイムトリップ(岡田英之著:河出書房出版社)

   五代目高尾太夫

【注2】仙台藩3代藩主の伊達綱宗は遊興放蕩三昧であったため、家臣と親族大名が連名で綱宗の隠居と嫡子の家督相続を願い出、1660年(万治3年)幕府がこれを許可したもの。綱宗は21歳で強制隠居させられ、4代藩主にわずか2歳の伊達綱村が就任した。 (Wikipedia)

【注3】神田紺屋町の染物職人久蔵は、花魁道中で姿を見た高尾太夫に一目惚れし、三年間の給料を貯めて十両を準備して登楼し、念願の高尾太夫に対面する。久蔵の一途さにほだされた高尾太夫は、「わちきは来年の二月十五日に、年季が明けるんどす。あんたはんの女房にしてくんなますか?」と言って、約束通り紺屋のかみさんとなったので、高尾見たさに客が殺到し、久蔵の店は大繁盛したという話。